産後ダイエットいつから始める?成功の秘訣は骨盤矯正と授乳中もOKな生活習慣にあった

出産という一大イベントを終えた後にどうしても気になることが、ちゃんと妊娠前の体型に戻るのだろうかという点だと思います。
出産後もなかなか体重が戻らないと焦ってしまう気持ちも分かりますが、無理な産後ダイエットは逆効果になりかねません。
そこで、今回は産後ダイエットを成功させるためのポイントを紹介したいと思います。

産後ダイエットを始める時期は?

産後ダイエットにおいて始める時期は重要なポイントです。
出産によって消耗した体力は、すぐに戻るわけではありません。
産後6~8週間は、体力を回復させるために重要な時期であり、産褥期(さんじょくき)と呼ばれています。
この時期に無理にダイエットを始めてしまうと、体力の回復を遅らせてしまうだけでなく、様々な不調の原因になってしまうので、最低でも産後1ヶ月は安静にしておく必要があります
特に帝王切開で出産している場合は、傷口が回復する前にダイエットを始めてしまうと傷口が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

元の体型に戻るかどうか不安になると、少しでも早くダイエットを始めたくなるかもしれませんが、まずは安静にして体力の回復に専念することが大事です。
1ヶ月後検診で問題がなければ、徐々に産後ダイエットを始めだすと良いでしょう。

産後ダイエットの知っておきたい注意点

産後ダイエットは通常のダイエットと異なる点があるので、いくつかの注意点があります。

・食事制限はNG
ダイエットといえば食事制限が効果的だと言われていますが、産後ダイエットにおいて食事制限はおすすめできません。
授乳中に食事制限をして炭水化物やタンパク質といった栄養素が不足してしまうと、赤ちゃんにまで影響を与えてしまうからです。
赤ちゃんの成長に必要な栄養を届けるためにも、食事制限や特定のものだけを食べるといったダイエット方法は避けましょう。

・激しい運動は控える
産褥期を過ぎたとしてもダイエットのために激しい運動を行うことはおすすめできません。
妊娠前と比べて筋肉量も低下している場合が多く、急に過度な運動を行うと怪我をしてしまう可能性があります。
運動すること自体は悪いことではありませんが、体に負担の少ないものから徐々に始めるようにしましょう。

・ダイエットを意識しすぎない
産後は体力が落ちているだけでなく、赤ちゃんの世話で生活リズムが不規則になりやすくなっています。
そんな中で、ダイエットが上手くいかないことで余計にストレスを感じてしまうと、どんどん悪循環に陥ってしまいます。
そのため、ダイエットを意識しすぎないようにして、まずは自分と赤ちゃんのケアを大事にするようにしましょう。

産後における骨盤矯正の重要さ

出産によって骨盤は大きく開いた状態になります。
これは骨盤が歪んでいる状態でもあるので、元の状態に戻してやらないとさまざまな弊害が出てきてしまいます。

大きく開いた骨盤は、数ヶ月かけて徐々に元の状態へと戻ろうとしますが、産後の過ごし方次第では元の位置に戻らないこともあります。
特に、授乳のときになりがちな猫背の姿勢は要注意です。
そういった姿勢は、骨盤の歪みを悪化させて、正常な位置に戻りづらくさせてしまいます。

骨盤が歪んだ状態だと、内蔵を正しく支えられなくなって内蔵の位置が下がってくるため、ボディラインが崩れてぽっこりお腹になりやすくなります。
他にも、むくみや腰痛、肩こりといった不調の原因になってしまいます。

このように、産後の骨盤矯正は妊娠前の体型を取り戻すためだけでなく、産後のケアとしても大事なポイントとなります。
骨盤が正しい位置に戻れば、それだけで引き締まって見えますし、内蔵が正常に働くことで痩せやすい体になっていきます。

骨盤矯正の方法としては、骨盤ベルトや産後ガードルは育児をしながらでも骨盤矯正を行えるので非常におすすめです。
また、骨盤を矯正するストレッチの中には寝ながらできるものもあるので、そういった無理なく始められるものを活かして、骨盤は正しい位置へと戻していきましょう。

授乳中でもOK?産後ダイエットに効果的な4つの生活習慣

授乳中でも効果的に産後ダイエットを行うためのには生活習慣を見直すことがてとも大事です。
そこで、ここからは4つのポイントに分けて、産後ダイエットを成功させるための生活習慣を紹介していきたいと思います。

1.食生活を見直す
母乳で育てる場合は、栄養のバランスがとれた食事がとても大事です。
食事で産後ダイエットを行う場合は、食事の量を減らすのではなく、バランスのとれた食材で塩分や脂質を控えた調理を心がけることが大事です。
特に不足しがちなタンパク質やミネラルをしっかりと摂れるように意識すると良いでしょう。
魚や大豆製品を中心とした和食だと脂質を抑えながら必要な栄養素をバランスよく摂れるのでおすすめです。
また授乳中は、体の水分が不足しやすいので、しっかりと水分補給をすることも忘れないようにしましょう。

2.運動の取り入れ方
出産直後に激しい運動はおすすめできませんが、体に負担がかかりにくい程度の運動は効果的です。
初めは産褥体操から始めると良いでしょう。
産褥体操は、横になった状態でもできる体操で、体の負担が少なく産褥期の回復を促す効果も期待できます。
そのため、産後すぐにから始められる数少ない運動の1つです。
産褥体操は、ゆるんだ骨盤を引き締めながら、血行を良くする効果があるので産後ダイエットとしても効果的です。

産褥体操で体を動かすことに少しづつ慣れていきながら、産褥期が終わったら赤ちゃんと一緒に短めの散歩に出ても良いでしょう。
気分転換をしつつ、体を動かすことができるので産後ダイエットとしておすすめです。

3.正しい姿勢を意識する
出産直後は骨盤の周りにある筋肉がゆるみ、骨盤が開いた状態です。
つまり体がゆるゆるの状態になっているので、骨盤を始めとする姿勢を保持するための骨格が歪みやすくなっています。

猫背の状態で授乳する以外にも、椅子に浅く座ったり、床に横座りするのも骨盤を歪めてしまう原因になります。
このような姿勢が続けていると、骨格が歪んだ状態で固定されてしまいます。
そのため、普段から悪い姿勢を取らないように注意することが大事です。

正しい姿勢を意識するためには、ストレッチを取り入れるのも効果的です。
ストレッチをすることで体の歪みをリセットしてくれます。

4.ストレスを溜め込まない
最後に大事なポイントが、ストレスを溜め込まないことです。
出産直後はホルモンバランスが大きく変化するので、精神的にも不安定になりやすいです。
そんな中、慣れない育児や生活リズムが狂うことでストレスを感じやすくなっています。
ストレスは自律神経を乱れや血流の悪化を引き起こし、ダイエットに悪影響を与えるだけでなく、さまざまな不調につながります。

産後ダイエットを成功させるためには、ストレスを一人で抱え込まないようにすることがとても大事です。
時々、パートナーや両親に相談したり、助けてもらいながら、息抜きを適度に入れるようにして自分自身のケアを忘れないようにしましょう。

無理のない産後ダイエットで理想の体型を取り戻そう

産後ダイエットでとにかく大事なポイントが無理をしないことです。
出産直後は、それでなくても体力が低下している状態で育児をしなければいけないので、通常のダイエットでは上手くいかないことも多いです。
出産前の体型を取り戻すことも大事ですが、そのために無理をして体調を崩してしまっては本末転倒です。
まずは体力をしっかり回復させて、体をケアする一環として産後ダイエットを取り入れることが成功の秘訣です。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る