岩塩?ハーブ?やみつきになると噂の「クレイジーソルト」ってどんな調味料?

369_R

カルディやコストコなどの輸入商品が置いている店や大型のスーパーで人気を集めている調味料のクレイジーソルトをご存知ですか?
チョコレートとアイスクリーム以外は何の料理にも合う万能調味料らしいです。
その実力はいかほどか?
クレイジーソルトの美味しさのひみつや成分を解明していきましょう。

はまる人続出!クレイジーソルトってどんなもの?

369-1_R

「Crazy for youあなたに夢中」に「キッチンを楽しくする調味料」という意味を込めて名付けられたクレイジーソルト。
筒状の入れ物の中にはハーブと岩塩・スパイスを絶妙なバランスでブレンドしたハーブ&スパイスの調味料となります。
アメリカやヨーロッパでは家庭料理だけではなく、一流レストランでも使われるシェフにも認められた有名な調味料です。
使い道には肉料理や魚料理にはクレイジーソルト一本あれば美味しいのはもちろんのこと、卵料理、サラダ、パスタ、スープなどの下味としての引き立て役にもバッチリです。
また卵かけ御飯にかけて使う方やBBQにもこれ一本持っていけば味の幅が広がると活用する方もいるようです。
味付けの主役や脇役にもなれるクレイジーソルトは万能調味料なんですね。

岩塩とスパイスだけでこんなに旨味が広がるなんて、どんなスパイスが配合されているのでしょうか?
次は配合されているスパイスを見ていきましょう。

なぜあんなにおいしいの?クレージーソルトに配合されているものは?

369-2_R

クレイジーソルトの原材料は岩塩とスパイスのみでこれを絶妙なバランスでブレンドした無添加・無着色・無香料の調味料になります。
原材料を細かく見ていくと、岩塩・ペッパー・オニオン・ガーリック・セロリ・タイム・オレガノが配合されています。
ハーブやスパイスのほとんどが香りの強く煮込み料理などでも使われるものなので旨味が凝縮されて、どんな料理にもあう調味料になっているんですね。
添加物が入っていないので開封した後、そのままにしておくとハーブの香りで虫が寄ってきてしまうほど天然なものなので、開封したら冷蔵庫で保存することをお勧めします。

かけすぎには注意!クレージーソルトの塩分量は見逃せない!

369-3_R

添加物が含まれる調味料が多い中、無添加・無着色の調味料は消費者にとっても貴重でぜひ使いたいものです。
しかし、クレイジーソルトの元は岩塩なのでやはり塩分が気になるところ。
クレイジーソルトの塩分量を見ると、小さじ一杯2.5gのクレイジーソルトで食塩は2.1gとかなり高い割合で塩分が含まれています。
1日の塩分摂取量の目安が男性では10g、女性では8gなので、一回の使用量で1/5以上使うことになりますね。
これを朝の卵料理やスープに使うと朝から4g以上塩分を摂ってしまうことになります。
減塩が推奨されている今ではクレイジーソルトが美味しいからとあまり使いすぎると塩分過多になってしまい、よくありませんね。
塩分過多になるとむくみや喉の渇きの症状から慢性的になると高血圧、生活習慣病を引き起こす原因となります。
現代の食生活では、世界の成人の3/4が1日の塩分推奨量の2倍近くの塩分を摂取していると言われています。
外食やファストフードで塩分を摂りすぎる現代の食生活では、家での食事で少しでも塩分を控えるのが健康的な食事への一歩になるでしょう。

まとめ~おいしいクレイジーソルトもかけすぎると塩分摂りすぎになるので気を付けよう!~

369-4_R

塩分過多はさまざまな病気を引き起こす高血圧の原因です。
クレイジーソルトはおいしいと評判で、どんな料理にも振り掛けたくなります。
しかしその成分のほとんどは塩であり、かければかけるほど、塩分の摂りすぎになるのです。
おいしいからといって、どんどんかけていると、体に悪いですね。
普通の食事であっても塩分摂りすぎといわれているので、クレージーソルトでさらに塩分を追加するのは、よく考えてからにしましょう。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. i-019
    女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. i-022
    健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. i-031
    最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. i-030
    ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. i-050
    「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る