プラセンタの美容効果に大注目!その種類や効果を解説

化粧品やサプリなどでも多く目にする「プラセンタ」は美容面で大変注目されている成分です。
プラセンタとは、胎児と母体をへその緒で?いでいる胎盤のことです。

 

胎児の栄養のために、胎盤には必須アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれており美容はもちろん健康にも良い作用があります。
プラセンタには新陳代謝を活発にし、自然治癒力を高める作用があり、新しい細胞を増加し肌が再生することでアンチエイジング効果が非常に期待できるのです。

 

プラセンタにはいくつかの種類があります。
まず、動物性プラセンタには、豚、馬、羊、ヒト由来があり、成長因子を含んでいる動物性プラセンタは一番優れた効果があります

一番多く使われるのが豚プラセンタで、市販されている商品の多くはこの豚プラセンタが使用されています。
馬プラセンタは栄養価が高く、特にアミノ酸の含有量が多く効果の高さが伺えます。

 

羊プラセンタは人間の胎盤と似ており、免疫反応が起こらず身体に浸透しやすいのが特徴です。
人間の胎盤から得られるヒト由来のプラセンタは、認可された製薬メーカーのみが製造出来る医薬品で、使用や処方が認めらているのは医療機関だけになります。

 

植物性プラセンタは、大豆、ライ麦、トウモロコシ、アセロラから抽出した胚であり、成長因子がないのでアンチエイジング効果は乏しいでしょう。

 

主に鮭の卵巣膜から作られている海洋性プラセンタは栄養分は豊富ですが、植物性プラセンタ同様に成長因子はありません。

 

プラセンタで美白を実感!シミやくすみを予防・改善するメカニズムとは?

プラセンタの美肌効果の一つで最も注目されているのは美白効果でしょう。
プラセンタが美白へ導くメカニズムを見ていきましょう。

 

メラニン色素という言葉をよく聞くと思いますが、肌の白さはこのメラニン色素の量によって決まります。
皮膚の中にあるメラニン色素が多いと皮膚は黒く見えてしまうのです。

 

肌の表皮にはメラノサイトというメラニン生産細胞があります。
紫外線をたくさん浴びるとメラノサイトは活性化してメラニン色素を作りだしてしまいます。

 

通常ならば、メラニン色素は皮膚の表面に押し上げられて排出されます。
しかし新陳代謝が乱れているとメラニン色素は排出されず滞ってしまい色素沈着してしまうのです。

 

これが、肌のくすみやシミの原因となり肌の白さも損なってしまうのです。
プラセンタは、このメラニン色素に働きかけます。

 

メラニン色素の生産に関わるチロシナーゼの働きを抑制、また活性酸素の除去や抗炎症作用によってもメラニン色素の生産を阻止してくれるのです。

 

活性酸素を除去することでメラニン色素によって皮膚が黒くなるのを防ぎ、新陳代謝を活発にすることで肌のターンオーバーを促しメラニン色素を排出してくれるのです。

 

プラセンタには、シミやくすみを予防する働き、そして既に出来てしまったものを改善する働き、Wのパワーで色白肌を守ってくれるのです。

 

まとめ〜世界三大美女も愛用!プラセンタの驚異のパワーでシミやくすみを無かったことに

プラセンタは日本ではその名が認知されはじめたのは近年というイメージがありますが、実はその歴史は非常に古いのです。
古来から、クレオパトラ、マリーアントワネット、楊貴妃の世界三大美女も愛用していたとされる、美しさに欠かすことの出来ない成分なのです。

 

プラセンタは美白をはじめ、しわやたるみも改善するアンチエイジング効果が高く、それらの驚異のパワーの源はやはり成長因子です。胎盤内で胎児の成長を助ける成長因子こそがプラセンタの最大の魅力。

 

ホルモンバランスを整えることから、更年期障害の治療にも使用されており、女性にとってプラセンタは非常に大事なものだといえますね。

 

プラセンタは化粧品などで肌に直接与えることもできますが、アンチエイジング効果を高めるならばサプリメントなどで体内に摂取することがおすすめです。

 

プラセンタの摂取により、バストアップ効果やダイエット効果もあり、女性らしいボディを保ちながら痩せやすい体を作ることも出来るのです。

 

女性の美しさを追求したアンチエイジングなら、断然プラセンタ!美白を叶え、シミやくすみを無かったことにしてくれるプラセンタを積極的に摂っていきたいですね。