美肌成分の注目株!プロテオグリカンの魅力は抜群の保水力

プロテオグリカン、この名前を聞いたことがない方は多いかもしれません。
しかし、グルコサミンやコンドロイチンという成分なら誰もが一度は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか?

 

それら2つの成分は実はプロテオグリカンの一部なのです。
つまり、グルコサミンやコンドロイチンの親玉ともいえるプロテオグリカンは膝などの軟骨を形成する成分なのです。

 

そのプロテオグリカンが新美肌成分として大変注目を集めています。
プロテオグリカンの最大の魅力はあのヒアルロン酸も上回る保水力です。その保水性で関節ではクッションのような働きをしてくれます。
プロテオグリカンは真皮にも存在し、肌のハリや弾力を保つため作用しています。
また、保水性以外にもEGFと似た働きで肌の再生を促してくれるのです。

 

EGFとは上皮細胞増殖因子のことで、肌の細胞を増やしたり成長させたりする因子。
これと似た働きをすることで肌のターンオーバーを促して美肌に導いてくれるのです。

 

プロテオグリカンは、加齢と共に弱ってくる足腰の悩みだけでなく、若々しい美肌作りにも効果を発揮するアンチエイジングの成分として大変期待されているのです。

 

プロテオグリカンを摂るならサプリがおすすめ!選び方のポイントを紹介

プロテオグリカンは化粧品などにも配合されているものがありますが、やはり効果的に摂るなら経口摂取です。
しかし、食事からプロテオグリカンを十分な量を摂るのは非常に難しいでしょう。

 

鮭の鼻の軟骨や牛の気管軟骨などに含まれていますが、日常的に食べるものではありません。
しかも、熱処理すると成分が壊れてしまうので非加熱の調理に限られてしまうのです。

 

プロテオグリカンを摂るならサプリが断然おすすめです。
今までプロテオグリカンは抽出が難しくコストもかかることからサプリ化するのは難しいとされてきました。

 

しかし、最近では鮭の頭部の利用で価格もおさえらるようになり、その実力で市場でもジワジワと人気が上昇中なのです。

 

ここで、プロテオグリカンサプリの失敗しない選び方のポイントを紹介します。
まず、天然原料のものを選ぶこと。価格をおさえるために化学合成原料を使っているものもありますが天然原料の方が安心です。

 

また、熱に弱い性質を持つプロテオグリカンなので熱処理をしていないものを選びましょう。
型崩れのない「非変性」と書かれているものがそうです。

 

そして、配合の量が適量であること。
プロテオグリカンの1日の摂取量目安は5〜15mg程度であり、多ければ多いほど良いという訳ではないのです。

 

一日に飲む量があんまり多いと続けるのが大変かもしれません。
毎日続けるためには飲むのが負担にならないような粒量と形状のサプリを選ぶようにしましょう。

 

まとめ〜美しさと健康のために!可能性を秘めたプロテオグリカンにアンチエイジングの未来が見える!

プロテオグリカンは軟骨成分なので摂取することで関節痛対策にも大変有効です。
なので最近メタボと並んで問題視されているロコモ予防にも期待されている成分なのです。

 

ロコモは健康寿命を阻む深刻な症状、いつまでも元気な毎日を過ごすためには対策は大事です。
プロテオグリカンは若々しい美しさだけではなく健康維持のためにも是非摂っていきたいものですね。

 

また、プロテオグリカンには抗酸化作用や炎症抑制作用も備わっています。
抗酸化作用は、細胞を酸化させあらゆる病気や老化の原因になる活性酸素を除去するアンチエイジングには無くてはならない作用です。

 

体内で炎症を起こす細胞の生成を抑える役割のあるサイトカインというタンパク質の働きをプロテオグリカンは助けるため細胞を守ってくれるのです。

 

プロテオグリカンは胃酸に溶けずに小腸まで届くので、体の隅々まで吸収されその効果を発揮します。
元々、体内に存在するプロテオグリカンにはアレルギーや副作用の心配も少ないのです。

 

まさにアンチエイジングの未来に大きな可能性を秘めたプロテオグリカン!
今後さらにその働きが期待できる大注目の成分なのです。