グリーンスムージーの作り方|ミキサーとブレンダーの比較

最近よく耳にするグリーンスムージーですが、お店でだけでなく、家庭で簡単に作れることをご存じですか?
今は、家電量販店でもたくさんの種類のミキサーやブレンダーなどが発売されていますが、今回は、そんなミキサーやブレンダ―の違いや使い方などについてご紹介したいと思います。

グリーンスムージーにおすすめなのは?ミキサーとブレンダー

i-381

スムージーや離乳食を作る時に使われるミキサーは、たくさんの種類が家電量販店などで販売されており、ミキサー、ブレンダー、ジューサーの3種類に分けられます。

「ミキサーとブレンダーの違い」についてご紹介しましょう。

まず「ミキサー」ですが、使用する時に水分を必要とせず、練り物や肉のミンチ、粉砕などの処理に適しています。

硬い食材、粘り気がある素材を処理できるのは使用されているモーターの動力が強いためで、ミキサーによっては、「コーヒーミル」や「挽肉用のミンサー」がオプションで付いているものもあり、ジュース以外にも幅広く使用することができます。

ミキサーを購入する時には回転が高く、調整できたり、底の刃が取り外せて洗いやすいものを選ぶのがおすすめです。

そして「ブレンダー」は ミキサー と比べると動力が小さいもので、動力が小さい分、高速回転するモーターを使って、液体と一緒にかき混ぜ、滑らかなソースやジュースに仕上げることができ、ブレンダーは水や牛乳などといった水分を加えてジュースを作るものになります。

このブレンダーは食物をまるごとジュースにすることができ、食物繊維が豊富に残り、さらに食物が持つ酵素を壊すことがないので、グリーンスムージーを作るのであれば「ブレンダー」が最適です。

手軽で便利!ハンドブレンダーでグリーンスムージーを作る

i-382

グリーンスムージーを作る時にミキサー を使用している人が多いと思いますが、実はミキサーやブレンダーの使用だけではなく「ハンドブレンダー」を使用してスムージーが作ることができるのです。

ハンドブレンダーを使用することで手早く作ることが出来ますので、忙しい日々を送っているという人にもおすすめです!

このハンドブレンダーですが、ケーキやお菓子を作る時などに卵白を泡立てたり生クリームを作ったりする時に使用されることが多くなっています。

グリーンスムージーをハンドブレンダーで作るメリットをご紹介しましょう。

①1杯分だけ作ることが可能
ハンドブレンダーであれば、そのまま飲むグラスを容器にして使用することができ、容器の中で材料をつぶすことができますので1 人分を簡単に、しかも間違うことがなく作ることが出来ます。

②後片付けが簡単
ハンドブレンダーは使用後のお手入れが、水、もしくはお湯の中に先端だけを入れて洗い流すだけになります。

③温かいスムージーを作ることが出来る
ハンドブレンダーであればお鍋の中に入れてかき混ぜることができますので、簡単にホットスムージーを作ることが出来ます。

口コミで人気のミキサーとブレンダーは?

i-373

グリーンスムージーを作るのに使用するおすすめのミキサ ーやブレンダーをご紹介しましょう。

①バイタミックス
アメリカで90年という長い歴史を持つホールフードマシーン専門メーカーの商品です。
一般的なミキサーのおよそ3倍から5倍のパワーで野菜や果物の種や皮などもまるごとジュースにしたりスープにすることができるものになります。
毎分で最大37000回転し、何と900wのパワーを持っています。
価格は8万円台から10万円台で販売さ れています。

②ラッセルホブス
ラッセルホブスは500wのパワーで、かなりのハイパワーを持つミキサー(ブレンダー)です。
価格は、バイタミックスよりも抑えることができ、1万円あれば購入ができる価格となっています。
ラッセルホブスは、13段階のスピード設定ができますので微調整が可能で、またボトルをセットしなければ動かないという安全装置が付いていますので安心です。

③パナソニックファイバーミキサーMX-X109
国内メーカーの中ではトップクラスの255wのパワーを持ち、パナソニック独 自の「ブラックハードチタンコートファイバーカッター」という刃が採用されているミキサーで刃先がのこぎり状の大型刃ですので、鋭い切れ味でありパワフルに切り削ってくれ、グリーンスムージーの滑らかさが違います
しかもスムージーバーが付いていますので、グリーンスムージー作りの時にはとても役立ちます。
価格は1万円前後となっています。

④ブレンテック スムージーブレンダー STEALTH
ゴム製のガスケットによって防音カバーの密閉性を高め、このことによって処理の際に出る騒音が軽減されました。
そして動作中に回転スピードを変更することができるようになっており、タッチパネルが採用されていますので、さらに感覚的な操作が可能となりました。
消費電力は1.3キロワットになっています。
価格は20万円を超えます

まとめ~仕上がりの好みや掃除の手軽さを考えてミキサーかブレンダーか選ぼう!~

i-383

グリーンスムージーを家庭で作るには、ミキサーやブレンダ―、ジューサーがあることが分かりましたが、それぞれに適した使い方があることもわかりました。
やはり、グリーンスムージーを作るにはミキサーかブレンダ―が適していて、特にブレンダ―で作ると食物繊維が残り、栄養豊富なグリーンスムージーがつくれるので、特におすすめということがわかりました。
また、ハンドブレンダ―は、後片付けも楽で、手軽に継続的に楽しむことができますね。
いろんな会社から、それぞれの用途にあったミキサーやブレンダ―が発売されていますので、皆さんも気軽に試してみては、いかがでしょうか?

手軽で簡単!毎日続けたいなら粉末グリーンスムージーがおすすめ>>


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る