二日酔い対策でサウナに入るのは危険な理由とは?

お酒の席で楽しすぎると、つい量も飲み過ぎて、次の日に後悔した経験ありませんか?
次の日、大事な予定や仕事があるのに楽しい場では気が大きくなり、もう一軒、もう一杯、とやってしまうんですよね。
そんな時の対処法としてサウナに入って汗をかく方法を取っている人がいるそうです。
特に男性は、飲みに行ったメンバーでそのままサウナに行くことが多いようですが、実はこの行為は二日酔い対策としては間違いで、逆に危険な行為なんだそう。
多く知られているけれど、実は間違った二日酔い対策、まとめてみました。

さらなる脱水症状を引き起こす!? サウナが危険な理由とは?

まず、二日酔いが起こっている体は脱水症状になっています。
お酒には利尿作用があり、摂取したアルコール以上の水分が失われています。
その状態に汗をかくサウナは体にさらなる負担をかけるものであり、二日酔い対策にはなりません。

体内のアルコールもサウナでかく汗と一緒に外に出そうと考えている方が多いですが、体内から出てくる汗にアルコールは含まれていません。
ですから、絞って水分を取ったタオルをさらに無理に絞ってカラカラなタオルにするのと同じ行為を体にしているのと一緒で、脱水症状が起きいる体から無理に汗を出すのは深刻な脱水症状を招いてしまうことになります。

そして、水分が不足している体の血液はドロドロになりがちです。
ドロドロ血液は血管を傷つけたり、心臓に負担をかけてしまいます。

このような症状が起こるので、飲み会帰りにそのままサウナへ行って汗をかくと、気持ちよく次の日を迎えられるなんて事は間違いです。
体をいたわるのなら脱水症状が深刻化する行為はやめておきましょうね。

試したことがあるかも?サウナの他にも間違った二日酔い対処法

二日酔い対策、いろんな方法が飲み会の場でも言われていますが、サウナのように実は間違った方法が他にもあります。

「迎え酒」
週末飲み過ぎて二日酔い、今日は仕事も休みだから迎え酒で体をスッキリさせようとお昼から飲み始めてる人いますよね。
これはアルコールで体を麻痺させているだけで、対策としては正しくありません。
さらなる二日酔いを招く原因となるでしょう。

「スポーツをする」
頭と体を働かせるために、いきなり走りに出かけたりするのもサウナと同じく、汗をかき脱水症状を悪化させる原因になります。
体を動かすよりも、家でゆっくり休む方が対策としては正しいですね。

「頭痛薬をのむ」
辛い二日酔いの頭痛を解消するために頭痛薬を利用する人も多いでしょう。
しかし、朝方までアルコールを摂取して体からアルコールが抜けていない時に頭痛薬を飲むのは注意が必要です。
薬を分解するのは、アルコールを分解するのと同じ肝臓で行われます。
ただでさえアルコール分解で忙しくしている肝臓をさらに働かせる形になるので、分解が通常のように出来ず、薬が効かない又は効きすぎる事があります。

また、アルコールを飲んでいる最中に次の日のために先に頭痛薬を飲んでおこうとする行為はさらに危険ですからやめて下さいね。
アルコール摂取してから充分に時間が経ち、二日酔いが頭痛だけの場合の最終手段として薬を服用するようにしましょう。
他の薬を常用している場合は早く頭痛を抑えたいからといって、やみくもに薬を服用するのは注意が必要です。

これでバッチリ!二日酔いになる前にしておくこととなってしまった時にすること

では、二日酔いの対策としては何が正しいのでしょうか?
二日酔いが起きないようにするために、体のことをよく知る医師が一番に行う対策としては「水分補給」です。
これは飲んでいる最中や飲み終わり家に帰った後、どちらにも有効な手段です。
脱水症状が起きないよう体に水分を与えましょう。

さらに、アルコールの吸収を遅くするようにしましょう。
その為には、ビールなどの始めの一杯を一気に飲み干したい気持ちを抑え、飲むスピードをゆっくりにしましょう。
一杯をチビチビ飲むだけで、二日酔いの予防になります。
また、空腹の状態でアルコールばかりを摂取するのではなく、しっかり食べることを忘れずに。
食べ物は、脂肪を含むナッツ類やバター・オイル類が吸収を遅くする食べ物ですか
ら、これらが含まれているサラダなどを飲み始めに食べておくのは良いですね。

それでも二日酔いになってしまった時は、まず水分補給です。
水やスポーツドリンク、味噌汁など自分が飲めるものを取っていきましょう。
他にも、頑張る時に飲む栄養ドリンクには、肝臓を働かせるタウリンが含まれているので、二日酔いの体にもオススメです。

取れることなら睡眠時間もたっぷりとりましょう。
体を休めアルコールを分解するのに集中できるよう体を休める事は、私たちに出来る
二日酔い対策の一つです。

まとめ~正しい対策を知っていれば二日酔いは怖くない!次の日に残るのは楽しいお酒の思い出だけで充分!~

楽しく飲んでいたはずなのに、次の日の二日酔いで楽しい思い出までが嫌な思い出になるのは避けたいものです。
二日酔いにならないため、体の為にも、基本的なことですが、飲みすぎないことが一番です。
アルコールの摂取は人によって適量が違うので、自分の適量を見極めて、それ以上飲まないことや間で水やお茶などアルコールを含まないドリンクを飲みましょう。
新学期を迎えるこれからの時期は、お花見や歓迎会など飲み会の場も増えますね。
アルコール以外の水分補給を忘れずに、二日酔いを恐れないで飲み会を心から楽しみ
ましょう。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る