お酒がやめられない人必見!ダイエット中に飲んで良い酒とダメな酒とは?

314_R

「ダイエット中にお酒を飲んでもよいのか」という疑問を持つ人は多いのではないでしょうか。
食べ物を控えれば、飲み物は摂取してもいいんじゃないかと思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、実はアルコール飲料にも、種類によっては糖分が含まれていて、ダイエットの天敵となりえます。
お酒を飲む機会が多い方も、飲み方を工夫すれば、太ることはありません。
今回は、そんなアルコールの種類、お酒選びのコツ、おつまみとの関係についてご紹介します。

お酒にももちろんカロリーはある!ダイエット中はお酒も飲めないの?

314-1_R

ダイエット中は、実はお酒は炭水化物などの糖質を多く含むため、飲んではいけません。
最近、体型や血糖値を気にする人をターゲットにしている「糖質ゼロ」の発泡酒が発売されていますが、お酒のカロリーを構成するものは糖質以外にも「アルコール 」と「たんぱく質」があり、この中のアルコールのカロリーは「エンプティーカロリー」と呼ばれ、体に蓄積されないものですが、量などによって全く蓄積されないわけではないので注意が必要です。
お酒のカロリーは炭水化物とたんぱく質共に1gあたり4kcalです。
例えば日本酒であれば100gでたんぱく質と炭水化物を合計て4g~5.5gほど含んでいて、日本酒を飲んだ場合の摂取カロリーは100gで16~22kcalになり、同じように100g換算すると、ビールは14kcal~22kcal、ワインは8kcal~16kcal、ウイスキー、焼酎は0kcalになります。

ちなみに蒸留酒にカロリーがないのは、ビールなどの醸造酒との製造方法の違いで、たんぱく質も糖質も含んでいません。
その他にも様々な理由がありますので、ご紹介しましょう。

お酒を飲むとアルコールを肝臓で分解しようとし、この時に脂肪がより多く作られて内臓脂肪の増加につながります。
さらに肝臓に溜まっていた脂肪が血液に流れると中性脂肪が多くなり、内臓脂肪が溜まりやすくなり、アルコールには「コルチゾール」という内臓脂肪を増やす働きがあるホルモンがたくさん分泌されるため、お酒はダイエットの天敵ということになります。

ダイエット中にも飲めるお酒選びのヒントはお酒のカロリーと代謝カロリーにあった!

314-2_R

お酒は「蒸留酒」と「醸造酒 」の2つに分けられます。
醸造酒はぶどう、麦、米の酵母の発酵により作られた複数のアルコール成分を活かしたもので、ビールやワイン、日本酒など、味の複雑さを楽しむことができるお酒です。
そして蒸留酒は醸造酒を一定の温度で温めてとれるアルコール1種類だけを摘出したもので、ウイスキーやブランテーなどのアルコール純度が高いお酒です。
肝臓の処理能力というのは本来1種類のアルコールであれば効率よく分解できますが、数種類のアルコールを摂取すると処理能力が落ちて分解が間に合わなくなってしまいます。
アルコール分解が間に合わなくなってしまうと脂肪として蓄えられるため、ダイエット中でもお酒を楽しむのであればアルコール純度が高い蒸留酒がおすすめです。
また蒸留酒はお酒そのもののカロリーと体内で分解するためのカロリーがほとんど同じなため、ダイエット中でも安心して飲むことができます。

では、どのようなお酒がおすすめなのでしょうか。

・ウイスキー
ウイスキーは蒸留酒なのでアルコール純度が高くて糖質が一切含まれおらず、カロリーは100mlあたり237kcalとなっています。
カロリーだけを見ると「高い」というイメージがありますが、ウイスキーはストレートで1杯30mlほどで70kcalで、ロックや水割りでゆっくりと飲めば少量で満足でき、飲みすぎることがありません。

それだけではなくウイスキーに含まれるポリフェノールは血糖値の上昇を緩やかにして体外への尿酸排出を促すので、痛風や糖尿病予防にも期待ができます。

・焼酎
米焼酎、麦焼酎などの原材料にはたくさんの糖分が含まれているイメージがありますが、蒸留されることで糖分がなくなり、不純物がないので二日酔いになりにくいと言われています。
また少量であればストレスの軽減や血液をサラサラにする効果もあります。

・赤ワイン
実は赤ワインは醸造酒になり糖質が含まれますが、白ワインと比べると赤ワインのほうが糖質が少なめであるということ、そして辛口を選ぶと糖分を抑えることができ、さらに赤ワインには肝細胞内の脂肪酸代謝を促す効果があり、赤ワインに含まれているポリフェノールには肌や体の老化を防ぐ抗酸化作用があるので、美肌効果も期待できます。

さらにカロリーを体にいれないために!ダイエット中だからこそ気を付けたい飲み方

314-3_R

ここで太らないお酒の飲み方をご紹介しましょう。

1.ビールは乾杯の1杯だけにする
ビールは糖質が高く、糖質を取り過ぎてしまうと「インスリン」と呼ばれる肥満に結びつくホルモンが大量に分泌され、余分な糖質を脂肪に変える働きがあるので、乾杯ビールであってもおよそご飯1杯分のカロリーがあることを知っておくとよいでしょう。
ちなみに缶ビール350ml1本でおよそ150kcal、中ジョッキ1杯あたり500mlでおよそ210kcalものカロリーがあります。

2.ウーロン茶やミネラルウォーターでアルコールの代謝を高める
1杯ごとにソフトドリンクを飲むなどしてアルコールの代謝を高めることが大切です。
特にウーロン茶にはポリフェノールが含まれていて、悪玉コレステロールの酸化を抑えたり、中性脂肪を減少、さらにアンチエイジングにも役立ちます。

3.なるべく焼酎やワインを選ぶ
「ソフトドリンクでは物足りない」という場合は、焼酎などの蒸留酒を選び、血糖値が上がるのを防ぎましょう。

4.一気飲みは控えてゆっくりと飲む
一気飲みは、ダイエットだけではなく健康被害の可能性もあり、短時間で大量にお酒を飲むことによってカロリー過多になってしまうので気をつけましょう。

5.おつまみの選び方
揚げ物は単品でも高カロリーなので、お酒を飲んでいる時に良い働きをしてくれるおつまみを選ぶことでダイエットや健康にも役立ちます。
・豆腐や味噌汁などの大豆食品
・食物繊維系
・さきいか、野菜スティックのような長持ちするおつまみ
このようなおつまみを選ぶと体にカロリーがつきにくくなります。

まとめ~種類と飲み方でダイエット中でも大丈夫なお酒を知っておこう!~

314-4_R

お酒は、飲む種類によって、糖質の多さやカロリーが様々であることがわかりました。
ビールは太りやすいイメージがあったかと思いますが、本当にカロリーが高く、多量に摂取するのはダイエットには向きませんね。
また、ウイスキーなど、不純物が取り除かれたお酒は、カロリーも低く少量でも満足できるものであることがわかりました。
また、アルコールとウーロン茶などをうまく組み合わせて飲んだり、満腹感を得られるおつまみを選ぶことでダイエットにつなげれることもわかりました。
みなさんも、お酒を飲む機会があれば、これらを参考にしてみましょう。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. i-019
    女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. i-022
    健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. i-031
    最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. i-030
    ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. i-050
    「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る