強い抗酸化力に注目!コエンザイムQ10の優れた美容と健康効果

サプリや化粧品などでも有名な成分「コエンザイムQ10」はアンチエイジングの切り札ともいえる成分です。
コエンザイムQ10はどのようにして若返りに作用するのでしょうか?

 

コエンザイムQ10は学名「ユキビノン」というビタミン様物質です。
あらゆる細胞膜に存在しており、特に心臓では1日10万回と言われる収縮活動に大きく関わっています。

 

体内のエネルギー生産に関わる補酵素であり、生きていくために欠かすことの出来ない大変重要な物質なのです。

 

コエンザイムQ10の大きな魅力は強い抗酸化力です。体内の活性酸素をこの抗酸化力で除去して、体を酸化から守ってくれるのです。

 

呼吸で体内の摂りこまれた酸素は活性酸素という物質に変化します。
活性酸素には強い殺菌力があり、体内に侵入したウィルスや最近をやっつくけてくれる役割があります。

 

しかし、この活性酸素が過剰に増えすぎると正常な細胞まで攻撃されてしまいます。細胞膜である不飽和脂肪酸と結びついて酸化させ、細胞を老化させてしまうのです。

 

細胞の老化は肌の衰えだけでなく内臓や骨などにもダメージを与え、ガンや生活習慣病にもつながる怖い減少なのです。
抗酸化物質であるコエンザイムQ10は、細胞の酸化を防いでくれます。

 

さらに新陳代謝を向上させて肌のターンオーバーも促し美肌へ導いてくれるのです。
心臓機能も改善し、強いイキイキとした身体を作ってくれるコエンザイムQ10は、アンチエイジングに無くてはならない成分なのです。

 

コエンザイムQ10は食品から摂れる?若々しさに差がつく効果的な摂り方は?

魅力いっぱいのコエンザイムQ10ですが、食事から摂取する事はできるのでしょうか?
コエンザイムQ10は、イワシやサバなどの魚類、牛や豚の肉類、大豆、ピーナッツなどに含まれています。

 

しかし、含有量は少なく目安量である30mg以上をそれらから摂るのは難しいです。
例えば、牛のステーキだと3kgほど食べないといけません。

 

一般的なステーキが200g程度だと考えると無理な量ですね。
コエンザイムQ10を健康維持や老化防止のために毎日摂るならば、やはりサプリメントでの摂取が望ましいでしょう。

 

コエンザイムQ10サプリの効果的な摂り方は、まず食後か食事中に飲むのがベストです。
コエンザイムQ10は油に溶けやすい性質があるので食事の油分で吸収力が高まるのです。

 

また、同じく抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンCと一緒に摂ることで抗酸化力はますますアップ!
元々吸収されにくい性質のコエンザイムQ10も、ビタミンE等と一緒に摂ることで吸収率が全然違ってくるのです。

 

ダイエット効果を期待するなら、αリポ酸やLカルニチンと一緒に摂ることで脂肪燃焼が促進されます。
一緒に配合されているサプリメントなら手軽に摂ることができます。

 

同じ摂るなら効果的な摂り方で若々しさに差をつけたいですね!

 

まとめ〜キレイと健康は錆びない体から!コエンザイムQ10を毎日摂ってアンチエイジングを実感しよう

老化とは体が錆びること、そう言い換えても良いかもしれません。
金属が錆びてボロボロになるように、果物が黒く変色していくように、私達の体も加齢とともに劣化は避けられないのです。

 

老化を緩やかにし年齢を重ねても健康的な美しさを保つこと、それがアンチエイジングです。
そのアンチエイジングのための頼もしい存在がコエンザイムQ10なのです。

 

しかし、コエンザイムQ10は飲むとたちまち若返る魔法の薬ではありません。
一時的に飲んで摂取を止めれば一週間程度で血中濃度は元に戻ってしまうため毎日続けて摂ることが大切です。

 

錆びない体作りには、生活習慣の見直しは絶対です。
まず、タバコは活性酸素だけでなく有害物質の宝庫であり美容と健康のためには吸わないのが大前提です。

 

軽めの運動を継続することで体内の抗酸化酵素の働きが活発になりますが、激しい運動は逆に活性酸素を発生させてしまうので気をつけましょう。
活性酸素を増やす原因になるストレスも遠ざけた方がいいですね。

 

そして、バランスの取れた食事とコエンザイムQ10の補給。
毎日の積み重ねで10年後、20年後もイキイキとした美しさを実感したいですね。