再発しやすい大人ニキビの治し方をご紹介!効果が高いのは薬?化粧水と洗顔も重要だった!

ニキビと聞くと10代の悩みというイメージが強い人も多いかもしれません。
しかし、思春期のニキビとは違う「大人ニキビ」に悩む人は意外と多いです。
しかも大人ニキビは思春期のニキビとは違う特徴を持っており、対処の仕方を間違えると余計に悪化してしまうことも。
今回は、そんなやっかいな大人ニキビの治し方を紹介したいと思います。

大人ニキビとは?思春期ニキビとは違うの?

大人ニキビとは、成人以降にできるニキビで、思春期にできやすいニキビとは異なる特徴を持ったニキビです。
大人ニキビには次のような特徴があります。

・治りにくく再発しやすい
やっかいな大人ニキビの特徴が、治りにくい上に再発しやすいことです。
同じ場所に繰り返しニキビができてしまったり、なかなか治らない大人ニキビに悩む人は非常に多いです。
また思春期にできるニキビに比べて、跡が残りやすいのも特徴です。

・ストレスや生活習慣の影響を受けやすい
大人ニキビはストレスや不規則な生活習慣の影響を受けやすいです。
日頃のストレスだけでなく、睡眠不足や食生活の乱れといった生活習慣が大人ニキビができる原因になってしまいます。

・夏場よりも冬にできやすい
ニキビは汗を書きやすい夏場にできやすいイメージが強いですが、大人ニキビは夏場よりも冬にできやすいのも特徴の1つです。

・思春期ニキビとできる場所が違う
思春期にできるニキビは、Tゾーンと呼ばれる場所にできやいです。
Tゾーンとは、額から鼻、顎先といった皮脂が分泌されやすい場所です。
一方で大人ニキビは、TゾーンではなくUゾーンと呼ばれるフェイスラインにできやすいです。

大人ニキビの原因は男性ホルモン?肌の乾燥?

大人ニキビができる最も大きな原因が男性ホルモンです。

ニキビができる基本的なメカニズムは、毛穴がつまることで、皮脂や角質が毛穴にたまることが原因で起こります。
毛穴に皮脂や角質が溜まったままの状態が続くと、毛穴の中で菌が増殖してニキビになってしまいます。

男性ホルモンには、皮脂の分泌を促す作用や角質を厚くさせる働きがあります。
男性ホルモンによって過剰に分泌された皮脂や角質が分厚くなることで、毛穴がふさがりやすくなってしまいます。
女性でも、ホルモンバランスが乱れてしまうと男性ホルモンが分泌されて大人ニキビができやすくなります。

大人ニキビがTゾーンではなくUゾーンにできやすいのは、フェイスラインが男性ホルモンの影響を受けやすい場所だからです。
男性であれば、男性ホルモンの影響で髭が生える口周りやフェイスラインに、女性の場合だと大人ニキビができてしまうのです。

ホルモンバランスが乱れる主な原因は、ストレスや生活習慣の乱れです。
ストレスや不規則な生活は自律神経のバランスを崩し、交感神経を刺激することで男性ホルモンが活発になり、大人ニキビができやすくなってしまいます。

ほかに考えられる原因は肌の乾燥です。

皮脂が増えることでできると思われがちのニキビですが、実は肌が乾燥していても大人ニキビはできてしまいます。
肌の乾燥は、一見ニキビができやすい状態とは真逆のように感じるかもしれません。

実は皮脂が多いこと自体は、ニキビができる根本的な原因ではありません。
皮脂が多くても、毛穴が正常であれば問題はないのです。
毛穴がつまることで、皮脂が正常に毛穴から排出されずに溜まってしまうことがニキビができる原因です。

肌が乾燥してしまうと、肌が持つバリア機能が低下してしまいます。
バリア機能が低下すると、肌を守ろうとする作用で肌の角質が厚くなっていきます。
角質が厚くなることで毛穴を狭くしてしまい、毛穴がつまりやすくなってしまいます。

また、極端に肌が乾燥していると、逆に皮脂の分泌を促して肌を守ろうとするので、乾燥肌の人ほど過剰に皮脂が分泌されやすくなります。
結果的に肌の乾燥は毛穴に皮脂が溜まりやすくなるため、ニキビが悪化しやすくなってしまうのです。
そのため、夏場よりも肌が乾燥しやすい冬に大人ニキビはできやすくなります。

大人ニキビに薬は効果的?薬の成分に要注意!

ニキビは悪化すると炎症を引き起こしたり、さらには膿ができてしまうこともあります。
そういった状態までニキビが悪化してしまった場合は、薬を使った治療が効果的です。
抗生物質を始め、炎症を抑える効果がある薬を使うことで、症状を緩和することが可能です。

しかし、注意しなければいけないことが、このような炎症を抑えるための薬はニキビができる根本的な原因をケアしてくれるわけではないことです。
さらに、市販されているニキビの薬は、思春期のニキビケアに有効でも大人ニキビに治療には逆効果になってしまう成分が入っていることも少なくありません。

ほとんどの市販薬に含まれている硫黄は、炎症の原因となるアクネ菌の殺菌効果や、角質を柔らかくする作用、皮脂の分泌を抑制する働きがあるので、一見ニキビケアに理想的な成分のように思えます。
しかし、硫黄がもつ皮脂の分泌を抑制させる働きは、皮膚を乾燥させてしまうことにつながります。

