実はアーモンドもスーパーフードって知ってた?健康効果を紹介します

コンビニに立ち寄ったついでに買うことができるアーモンドは、小腹が空いた時やおつまみにも登場する身近な食べ物ですね。
しかしアーモンドはそれだけではもったいない健康効果のあるスーパーフードの一つなのです。
意外と知られていなかったアーモンドの健康効果、食べる量などを紹介します。

ダイエットにも効く?アーモンドの健康効果は?

270278b245e5b080c71ae270cd1df353_s_R

アーモンドに含まれる代表的な成分には

・食物繊維
・ビタミンB2
・ビタミンE
・不飽和脂肪酸

などがあります。

一つずつ順に見ていくと、アーモンドの食物繊維は「不溶性食物繊維」です。
不溶性食物繊維は腸の中で水を含んで膨らみ、腸内に残っている便も一緒に出してくれるので便秘解消に役立ちます。
腸が吸収する油分を抑えたり、糖の吸収を穏やかにするので血糖値の上昇を緩和する働きもあります。

「ビタミンB2」は脂肪の代謝を促す働きがあり、脂肪の燃焼には不可欠な成分です。
またビタミンB2が不足すると目の疲れや口内炎、疲労などの症状が出る原因にもなるので、健康の為にも摂りたい成分ですね。

「ビタミンE」は若返りのビタミンと言われている抗酸化力の強いビタミンです。
体は日常生活を送っているだけでも釘のように少しずつ酸化して錆びていきます。
酸化は体の老化の原因ですから、それを防ぐためには抗酸化作用のある食べ物を取り入れるのが一番です。
ビタミンEは抗酸化作用の代表的な栄養素なので、美容効果やアンチエイジング効果もバッチリですね。

最後に「不飽和脂肪酸」は体に良いと言われているオリーブオイルと同じ脂質の種類です。
ナッツ系は脂肪が多くカロリーも高いイメージですが、アーモンドに含まれる脂質は「オレイン酸」が多く、不飽和脂肪酸の脂質の一種なのでコレステロールを減らしたり、動脈硬化を予防する働きがあります。
二つの予防ができるので、生活習慣病予防にも繋がるでしょう。

アーモンドは脂肪を燃焼しやすく、整腸作用もあるので、ダイエット効果もありますね。
健康効果やダイエット効果、美容効果など、男女や年代問わずに様々な悩みに対応できるアーモンドは優秀なスーパーフードと言えるでしょう。

素焼きと生のアーモンド どちらのアーモンドを食べればいいの?

57b4b3f164ac90840713b1a41db93304_s_R

一般的に売られているアーモンドは、生のアーモンドをローストして甘さ・香ばしさ・食感などを際立たせた素焼きが多くなっています。

生のアーモンドは殻から取り出して手を加える前の状態で、水分が多くしっとりして歯ごたえはありません。

インターネットで「アーモンド 素焼き 生」と検索するとどちらが良いのか人によって考え方があり、意見は賛否両論です。
素焼きは手に入りやすく、美味しいが、ローストすることによって栄養素が減る考え方が多くあります。
生は栄養をそのまま摂り入れられますが、購入する過程が面倒なのと手に入っても有害物質を取り除く作業が必要です。
しかもその作業は水に長時間浸けておくか加熱するので、結論から言えば加熱と素焼きでは同じ状態になるんです。
だったら素焼きのアーモンドの方が安価で手に入りやすく、袋を開けたらすぐに食べられるのでお手軽ですね。
また加熱すると栄養素が失われると言われていますが、アーモンドに含まれる栄養素は熱に強いものが多く、ローストしても大幅に栄養素が失われることは無いでしょう。

素焼きと生のアーモンドのどちらが良いと言われたら、素焼きのアーモンドの方が栄養面でも手に入りやすい点でも素焼きに軍配が上がりますね。

1日の食べる目安 保存方法を知っておこう!

b874a6bf28ae108aed9c36bd761f02e6_s_R

アーモンドの理想的な摂取量は20~30gで、アーモンドは一粒1g前後なので25~30粒と分かりやすいですね。
気になるカロリーは一粒6kcal、25~30gだと150~180kcalになります。
このくらいの量ならおやつにも良いですが、食べ過ぎると逆にカロリーを摂り過ぎてしまいそうですね。

アーモンドの保存方法は、15度前後の温度なら密閉された容器で3ヶ月ほど保存することが可能です。
しかし、部屋に置いていても暖房の温かい昼間の部屋と誰もいない夜の部屋では温度変化も激しく一定の温度を保つのは意外と難しいものです。
そんな時にオススメなのは、密閉できる袋などに小分けして冷凍庫で保存する方法です。
アーモンドは冷凍庫に入れても凍らずにいつも通りカリッと食感を楽しみながら食べることができます。
いつまでも美味しい状態を保てるのなら、ちょっと大きいお得な袋を買っても安心ですね。

まとめ~購入しやすいスーパーフード アーモンドなら美味しく継続しやすいですね!~

b20fa860ed4f89922d8435f681930487_s_R

スーパーやコンビニ、100均でも買うことのできるアーモンドは買い物ついでに買い続けることが出来て継続するハードルが低いですね。
ちょっとのおやつにアーモンドを食べれば体にもよく、食べすぎた罪悪感を感じることも無さそうです。
袋のまま手元に置いておくとつい食べ過ぎてしまいそうなので、目安の量だけを小皿に入れて食べるようにしましょうね。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る