美しい人は知っている!若返り成分「ビオチン」のアンチエイジング効果とは?

今、若返りの成分として「ビオチン」に注目が集まっています。
ビオチンとは水溶性のビタミンでビタミンB群の一種であることからビタミンB7とも呼ばれています。

 

ビオチンは人間の体内で腸内細菌により生成されます。
ビタミンCやビタミンAなどのように意識して摂取しなくても体内に充足しているとされ、今まではあまり話題に上がることはありませんでした。

 

しかし、このビオチンを積極的に摂取することでアンチエイジング効果が得られるのです。
では、ビオチンにはどのような効果・効能があるのか見ていきましょう。

 

アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、皮膚のトラブルなどの治療にビオチンを用いて治療する医療機関があります。
それだけビオチンは肌に良い影響を与える成分であることが伺えますね。

 

ビオチンは皮膚や粘膜の健康を保つ働きがあり、コラーゲンの生成も促すため肌の弾力やシワ予防にも効果が期待できます。
また、ニキビや吹き出物などの肌荒れやトラブルの改善にも効果を発揮します。

 

血液の循環をスムーズにして細胞の新陳代謝を促し肌のターンオーバーを助けます。
イキイキとした若々しい肌を保つことができるビオチンは、まさに若返り成分だと言えますね。

 

こんな症状はビオチン不足!効率の良い摂り方と注意すべきポイントは?

ビオチンはバランスの良い食生活であれば十分に摂取できると考えられます。
しかし、飽食・偏食の時代では普段の食事から十分に得られていない人もいるでしょう。

 

ビオチンが不足しているとこんな症状が出てきます。
爪が脆くなりすぐに折れてしまう、髪がパサつき白髪・抜け毛も増える、ニキビや吹き出物がなかなか治らない、倦怠感、体力の低下、などです。

 

それらの症状に当てはまれば、もしかするとビオチン欠乏症かもしれません。
食生活を見直して、ビオチンを積極的に摂るようにしましょう。

 

ビオチンを最も多く含む食材は鶏のレバーです。
豚や牛のレバー、魚類、卵、ナッツ類などにも多く含まれています。

 

ビオチンが足りないと感じたら、それらの食材を食生活に取り入れるといいですね。
特に肌荒れや吹き出物などのトラブルで悩む人はビオチンをサプリメントで補うと効率よく摂ることができます。

 

更にビタミンCとミリヤサンという成分と一緒に摂ると効果がアップします。
水溶性であるビオチンは大量に摂取しても尿としてすぐに排出されるため過剰摂取の心配はありません。

 

しかし、接種の際に注意すべきポイントはあります。
それは卵です。卵黄にはビオチンが沢山含まれていますが、卵白にはビオチンの吸収を妨げる働きがあります。

 

それは卵白に含まれるアビジンという成分の作用なのです。
卵を沢山食べ過ぎると、逆にビオチン不足になることもあります。

 

加熱した場合は問題はにのですが、生卵を食べ過ぎるのは注意しなければいけません。

 

まとめ〜年齢を感じさせない肌になろう!ビオチン美容法はハリと弾力のある強い肌に導く

ある程度の年齢になると肌の弾力が無くなりハリを感じられなくなります。
しかし、ビオチンは肌の再生力を高めるためいつまでも若い肌を保つことができるのです。

 

また、ビオチンは白髪の予防になることも知られています。
特に老化が気になり始める40代、50代の女性からはアンチエイジングの新常識として浸透しつつある成分なのです。

 

ビオチンが不足すると疲れやすくなるとも言われ、元気な毎日を送るためにも必要であり、肌を底力を上げて強くし、弾力とハリのある美肌に導いてくれるマルチな成分なのです。

 

しかし、飲酒とタバコは大量のビオチンを消費してしまうので気をつけるようにしましょう。
アンチエイジングを意識する世代にとってビオチンは見逃せない存在と言えますね。