酵素ダイエットで出てくる「ファスティング」の効果

最近よく耳にする酵素ダイエット。

しかし、酵素ダイエットといっても、やり方がよくわからず、長続きしない方も多いのでは?

無理をせずに、効果的にダイエットをしていくために、今回は酵素の特徴や一番効果があるとされているファスティングという方法を基礎からご紹介いたします。

酵素ドリンクで効果を得るための正しいファスティングの方法

i-089

酵素ドリンクは、野菜や果物が原料となっている飲み物で、その二つを発酵させているのが特徴です。
発酵させることによって消化が良くなり、また栄養が豊富です。
酵素ダイエットには、さまざまな方法があり、中でも最も効果が高いのは酵素ドリンクを使用した「ファスティングダイエット」です。

低カロリーのドリンクですからファスティングにはピッタリです。
ファスティングは基本的に一定期間食事を摂らないというダイエット方法になります。

「断食」という言葉を聞くと「何も食べない」「何も飲まない」というイメージがあるかもしれませんが、その場合は「絶食」になります。
断食」というのは、食事といっても特に固形物を摂らないという意味で使用されています。

断食期間中は水や酵素ドリンク、野菜ジュースや野菜スープは摂取可能です。

ちなみにファスティングの中で一般的に広がっているのが、野菜や果物、そしてハーブなどを発酵させて作った酵素ドリンクと水だけで断食をするという方法です。

このファスティングによって得られる効果は、

・短期間で痩せることができる
・代謝がよくなって美肌効果を得られる
・胃腸の調子が良くなって便秘が解消される
・疲れを感じにくい健康な体を手に入れることが出来る
・食事が楽しくなる

などになります。

これらの効果を得るためには正しい方法でファスティングをしなければなりません。

もし間違った方法で取り組むと効果を実感できるどころか、体調を崩してしまうなど逆効果になる可能性もありますので、きちんとした知識を知った上で取り組みましょう。

では、正しい方法をご紹介しましょう。

ファスティングの基本は「3日間の断食」になります。
ところがいきなり断食を始めたり、断食後にいつもの食事に戻して良いというものではなく、「準備期」「ファスティング期」「復食期間」という3つの期間を設けなければなりません。

①準備期
本格的にファスティングを行う前に体を慣れさせる期間になります。

この準備期は、ファスティングを行う日数と同じくらいに準備期間を設けましょう。
例えば、3日間のファスティングを行うのであれば、準備期間も3日ほど必要です。
もしくは余裕をもって1週間行うというのもいいでしょう。

この期間は普段よりも食べる量を少なく、和食などバランスが良い食事を腹6分目から8分目くらいにして食べます。

②ファスティング期
ファスティング期間は1日から3日ほどが一般的で、この期間は水、または酵素ドリンクのみの摂取で過ごします。

3日以上のファスティングを行うのであれば危険が伴う可能性がありますので、ファスティングの知識を持つ医師などの指導を受けて行うようにしなければなりません。

③復食期間
ファスティングを行ったあとの、通常の食事に戻すまでに必要な準備期間になります。

準備期と同じで、ファスティングを行った日数と同じ日数をかけて、少しずつ通常の食事に戻していくという期間です。

この「ファスティング」は、普段食べすぎが原因で疲れてしまった胃腸を休めて、体内から毒素や余分なものを排出するということが大きな目的となります。

そして強制的にエネルギー不足の状態にして体脂肪を燃焼させるということに繋がります。

リバウンドなし?酵素ドリンクでファスティングしたときのメリット

i-095

酵素ドリンクで取り組むファスティングには一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、
・短期間で痩せることができる
・肌がキレイになる
・体の中に溜まっていたものが出てすっきりする

といったデトックス効果を実感することができます。

ファスティング中に摂取するのは「酵素ドリンク」「水」「ノンカフェインのお茶」といった水分だけになります。

実は酵素ドリンクに含まれている栄養素は消化済み状態になっていて、内臓に負担をかけることはありません。

私たちの胃、腸というのは毎日摂取した食事や間食を消化するために一生懸命働いています。

ファスティングで数日間、内臓に休息を与えることによって排便機能がスムーズに働き始めることになり、便秘が解消したり、腸の中に溜まっていた宿便などが排出されていきます。

