原因は親不孝ではない!ささくれができるのは栄養不足だから!?

気づくといつのまにかできている「ささくれ」。
放っておくと服を着替えるときに引っかけてしまったり、無理に引っ張って余計に傷口を広げてしまうなど、地味に厄介な存在ですよね。
よく「親不孝をするとささくれができる」と言われることがありますが、ささくれができる本当の原因は何なんでしょうか?
今回は、ささくれの原因や改善方法について紹介したいと思います。

ささくれができる本当の原因は?

ささくれとは、爪の根本や周辺の皮が自然と剥けてしまった状態のことです。
このようなささくれができる原因は、大きく3つあります。

・栄養不足
・乾燥
・血行不良

・栄養不足
ささくれができる大きな原因として栄養不足が挙げられます。
爪や皮膚の材料となるタンパク質を始め、皮膚の状態を保つために必要なビタミンやミネラルなどの栄養素が不足するとささくれができやすくなってしまいます。

・乾燥
手が乾燥するほど、ささくれができやすくなります。
洗い物や洗濯といった水仕事や、そのときに使う洗剤が原因で指先が乾燥しやすくなってしまいます。
他にも、ネイルを頻繁にする女性は要注意です。
除光液に含まれるアセトンと呼ばれる物質が、油分を溶かす働きがあるからです。

・血行不良
血行が悪いと、指先まで十分な栄養素を送ることができなくなってしまうため、ささくれができやすくなってしまいます。
血行不良はストレスや偏った食生活、運動不足といった生活習慣の乱れが原因を起こることが多いです。

ささくれは放っておいても大丈夫?

ささくれは、指先をぶつけたり引っかけたりしてしまったというような物理的な原因で起きるわけではないので、気づくとささくれができていることが多いと思います。
ささくれができていることに気づいても、そのまま放っておくという人も多いのではないでしょうか?

しかし、ささくれを放っておくと、ささくれが何かに引っかかって傷口を広げてしまうことはよくあると思います。
さらに、傷口に細菌が入ってしまうと炎症を起こして腫れ上がったり化膿する危険性があります

これまで放っておいても大丈夫だったという人でも、いつかは症状が悪化してしまうかもしれないので、ささくれを見つけたら必ず対処するようにしましょう。

ささくれを見つけたら、できるだけ早く対処するように心がけましょう。
ささくれの対処方法は主に2つです。

・ささくれをカットする
傷口が深くなく痛みがない場合は、ささくれを根本からカットしておくと良いでしょう。
このときに普通のハサミだと上手く切りにくいので、爪切りや眉用の小さなハサミを使うときれいにカットすることができます。
傷口に細菌が入らないように、カットに使う道具はアルコール消毒をしておくと安心です。

カットするための道具がないからといって、無理にささくれを引っ張ってちぎるような方法はやめましょう。
ささくれを引っ張ると繊維が余計に裂けて、傷口を広げてしまう可能性が高いです。

・絆創膏を貼る
傷口に痛みがある場合は絆創膏を使うようにしましょう。
おすすめは、ハイドロコロイド素材の絆創膏です。
細菌が入るのを防ぎつつ、傷口の治りを早めてくれるのでささくれの治療に最適です。
他にも小林製薬のサカムケアなどを使ってケアするのも効果的です。

ささくれを予防するには生活習慣の見直しを!

ささくれの原因となる「栄養不足」「乾燥」「血行不良」は、日頃の生活習慣の乱れによって引き起こされます。
特に偏った食事は栄養不足の原因になり、睡眠不足やストレスは血行不良を引き起こします。
そのため、バランスの良い食事を心がけながら、運動をする習慣を取り入れるなど生活習慣の見直しをしてみると良いでしょう。

また乾燥しやすい季節や水仕事を頻繁に行う人は、手が乾燥しないように保湿を心がけることも大事です。
ハンドクリームやワセリンを使って指先が乾燥するのを防ぎましょう。
他にも、ベタつきが気になるという人は、肌に馴染みやすいホホバオイルなどのオイルを使って指先をマッサージしてやると保湿と血流促進を同時に行えるのでおすすめです。

ささくれを予防する食べ物

偏った食事や栄養不足はささくれの原因になるので、日頃からバランスのとれた食事を心がけることが大事です。
ささくれを防ぐためには、次のような食材を使うと効果的です。

・大豆製品
不足しがちなタンパク質は、納豆や豆腐といった大豆製品を使って補うと効果的です。
大豆にはささくれを予防するために必要なミネラルも豊富に含まれているので非常におすすめです。

・レバー
レバーは皮膚の代謝に必要なビタミンAとビタミンB2や赤血球の材料になる鉄分を豊富に含んでいるので、ささくれの予防に効果的です。

・にんにく
タンパク質の合成に必要なビタミンB6を豊富に含んでいるにんにくは体温を上げる効果もあるので血流の改善にも役立ちます。

・赤ピーマン、黄ピーマン
ビタミンCには、血管や皮膚の細胞を強める働きがあります。
ビタミンCは柑橘類などの果物に多く含まれているイメージがありますが、赤ピーマンや黄ピーマンなどの野菜にも多く含まれています。

・アーモンド、唐辛子
アーモンドや唐辛子には、血流を良くして傷の回復を促すビタミンEが多く含まれています。

ささくれは不調のサイン?

ささくれの原因である栄養不足や血行不良は、ささくれ以外の不調にもつながります。
このような生活習慣の乱れを放っておくと、そのうち大きな病気に発展してしまうこともあります。
そのため、ささくれを見つけたら、体調不良のサインだと思って、生活習慣を見直すきっかけにすると良いでしょう。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る