アレルギー性鼻炎の薬で鼻水・鼻詰まりを解消!症状や原因を解説!

鼻水や鼻詰まりが続くと辛いですよね。
しかし、病院に行くほどではないと思って、何も対処せずにそのままにしていませんか?
もしかすると、あなたが気づいていないだけで、それはアレルギー性鼻炎かもしれません。

今回はアレルギー性鼻炎の症状や原因を解説しながら、鼻水や鼻詰まりを解消する薬についてご紹介したいと思います。

アレルギー性鼻炎とは?

アレルギー性鼻炎とは、免疫力による防衛反応が過剰に作用してしまい、特定の異物に対して過敏に反応してしまうアレルギー症状の1つです。

アレルギー性鼻炎には、時期的に発症するタイプと、年中発症するタイプの2つがあります。
時期的に発症するアレルギー性鼻炎の多くは、いわゆる「花粉症」です。
1年中症状のでるアレルギー性鼻炎ハウスダストやカビなどが原因で症状がでるものです。

近年、アレルギー性鼻炎にかかる人は増加傾向にあり、国民の約4割が何かしらのアレルギー性鼻炎になっていると言われています。
2.5人に1人が発症している一方で、アレルギー性鼻炎に対する治療を何もしていない人が多いのも特徴です。

花粉症の症状についてはこちら>>

アレルギー性鼻炎の症状って?風邪との違いは?

アレルギー性鼻炎の症状は大きく3つです。
「鼻水」「鼻詰まり」「くしゃみ」です。
一見すると、風邪の初期症状に似ているので、症状が出ていても風邪をひいてしまったのだと勘違いしてしまう人もいると思います。
アレルギー性鼻炎の治療をしていない人が多いのには、風邪と勘違いしてしまってアレルギー性鼻炎にかかっている自覚がない人が非常に多いためです。

アレルギー性鼻炎かどうかを見極めるためには、まず鼻水をチェックしてみてください。
アレルギー性鼻炎の特徴は、透明でサラサラした鼻水が大量に出ます。
風邪の場合、鼻水がだんだんと粘りが出てきて黄色っぽくなっていきます。
そのため、いつまでたっても透明な鼻水が出ている場合、アレルギー性鼻炎の可能性があります。

またアレルギー性鼻炎のくしゃみは風邪のものとは違い、突発的に何度も繰り返し、くしゃみが出ます。
風邪の場合は、そこまで立て続けにくしゃみが出ることはあまりないので、くしゃみが止まらないようであればアレルギー性鼻炎を疑ってみてください。

アレルギー性鼻炎の場合、鼻詰まりがひどく、睡眠にまで影響が出ることがあります。
アレルギー性鼻炎の症状が出ている人の多くが、夜に熟睡できていないと答えています。

アレルギー性鼻炎になる原因は?メカニズムを徹底解析!

アレルギー性鼻炎は特定の異物に反応して、過剰に防ごうとしてしまうことで症状がでます。
症状の原因となる異物を「アレルゲン(抗原)」と言います。
アレルゲンには様々な植物の花粉や、ハウスダストなどがあります。

このアレルゲンが体内に侵入すると、異物であるアレルゲンに対抗するために「IgE」と呼ばれる抗体を作り出します
IgEにはアレルゲンを排除しようと働きがあります。
IgEはマスト細胞と呼ばれる細胞と結びつき、再びアレルゲンが体内に入ってきたときに速やかに排除できるようにできています。
このシステムを「抗原抗体反応」と呼びます。

本来、抗原抗体反応は異物を排除するために必要なシステムで「免疫反応」とも呼ばれています。IgEと結びついたマスト細胞は、アレルゲンを見つけるとヒスタミンと呼ばれる化学物質を発生させます。
このヒスタミンによって、鼻水やくしゃみを発生させて、アレルゲンを体の外へと排除しようとします

しかし、アレルゲンが大量に体内に入ってきたことで、必要以上に抗原抗体反応が作用してしまったり、正常に働かないことがあります。
これがアレルギー性鼻炎の正体です。
つまり、アレルギー性鼻炎とは、、体を守るための抗原抗体反応が、一定のレベルを超えてしまい過剰にヒスタミンが作られることで引き起こされているわけです。

アレルギー性鼻炎に効く薬とは?選び方のポイントを紹介!

アレルギー性鼻炎に効く薬に使われる主な成分は以下の4つです。

・第一世代抗ヒスタミン薬
・抗アレルギー薬
・第二世代抗ヒスタミン薬
・血管収縮薬

第一世代抗ヒスタミン薬
アレルギー反応の原因でもあるヒスタミンの働きを抑えてくしゃみや鼻水の症状をやわらげてくれます。即効性があるので、早く症状を改善したいときにおすすめです。
ただし、眠気や集中力の低下といった副作用があるので注意が必要です。

抗アレルギー薬
マスト細胞からヒスタミンが放出されるのを防ぎます。
鼻水やくしゃみだけでなく鼻詰まりにも効果が期待できます。
効果が出るまでに少し時間がかかります

第二世代抗ヒスタミン薬
第一世代抗ヒスタミン薬の作用と抗アレルギー薬の作用の両方を働きでヒスタミンを抑えてくれます。
第一世代抗ヒスタミン薬のような副作用が出にくいのも特徴です。

血管収縮薬
血管を収縮させて、鼻詰まりを改善してくれます。
ただし、用量よりも多く使ったり、長期間内服していると効果がでにくくなったり、症状が悪化することがあるので注意が必要です。

とにかく早く鼻水やくしゃみを止めたいという人は第一世代抗ヒスタミン薬が即効性があるのでおすすめです。
ただし強い眠気が副作用として出ることがあるので、使うタイミングに気をつけましょう。

副作用が気になる人は第二世代抗ヒスタミン薬がおすすめです。
仕事中や運転をする機会がある場合は第二世代抗ヒスタミン薬を選ぶと良いでしょう。

抗アレルギー薬は効果が出るまでに時間がかかりますが、使い続けることで効き目が良くなっていきます。
そのため、花粉症などで症状がでやすいタイミングが分かっている人は抗アレルギー薬を事前に使っておくことで症状を予防する使い方もできます。

鼻詰まりをピンポイントで治したいという人は内服薬ではなく、血管収縮薬が配合された点鼻薬を選ぶというのも1つの手です。

まとめ~自分に合った薬を見つけることが大事!~

アレルギー性鼻炎にかかっているにもかかわらず、何も治療をしていない人が多いですが、アレルギー性鼻炎は自然に改善されることは少ないと言われています。
アレルギー性鼻炎を完全に予防することも難しいので、それ以上症状を悪化させないことが大事です。

薬を効果的に使うことでアレルギー性鼻炎による鼻水や鼻詰まりを改善することは可能です。
ただし、症状の出方は人それぞれで、上で紹介したように薬の効果も特徴がそれぞれ違います。
そのため、自分に合った薬を見つけることが重要です。

アレルギー性鼻炎に悩んでいる人や、アレルギー性鼻炎の可能性のある人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る