2015年4月からスタート!「機能性表示制度」で何が変わった?

4月からスタートした機能性表示制度をご存じですか?
健康やダイエットに気を遣っている人は、トクホマークを見て食品を購入している方も多いかもしれません。
しかし、このトクホマークよりも私たちにわかりやすく商品の詳細を教えてくれる表示制度がスタートしました。
トクホとの違いや私たちにどのような点が有効にな制度なのかをみていきましょう。

いったい何が表示されるようになるの?機能性表示制度とは?

i-647

2015年4月1日に「食品表示法」が施行され、「機能性表示制度」がスタートしました。
早ければ6月にも機能性表示対応の商品がスーパーなどの店頭に並びます。

これまで私たち消費者が食品を手に取るときの判断基準となる表示は「特定保健用食品」いわゆる「トクホ」と「栄養機能食品」が主で、それ以外の食品は、その機能について表示することができませんでした。
これまでの表示制度では、特にサプリメントや健康食品で「何に良いのか表記されていない」「分かりにくい表現で表記されている」という問題がありました。
このため、新たな「機能性表示制度」では「安全性」「機能性」について一定の条件をクリアすると、企業や生産者の責任で、体のどの部分に良いのか、どのように機能するのかを表示できるようになりました。
体の部位や機能について表示されることにより、目的に応じて商品が選びやすくなりますね。

では、機能性表示商品になる可能性が高い注目の成分についてご紹介しましょう。

ルテイン
ほうれん草などに多く含まれており、目の網膜の中央部にある「黄斑」を守る働きがあります。
DHAEPA
青魚に多く含まれるオメガ3系脂肪酸です。
心血管疾患のリスク経験、血中中性脂肪低下作用などが期待できます。
コエンザイムQ10
エネルギーの産生に必要な成分で、不足してしまうと心筋ストレスが増えるとされています。
グルコサミン
変形膝関節症の症状の改善に効果があるとされています。
イチョウ葉エキス
認知機能の改善に効果があるとされています。
ヒアルロン酸
膝間接痛改善の効果、そして皮膚の保湿効果が期待されています。
ラクトフェリン
母乳に多く含まれており、汗腺防御や免疫調整機能の効果があります。
BCAA
ロイシン」「イソロイシン」「バリン」の3つの必須アミノ酸のことで、筋肉の合成には欠かせない成分です。
ノコギリヤシ
良性の前立腺肥大に伴う頻尿や排尿障害の改善に効果があるとされています。

トクホとはどう違う?表示される内容について比較してみた

i-648

これまでの栄養素の効果の判断基準となる表示は「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」が主でした。

この3つの特徴についてご紹介しましょう。

1.特定保健用食品(トクホ)
体の生理学的な機能などに影響を与える保険機能成分を含む食品です。

例えば「血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けます」や「お腹の調子を整えます」など、特定の保健の用途に役立つ内容を表示するもので、販売するためには製品ごとに食品の有効性、そして安全性について審査を受けて、消費者庁長官から表示についての許可を受ける必要がありました。
中には認定を得るためにおよそ5年もの月日がかかる場合もあり、時間と費用がかかることから、申請できるのは大企業に限られていました。

2.栄養機能食品
「ビタミン」「ミネラル」などの栄養成分の補給のために利用される食品で、その機能について表示をするもので、例えば「カルシウムは骨や歯の形成に必要な栄養素です」というものです。
販売するためには消費者庁長官の許可が必要で、基準としては「1日あたりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分量が、定められた上限値・下限値の範囲内にある必要がある」になります。
そして栄養機能表示だけではなく「食生活は主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを」の表記を徹底するなどの注意すべき内容の表示もしなければなりません。

この栄養機能食品に含まれる栄養素は2015年4月現在でビタミン13種類、ミネラル6種類、脂肪酸1種類です。

3.機能性表示食品
新しく導入された「機能性表示食品」ですが、これは食品関連事業者の責任で特定の保健の目的が期待できる食品の機能性を表示したもので、この「特定の保健の目的」というのは「健康維持」「健康増進に役立つ」というものです。

「トクホ」や「栄養機能食品」とは違って消費者庁長官の許可を受ける必要はなく、安全性や機能性に関する一定の科学的根拠を消費者庁に届け出て、それが受理されれば販売できます。
この機能性表示食品の科学的根拠ですが、消費者庁のホームページなどで公開され、サプリメント、サプリメント以外の加工食品、そして生鮮食品にも表示できます。

機能性表示食品の表示についてまとめると

・体のどこの部位の良いのかが分かりやすい
例えば「トクホ」で現在使用されている部位は「歯」「骨」「お腹」だけなのですが、新たに 登場する機能性表示食品では、これら以外の様々な部位や機能性について表示できます。

・野菜や魚などの生成食品にも機能性が表示される
機能性についての成分が特定でき、効果的な量を食べることができるのであれば、生鮮食品などでも機能性が表示されます。
例えば「高リコピントマト」「βグルカン高含有の大麦」などです。

・機能性表示の根拠となるデータを確認することができる
機能性表示食品を販売する企業や生産者は、表示の根拠となる研究のデータやメカニズムを消費者に分かりやすい形で公開しなければなりません。

自分にあった食品を選ぶには?機能性表示で押さえておきたいポイント

i-649

「トクホ」で認められている表示可能部位が「歯」「骨」「お腹」だけ ですが、機能性表示制度では様々な部位について表示され、そして機能についてもトクホでは認められていない「疲労」「ストレス」「睡眠」などの表示が可能になるとされています。
機能性関与成分が特定できて、作用するための効果的な量を摂取することが可能になるのであれば、生鮮食品や農産物にも機能性表示が可能になります。
このため「高リコピントマト」や「高スルフォラファンブロッコリー」などの、健康を気にする人々にとってはとても嬉しい機能性の野菜の開発が進んでおり、今後注目されるでしょう。

さらに機能性表示食品を販売する企業、そして生産者は根拠となるための研究のデータやメカニズムを消費者に分かりやすく公開する必要がありますので、消費者は自分が選んだ機能性表示食品について、メカニズムや相性をしっかりと確認できたり、調べやすくなります

まとめ~効果がわかりやすくなる機能性表示制度。自分に合ったものを上手に選んで健康に役立てよう!~

i-307

機能性表示を導入することによって、私たちはその食品が具体的にどのように効果があるかがわかるようになるということがわかりました。
今までのトクホマークではわかりづらかったこともありますが、この制度によって、より食品を買い求めやすくなりますね。
私たち消費者側からすると、とてもうれしい制度となります。
また、生産者側からしても、消費者庁の許可が要らず、トクホに比べると簡単に消費者に商品を説明できることから利用しやすいものになりますね。
この表示制度を利用して、さらに健康増進に努めていきましょう。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る