これって多汗症?イヤな手のひらやワキ汗の原因と治し方をチェック

イヤなベトベト汗や突然大量に汗をかいてしまったり、汗について悩んでいる人は意外に多いのではないでしょうか?

汗は放っておくと臭いの原因にもなってしまいますし、印象にも大きく関わってきてしまいます。
特に、手のひらや腋に大量な汗をかいてしまうという人は、もしかすると多汗症かもしれません。

今回は多汗症の原因と治し方について解説していきたいと思います。

多汗症ってそもそも何?その原因とは?

多汗症とは、他の人は汗をかいていない状況などでも大量の汗をかいてしまう症状のことです。
運動したり、暑い場所で人よりも汗をかいてしまう人も多汗症だと思われがちですが、その場合はただの汗っかきというケースもあります。

多汗症には、全身に大量の汗をかく全身性多汗症と、顔や手足、腋など体の一部分だけに大量の汗をかくという局所性多汗症の2種類があります。
全身性の症状が出る人の割合は少なく、多汗症になっている人の多くは、手のひらや腋の下に大量の汗をかいてしまうという局所性の多汗症に悩まされています。

多汗症の症状がひどい場合、したたり落ちるように汗が出てしまうケースもあり、日常の様々な場面で支障をきたすことも少なくありません。

多汗症に多い局所性の症状は、交感神経が過敏に反応してしまうことにより、エクリン腺と呼ばれる汗腺が刺激されることで大量の発汗が起きると言われています。
そのため、周りの人は汗をかいていないような状況でも大量の汗をかいてしまうのです。
多汗症になってしまう原因には、様々な要因が考えられますが、その中でも、ストレスなど精神的な要因によって引き起こされているケースが多いようです。

汗は自律神経によって体温の調節をする過程で分泌されるものです。
そのため、自律神経が乱れることで多汗症になってしまうことが考えられます。
緊張や不安など精神的なストレスを感じることで交感神経が敏感になってしまいます。

精神的な要因以外では、バセドー病といった甲状腺の病気や糖尿病などの病気が原因で多汗症の症状が出る場合もあります。
局所性ではなく全身性の多汗症になる原因は、このような他の病気が原因である場合が多くあります。

多汗症の効果的な治療法は?

多汗症によって日常の生活に問題が出ているようであれば、一度病院で診断を受けてみることをおすすめします。
多汗症を引き起こす原因は様々なので、病院で診断してもらうことで自分に合った治療法を見つけることができます。
病院で受けられる効果的な治療法は、主に次の3つです。

・塩化アルミニウム外用療法
局所性多汗症の場合、主な治療法として塩化アルミニウム外用療法があります。
塩化アルミニウム液を症状の出る箇所に塗り、汗腺を塞ぐことで一時的に汗をとめることができるというものです。
そのため、手のひらや腋といった局所性の多汗症に効果的な治療法の1つです。

塩化アルミニウム液は「オドレミン」という名前で市販でも手に入れることができるので、自分で治したいという人にもおすすめです。
ただし、塩化アルミニウム液は肌への刺激が強く、湿疹やかぶれを引き起こしてしまうこともあるので、肌が弱いという人は注意が必要です。

・イオントフォレーシス療法
特に手のひらや足の裏の発汗に悩まされている人に効果的な治療法が、イオントフォレーシス療法です。
イオントフォレーシス療法とは、手のひらや足の裏など症状の出る箇所を水に浸し、そこに微弱な電気をながすことで汗の分泌を減らすことができます。
塩化アルミニウム外用療法に比べて即効性はないですが、継続して治療することで重度な多汗症でも改善が期待できます。

・ボトックス注射
腋の下での多汗症が重度な場合、ボトックス注射による治療法が効果的です。
ボトックス注射とは、ボツリヌス毒素を幹部に注射することで、交感神経の働きを抑制する治療法です。
特に腋の下による局所性多汗症に効果的で、一度の注射で効果は半年程度持続すると言われています。

日常にできる手のひらやワキ汗の治し方!

多汗症をしっかり治すためには、専門の病院で治療を受けることが1番ですが、日常生活を改善することで多汗症の症状を抑えることもできます。
ここからは、日常でできる改善方法を紹介していきたいと思います。

・自律神経を整える
交感神経の失調により大量の汗が出てしまう場合、自律神経が乱れている状態です。
自律神経の乱れは、生活習慣を見直すことで改善することができます。
多汗症の場合、特に交感神経が敏感になっているので、副交感神経を優位にすることを意識すると良いでしょう。

そのためには、睡眠の質を高めたり、日頃のストレスを解消する必要があります。
そこでおすすめな方法が適度な運動を生活の中に取り入れることです。
運動することで、ストレスの発散にもなりますし、日中に体を動かすことで睡眠の質を高めることにもつながります。

また局所的に汗をかく人には体の汗腺機能が正常に働いていない場合があります。
そういった場合は、夜にシャワーではなくゆっくりと湯船につかることが大事です。
湯船に浸かることで、汗腺機能を高めながらリラックス効果を得ることができるので、多汗症の改善に効果的です。

・食生活の改善
多汗症を改善するためには、食生活を見直すことも大事です。
バランスの良い食事を心がけることで、多汗症が改善が期待できます。

特に大豆に含まれるイソフラボンは、汗を抑える効果があるエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンと同じような働きをするので、納豆や味噌、豆腐といった大豆製品がおすすめです。
他にもエストロゲンの代謝を促すビタミンB6を多く含むアボカドやにんにく、マグロの赤身なども合わせて摂ることでより効果的です。

逆にコーヒーに含まれるカフェインやタバコに含まれるニコチンは交感神経を刺激してしまうので、多汗症の症状を悪化させてしまう可能性があります。
また辛い食べ物や酸味のある食べ物のように刺激の強いものにも、交感神経を活発にする作用があるので、注意が必要です。

まとめ~多汗症は治せる!一人で悩まずにまずは病院へ~

自分だけで多汗症の症状を改善をしようと思ってもなかなか上手くいかないこともあるので、まずは皮膚科や専門の病院で診断を受けてみてください。
特に全身性の症状が出ている場合は、他の病気を発症している可能性があるので病院で診断を受けた上で、専門の治療を受けることが大事です。

多汗症は決して珍しい病気ではなく、多くの人が多汗症に悩んでいます。
その一方で、ごく僅かな人しか多汗症の治療を受けていないという現状があります。
このように誰にも相談できずに一人で悩んでいる人が多いのも多汗症の特徴です。

多汗症を引き起こす原因は様々なので、自分に合った治療法を見つけることがとても大事です。
最近では、今回紹介した治療法以外にも様々な治療法が増えてきているので、専門医に診てもらうことで、きっとあなたに合った方法が見つかるはずです。
正しい治療を受ければ、多汗症を改善することはできるので、一人で悩まずにまずは病院に相談してみましょう


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る