それによって腸内環境が良くなりますので、繰り返す便秘が予防されます。

また、私たちの体の中には日々、いろいろな毒素が溜まり続けています。

体の毒素というのは、汗や毛髪、爪、尿や便から体外に排出されており、尿や便でほとんどの毒素が排泄されています。
便秘で悩んでいる人は毒素が体内に溜まっているということになるのです。

実はこれらもファスティングを行うことにより、少しずつ排出されていき、それによって代謝がスムーズになり、傷んだ部分の修復が行われます。

さらにファスティングを行うと、肌の状態が良くなります。

空腹時間が12時間以上になると、成長ホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンが分泌されることによって、アンチエイジング効果で肌がきれいになることが期待されるのです。

また肌の状態が良くなるのは、代謝機能が活性化された証拠です。
代謝機能が上がることによって肌の新陳代謝がスムーズに行われて、これまで悩んでいたニキビや肌荒れが修復されていきます。

次にダイエット面のメリットをご紹介しましょう。
ファスティング中は通常の食事を摂らないので、体重は減少します。

また、ファスティング中は激しい運動を避けて、十分に睡眠をとらなければなりません。
実は寝てる間に分泌される「成長ホルモン」というものには、

・肌を修復したり再生させる機能
・体の中にある脂肪を燃焼させる機能

の2つの機能があり、ファスティング中は寝ている間、胃の中に消化されていない食べ物が残らないように体内の脂肪を効率よく燃やせるようになっています。

睡眠不足、夜遅い時間の食事が続いていると代謝機能が低下するだけではなく、脂肪を燃焼させる成長ホルモンの分泌も減ってしまうのです。

ファスティングによって基礎代謝を上げることができるだけではなく、痩せやすい体を作ることができます。

酵素を積極的に取り入れることでエネルギー代謝率が大幅に上がって、脂肪が溜まりにくい健康的な体を作ることができるのです。

数日間、通常の食事を摂取しないことによって、さまざまなメリットが期待できますよ。

もっともやせるのは?最も効果のでるファスティング方法を検証

i-083

ファスティングには「半日」「週末」「3日間」などいろいろな方法がありますが、3日間という期間が体調や精神的に最も負担が少なく、効果が出やすいのでおすすめです。

もしファスティングを3日以上行った場合、ファスティング終了後の「復食期間」も断食と同じ日数を設けなければなりませんが、「食べたい」という欲望から、回復期であるのに暴飲暴食をしてしまうことが多いのです。
「復食期間」にたくさん食べたり、タンパク質や脂肪を摂取すると、せっかく痩せた体重がすぐに戻ってしまい、さらに脂肪を溜め込みやすい体質になってしまいます。

また「半日」は小食の効果、1日のファスティングは休息効果を望むことができます。
「半日」「1日」では脂肪代謝が積極的に行われることはむずかしく、ファスティングは3日目からが脂肪代謝や解毒が期待できるものになっています。

ファスティングの効果を得るために守らなければならないのは、

・断食期間は3日間
・「準備期」と「復食期間」は消化の良いものを食べてファスティングがスムーズに行われるようにする
・断食の効果を保つために、必ず「復食期間」を設ける

です。

まとめ~つらくないファスティングをやりたいなら酵素ドリンクがおすすめ!~

i-036

酵素ダイエットには、適当な期間が必要で、また準備期間や復食期間も設けなければならないことがわかりました。

いきなり断食をしたり、無理なファスティングを行うと、ダイエットとは逆効果になる可能性もあります。

無理なダイエットをせず、期間や飲み方を守って楽しく気軽にファスティングダイエットに挑戦してみましょう。

ファスティングダイエットに最適な酵素ドリンクの最新人気ランキングはこちら>>


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る