老化防止に注目のサポニン!その性質や効果とは?

「サポニン」という名前、健康志向の高い人は知っているかもしれませんが一般的にはあまり馴染がないかもしれません。
しかしサポニンの老化防止効果は今大変注目を浴びているのです。

 

そもそも、サポニンとはどういうものなのでしょうか?
サポニンは植物の根や葉、茎などに含まれている苦みやえぐみを感じさせる元となる天然の成分です。

 

サポニンは水に溶かすと泡立つ性質があります。
脂質を溶かし、殺菌や抗菌作用もあることから昔は洗剤として使用されており「天然の界面活性剤」とも呼ばれています。

 

サポニンを多く含む食物は大豆や高麗人参が有名です。
桔梗やアマチャヅルなどマメ科の植物に多いのも特徴です。

 

含まれる植物によって種類が違い「大豆サポニン」や「高麗人参サポニン」と呼んで区別されることもあります。
サポニンの最も注目される作用は「抗酸化作用」です。

 

体内の酸化を防ぐことで老化防止効果があり、またあらゆる病気を跳ね返す細胞の若々しさを保ってくれるのです。
また、脂質の酸化を防ぐことで代謝も促進され痩せやすい体質に導てくれます。

 

ダイエット中の女性だけでなく、メタボが気になる男性にもおすすめ!
サポニンは体丸ごとアンチエイジング出来る期待の成分なのです。

 

コレステロールや血液ドロドロ・・・中高年の体の悩みもサポニンで一掃!

年齢を重ねると、気になるのが健康診断での数値ですね。
血糖値やコレステロール、黄色信号の数値を放置していると生活習慣病がしのび寄ることになります。

 

サポニンは、そんな中高年の体の悩みにも応えてくれる頼もしい存在です。
まず、注意したいドロドロ血液は血液中の悪玉コレステロールが増えることで血流が悪く滞ってしまうことでなってしまいます。

 

その、悪玉コレステロール値をサポニンは下げてくれるのです。
血液中の過酸化脂質を血管内に付着しないようにして血液をキレイに保ってくれます。

 

更に血管を広げて流れをスムーズにしてくれます。
血管がしなやかで強く血流は良くなりサラサラ!恐ろしい病気の元凶ともなる動脈硬化を予防してくれるのです。

 

また、サポニンには血糖値をコントロールしてくれる働きもあります。
血糖値のバランスが乱れ、高血糖が続くと糖尿病を発症してしまいます。糖尿病対策にもサポニンは是非しっかり摂りたい成分なのです。

 

サポニンのこれらの健康効果は血圧の安定にも繋がります。
加齢と共に気になる症状を改善して深刻な病気を引き起こすリスクを低くしてくれるサポニンは中高年世代の味方なのです。

 

まとめ〜サポニンでアンチエイジング!抗酸化作用で若々しく体の中からキレイになろう

健康的なアンチエイジングを目指すために毎日摂りたいサポニン、一日の摂取量は特に明確な基準量はありません。
明らかに摂り過ぎるようなことがなければ副作用などの悪影響は心配ないでしょう。

 

しかし、サポニンを多く含む大豆を沢山食べるとタンパク質の摂り過ぎが心配です。
また、高麗人参などはなかなか日常的に食べられる食材ではありませんね。

 

やはり、摂取しやすいのはサプリメントです。
サポニンと相乗効果を高めるアミノ酸など様々な成分を配合した高機能なサプリメントも多数販売されていますので試してみるのも良いでしょう。

 

サポニンには近年増えている肝機能障害の予防にも効果があります。
肝臓を悪くするのはお酒の飲みすぎという考えは間違いで、肝臓はアルコール以外の原因でも障害を起こします。

 

沈黙の臓器を呼ばれる肝臓はなかなか症状が現れません。
サポニンを摂って肝機能の負担を減らし活性化することで大事な肝臓を守ることが出来るのです。

 

健康維持、アンチエイジング、生活習慣病予防、サポニンを毎日の習慣に取り入れて若々しいパワーをいつまでも持ち続けていきたいですね。