大人ニキビは乾燥している肌にできやすい傾向にあります。
乾燥している肌に硫黄が含まている薬を使うと、肌を守るために必要最低限の皮脂も除去してしまい、余計に乾燥が進んでしまいます。
極端な肌の乾燥は、肌が持つバリア機能を弱めてしまうだけでなく過剰な皮脂分泌を促してしまい、結果的に大人ニキビを悪化させてしまうケースがあります。

このように、市販されている薬は、元から皮脂量の多い場所にできるニキビには効果的ですが、大人ニキビに使うと逆効果になってしまうこともあります。

薬での治療だと、ホルモン治療が効果的です。
ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうことが大人ニキビの大きな原因です。
そこで、女性ホルモンと同じような働きをする疑似ホルモン剤を投与することで、ホルモンバランスを整えることができます。

大人ニキビが治りににくく再発しやすいのは、根本的な原因を改善できていないためです。
ホルモンバランスを整えることは、大人ニキビの根本的な治療につながるだけでなく、女性ホルモンには美肌効果もあるのでおすすめです。

ホルモン治療には、疑似ホルモン剤の投与以外にも低用量ピルが薬として使われることがあります。
避妊薬としてのイメージの強いピルですが、その主成分は女性ホルモンなので、実は大人ニキビの治療薬としても効果的なんです。

ホルモン治療を得意としている専門の病院では、大人ニキビに特化した治療を受けることができるので、なかなかニキビが治らなくて悩んでいる人は一度受診してみても良いかもしれません。

有効な化粧水と正しい洗顔方法を身につけて大人ニキビを改善しよう

大人ニキビを根本的に改善するためには、肌を良い状態に保ち、肌本来のバリア機能を高めてあげることも非常に大事です。
そのためには、正しい洗顔方法を身につけることが必要です。

洗顔で注意したいポイントが、洗いすぎです。
ニキビが気になると、1日に何度も洗顔したり、ゴシゴシと強く洗いすぎてしまう人がいます。

皮脂や古い角質、メイクの汚れが残っているとニキビが悪化してしまうので、しっかりと洗顔することは必要です。
ただし、洗いすぎると必要以上に皮脂を奪ってしまい乾燥しやすくなります。
また大人ニキビは刺激に非常に敏感なので、ごしごし強く洗いすぎるとニキビが悪化してしまう可能性があります。

大人ニキビを改善するために、正しい洗顔方法にはいくつかポイントがあります。

1.洗顔前に毛穴を開く
汚れをしっかりと落とすために必要なことは、洗顔前にしっかりと毛穴を開いておくことです。
そのため、湯船に十分に浸かってから洗顔をすると効果的です。
また、蒸しタオルを作って、顔を温めてから洗顔するのもおすすめです。

毛穴を開いてから洗顔をすることで、毛穴の奥までしっかりと汚れを落とすことができます。

2.たくさんの泡で優しく洗う
実際の洗顔の仕方ですが、洗顔料をしっかりと泡立ててから洗顔することが大事です。
事前に毛穴を開いておけば、泡を顔にのせだけでも毛穴の置くまで泡が入り込んでいきます。
手のひらで肌をこするとニキビに刺激を与えてしまうので、きめ細かい泡をクッションのようにして手が肌に触れないように優しく洗いましょう。

手で泡立てるのが苦手な人は、泡立てネットを使うのもおすすめです。

3.ぬるま湯でしっかりとすすぐ
洗顔料が残っていると、ニキビの悪化につながるので、しっかりとすすぐ必要があります。
このときに熱いお湯やシャワーで直接洗い流すのはNGです。
顔の皮膚は他の肌に比べて薄いので刺激に弱いので、熱すぎないぬるま湯を手ですくって洗い流しましょう。

次に化粧水ですが、大人ニキビには化粧水の保湿力を重視!

肌を良い状態に保つためには、正しい洗顔を身につけるだけでなく、化粧水の選び方も大事です。
肌を状態を良くするために特に重要なポイントが「保湿」です。
保湿をすることで、肌の乾燥を防ぎ、肌のバリア機能を高めることが可能です。
そのため、化粧水を選ぶときには保湿力を重視して選んでみてください。

保湿力に優れた化粧水は、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」「フラーレン」といった保湿成分が含まれたものです。
特に、肌のバリア機能を高めてくれるフラーレンが配合されている化粧水はおすすめです。
フラーレンは、コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分の生成を促してくれるので、保湿力に非常にすぐれた成分です。
保湿力だけでなく抗酸化作用にも優れているので、ニキビの炎症を抑えてくれる効果もあります。
このようにフラーレンは、ニキビの症状が悪化するの防ぎながら、肌のバリア機能を高めてニキビができにくい肌質へと改善してくれる非常に頼もしい成分です。

フラーレンが配合されている化粧水は高価なものが多いですが、大人ニキビに悩んでいる人は試してみる価値は十分にあると思います。

まとめ~正しいケアして大人ニキビを改善しよう~

繰り返しニキビができてしまったり、ニキビがなかなか治らないという人は、もしかすると大人ニキビのケアの仕方を間違えているのかもしれません。
思春期のニキビとは異なる大人ニキビは、ケアの仕方を間違えてしまうと、どんどん悪化してしまいます。

もし、大人ニキビに悩んでいるなら、今回の記事を参考にしながら、正しいケアの仕方を身につけてみてください。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る