大豆やとうもろこしの「遺伝子組み換えでない」の謎に迫る。遺伝子組み換えって何?

よく食品のラベルなどで見かける「遺伝子組み換え」という言葉を耳にするようになりましたが、みなさんはこの意味をご存知ですか?

どのような仕組みで作られているのか、そして私たちの身体に影響があるのか、とても気になりますね。

今回はそんな遺伝子組み換えについて、みていきましょう。

農作物につく虫が死ぬ!遺伝子組み換えってどういうこと?

329-1_R

生物の遺伝情報を伝える「DNA」というらせん状のひもは、その中で特定の働きをすることが分かっている部分を「遺伝子」といいます。
「特定の働き」というのは特定のたんぱく質を作りだすということで、利用できそうな性質を持った遺伝子を別の生物のDNAの中に組み込むことを「遺伝子組み換え」と呼ぶのです。

品種を作り出すにあたって、植物や動物の品種をかけあわせる「交配」を行います。
これまでの交配が「稲」と 「稲」などの同じ種、もしくは「馬」と「ロバ」などの近縁の種同士の掛け合わせに対して、遺伝子組み換えは、「豚」に「ほうれん草」の遺伝子を組み込んだり、「キャベツ」に「サソリ」の遺伝子を組み込みます。

また遺伝子組み換えは動物や植物でも行われ、作物で最も多いのが除草剤をかけても枯れない「除草剤耐性」です。
除草剤をかけると他の雑草は全て枯れるもののその作物だけは生き残り、除草の手間が省けるというものになります。

さらに遺伝子組み換えによって、害虫を殺す毒素を持つ作物があるのです。
これによって作物への殺虫剤の使用量と使用時間を減らすことができました。
その作物の殺虫成分は「バチルス・チューリンゲンシス」と呼ばれる微生物の遺伝子を組み込んでいるため、頭文字 をとって「Btコーン」とも呼ばれています。

最近ではビタミンAを強化した米や、花粉症を緩和できる米などが遺伝子組み換えにより開発されているんですよ。
動物では食用に認可されたものはまだありませんが、通常の2倍もの速さで成長する鮭が早く認可されるのではと予測されています。

他にも、光る糸をつくるカイコなども開発されていて、さまざまな遺伝子組み換えのものが今後私たちの生活に身近になっていくでしょう。

虫が死ぬ遺伝子は人間に影響ないの?遺伝子組み換えの安全性

329-2_R

私たちは、安全安心な食を求め、値段が多少高くても国産にこだわる反面、日本の食料自給率は年々減少し、国内で生産されるものだけでは国民の生活をまかなうことが厳しくなっています。

これは畜産業においても同じで、家畜の飼料になる大豆やトウモロコシも日本国内で生産されるものでは間に合いません。
そのため諸外国から様々な食料を輸入しますが、その中には虫が死ぬ遺伝子が作られる、遺伝子組み換えをした食料がたくさん入っています。

不安に思ったかもしれませんが、大丈夫です。
日本が輸入する遺伝子組み換え食品は、私たちの食卓にそのまま来るのではなく、内閣府にある「食品安全委員会」で慎重な審査をパスしてから、食品として安全性が確認されたものだけが利用されていますよ。

さらに外国の科学者たちの研究においても、「遺伝組み換えがこれまでの食品や環境、飼料と比べてリスクが高いという化学的な証拠がない」という結論が発表されています。

安全性が確認された遺伝子組み換え食品は、

・大豆、
・てんさい
・とうもろこし
・なたね
・わた
・アルファルファ
・じゃがいも
・パパイヤ

などです。

遺伝組み換えの目的は、除草剤にも害虫にも強くすることですが、現在では栄養素を高めたり、機能性を高める遺伝子の研究が進んでいます。

日本の自給率低下を防ぐだけでなく、増え続ける世界人口に対しての、食糧供給のための1つの手段として、「遺伝子組み換え」が推進されているのです。

知らずに摂取している可能性も!間接的に遺伝子組み換えの食品を口にしているかも

329-3_R

1996年から遺伝子組み換えの商業栽培がアメリカで始まりました。
アメリカでは栽培されるとうもろこしや大豆のおよそ9割が遺伝組み換えになります。

2012年に日本が輸入した大豆の88%が遺伝子組み換えの作物でした。

実際に遺伝子組み換えの作物を育てているのはアメリカですが、それを一番食べているのは日本という事実があるのです。

遺伝子組み換えの食物は油、油製品の「マーガリン」「マヨネーズ」などの他、食品添加物に入っています。
食品ラベルに「加工でんぷん」「たん白加水分解物」と書かれているものは、遺伝子組み換えである可能性があり、加工品の半分は遺伝子組み換えの作物の原料だとされているのです。

日本で大豆やとうもろこし製品のラベルには「遺伝子組み換えではありません」と書かれていますが、実はお菓子の中の製造過程で使用される油などで使われていたとしても、ラベル表示に記載されることがありません。
つまり、私たちは知らない間に摂取している可能性があるのです。

また、長期的に遺伝子組み換えを摂取した場合、人体に影響がないかどうかなどがわかっていません。

普通の植物は花粉を飛ばして子孫を増やしますが、その際、国境を越えて移動するので知らない間に入ってきて、知らない間に育っている可能性があります。
実際に沖縄で、国内では安全性が認められていない遺伝子組み換えのパパイヤが見つかったのですが、原因は台湾の大学で研究された遺伝組み換えのパパイヤが何らかの形で入り込んだということでした。

その後伐採されたものの、他には生えていないという保証はありません。

このように普通の植物と遺伝子組み換えの作物が、知らない間に混ざることもあるのです。

まとめ~遺伝子を操作した食品の危険性は大いにあり!間接的な摂取もあるので表示がなくても安心できない~

329-4_R

「遺伝子組み換えではない」という表示がされた食品が多く販売されているため、私たちに害を与えるものかと思われていましたが、実は大きな危険性はないことがわかりました。

また、食品に遺伝子組み換えではないとの表示があっても、食品が作られる過程で入り込んだ遺伝子組み換えのものをいつの間にか、口にしているかもしれません。

大きな健康被害はなさそうですが、やはり安全性を懸念しているので、意識してチェックしていくことが大切です。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る