セロリって実は効能がたくさん。苦手な人もスープにすれば食べやすくなるらしい

みなさん、セロリには豊富な栄養素が含まれていることをご存知ですか?
香りが独特で、苦手な方も多いかもしれませんが、栄養価が高く、昔から使われています。
今回はそんなセロリの効能と苦手な方も飲みやすいスープのレシピをご紹介します。

苦手な人が多いセロリ。どのような栄養素が含まれている?

236-1_R

セロリは独特な香りと食感が特徴で苦手な人も多いのではないでしょうか。
ですが、このセロリには豊富な栄養素が含まれていて、実は茎よりも葉のほうが栄養価が高く、葉に含まれるβカロテンは茎の何と2倍になります。
しかもセロリの葉にはビタミンB1やビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維が茎よりも多く含まれています。
またセロリが持つ独特の香りは「アピイン」や「セネリン」という栄養成分からで、この2つの成分は精神を落ち着かせる沈静効果があって、イライラや頭痛を和らげるという効能があります。
そしてセロリのビタミンB1とビタミンB2は炭水化物や脂質から、体のエネルギーを作る働きを持っています。
この2つのビタミンが不足してしまうと、疲れがたまって疲労感やだるさが出てくるのです。
さらにβカロテン(ビタミンA)は体の皮膚や粘膜を保護したり眼の機能を正常に保ってくれる栄養成分で、ビタミンCはコラーゲンの合成を助けて体の組織を丈夫にしたり、活性酸素、そしてストレスなどによる悪影響を抑える効能があります。

高血圧や不眠の人におすすめ!セロリのすばらしい効能とは?

236-2_R

セロリは豊富な栄養素が含まれていて、香り成分だけではなく、様々な栄養素が含まれていることから私たちに良い影響を与えてくれます。
ではどのような効能があるのでしょうか。

1.精神を安定させる
セロリの香りの主成分「アピイン」「セネリン」には、精神を安定させる効果や頭痛を緩和したりイライラ、ストレスを解消する効果もあります。
さらにイライラやストレスが原因で神経の高ぶりから起こる不眠にも効果があります。

2.高血圧の予防
血圧にはナトリウムとカリウムが大きく関係しており、ナトリウムを過剰に摂取すると血液中のナトリウム濃度を下げるために血液の量が多くなって高血圧になります。
セロリに含まれているカリウムは一度血液中に吸収されたナトリウムが腎臓で吸収されることを防いで、尿中への排出を促すことによって血圧を下げる効果があります。

3.食欲の増進
セロリの香り成分「アビオイル」には食欲を増進して口の中をさっぱりとさせる効果があります。

4.血流の改善
セロリの葉に含まれる「ピラジン」という香り成分に血流を改善する効果があり、血液の汚れは細胞の生まれ変わりの新陳代謝を滞らせてしまうので、体が疲れやすくなって免疫力が低下するなどの症状につながります。
さらにコレステロール低下の効果もあり、動脈硬化を予防する働きもあります。

5.視機能の改善
セロリに多く含まれるβカロテンは、体内でビタミンAとして働き、目の網膜には「ロドプシン」という光を感じるためのたんぱく質があり、人間がものを見ることができるのはロドプシンが光に反応してその刺激が脳に伝えられるからで、ビタミンAはロドプシンを生成するのに必要な栄養素です。
セロリのβカロテンが体内でビタミンAとして働くことによってロドプシンの生成が促されて、夜盲症や眼精疲労を予防することができます。

6.疲労回復
セロリにはビタミンB1という食事から摂った糖質をエネルギーに変えるために必要な栄養素が含まれ、糖質をエネルギーに変える力が低下すると、疲労物質の乳酸がたまりやすくなって疲労を感じるようになってしまいます。
このことからセロリには疲労回復の効果があるのです。

7.腸内環境を整える
セロリに含まれている食物繊維は腸内環境を整える働きがあり、腸内には「悪玉菌」「善玉菌」と呼ばれる細菌が存在し、これらの細菌が腸内環境を左右しますが、腸内に悪玉菌が増殖すると消化されていないものの腐敗が進んだり免疫力が低下してしまいます。
そして善玉菌が増殖すると腸内環境が整って、免疫力の向上、便通の予防や改善、そして美肌効果など、全身の健康維持ができます。
またコレステロールを体外に排出したり、血糖値の上昇を抑える働きもあります。

8.美肌効果
セロリには抗酸化力が強いビタミンCやビタミンEが含まれています。
ビタミンCはコラーゲンの生成に必要な栄養素で、このコラーゲンは皮膚組織のおよそ70%を占めていて肌のハリ、潤いを保つ大切な役割やまたシミのもとであるメラニン色素の生成を防ぐ働きがあることから、美肌効果が期待できます。
そしてビタミンEは老化の原因の過酸化脂質が生成されないように活性酸素から細胞を守ってくれ、さらに末梢血管を広げて血行を促し、全身の血行を良くすることにより細胞の生まれ変わりの新陳代謝を活発にします。
新陳代謝が活発になると肌にハリが出て、紫外線に対する抵抗力が高まってシミやそばかすの予防が期待できます。

食べにくい人も食べれるようになる!おいしいセロリスープの作り方

236-3_R

豊富な栄養が含まれていることから良い効果を得られるとはいえ、「食べにくい」という人もいることでしょう。
セロリをおいしく食べることが出来れば、セロリが持つ栄養素をしっかりと取り入れることができます。

そこでおすすめなのはセロリスープです。
では簡単に作ることが出来るセロリスープのレシピをご紹介し ましょう。

・材料(4人分)
セロリ→1本
玉ねぎ→2分の1個
ベーコン→2枚から3枚
にんじん→およそ5センチ
固形スープの素→1個
しょうゆ→大さじ1
あれば三つ葉→好みで
・作り方
1.玉ねぎを薄切りに、ベーコンは食べやすい大きさに、そしてにんじんは千切りにします。
2.鍋でベーコンを中火で炒めてベーコンの脂が出てきたら、玉ねぎとにんじんをしんなりするまで炒めます。
3.2.に水4カップ(800ml)を加え、固形スープの素を入れて蓋をします。
4.この間にセロリの筋取りをします。
5ミリほどの厚さに切って、三つ葉は食べやすい大きさに切ります。
6.沸騰したらあくを取ってセロリを加え一煮し、再び沸騰したら 醤油を入れて完成。

まとめ~苦手な人が多いセロリもうれしい効能がたくさん!スープなどにして積極的に取り入れよう~

236-4_R

セロリには、豊富な栄養素が含まれていて、イライラを抑えてくれたり、美肌効果を促したり、高血圧を予防したりと、精神面、美容、病気など様々な場面で万能だということがわかりました。
セロリをそのまま食べたりするのが苦手な方もスープにしたり、工夫して積極的に取り入れていきましょう。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る