UVケアが大事な理由とは?〜紫外線を浴びることの諸悪の根源はやはり活性酸素だったという話〜

季節関係なく、女性は紫外線を意識しています。

紫外線の強い夏場になれば、UVケア化粧品の売上は大幅に上昇するというデータもあります。

紫外線を浴びるとシミやそばかすの原因にもなりますので、いつまでも若々しくいたい女性にとってUVケアは必須ということです。

でもどうして紫外線を浴びることで、シミやそばかすができるのでしょうか?

シミそばかすの原因!紫外線が原因で作られる一重項酸素とは?

125-1_R

紫外線が皮膚にあたることで、皮膚では活性酸素の一種である一重項酸素が発生します。

一重項酸素は皮膚の奥にある「メラノサイト」を刺激することで、メラニンが過剰分泌されシミやそばかす、シワの原因になります。

一重項酸素は通常の活性酸素とは異なり、紫外線を浴びた肌細胞で発生して暴れます。

とても反応性が高い活性酸素ですので、発生と同時に細胞を傷つけます。
さらにビタミンCやビタミンEなど、紫外線によって発生したほかの活性酸素を撃退できる成分への防御力も高いのです。

そして一重項酸素は皮膚だけではなく、目にもダメージを与えることが分かっていますので、紫外線を浴びないことで、一重項酸素の発生を抑えるしかありませんね。

紫外線でできる活性酸素を利用!日光消毒ができるのはなぜ?

125-2_R

天気のいい日は布団を干したくなりますね。

太陽の光をたっぷり浴びた布団は、使用していたときに吸い込んだ湿気が蒸発してふわふわになりますし、太陽の匂いを感じることができます。

布団などの洗濯物を太陽の下に干すことで、紫外線を充分に浴び、日光消毒が可能になります。

紫外線は酸素や水分と反応すると、強力な活性酸素に変化し、だにやシラミなどを活性酸素の力で殺菌殺虫してくれる効果があるのです。

洗濯物にも布団にも水分が含まれていますので、衣類の中で強力な活性酸素が発生しやすい環境になっているのですね。

特に日光消毒に効果的な時間としては、紫外線量の多い午前10時~午後2時までです。

布団の場合は約2時間ほど天日干しすれば、布団の中にいるダニなどを殺虫することが可能です。

皮膚がん発症率に関係!オーストラリアの紫外線量がヤバい!

125-3_R

日本でがんといえば、「肺がん」「胃がん」「大腸がん」がポピュラーで、皮膚がんを患っている人は少ないです。

しかし紫外線量の高い南半球では、毎年皮膚がんと診断される患者数が上昇しています。

特に南極オゾンホールの真下に位置しているオーストラリアでは、皮膚がんの発症率が上昇し、大きな社会問題になっています。

オーストラリアの紫外線量は、地域にもよりますが、日本の約5~7倍で、世界一紫外線が強い国といわれています。

またオゾンホール以外にも、夏は夜8時ごろまで明るい時期があるために、紫外線を浴びる時間が長いことや、オーストラリアに住んでいる人の大半は白人であるため、皮膚がんを発症しやすいのです。

そんなオーストラリアでは、皮膚がん患者を少しでも減らすために、毎年72万個ものがん細胞を取り除く処置をしています。

最近では研究と早期発見によって、年々皮膚がんでの5年後生存率は上昇しつつありますが、それでもオーストラリアに住む3人に2人は皮膚がんにかかってしまうという統計があるのです。

まとめ~紫外線を浴びることによって起こる弊害を知っておこう~

125-4_R

1998年までは母子手帳に「日光浴」の記述がありましたが、現在では「外気浴」に変化しています。

日光浴をすることで、体内にビタミンDを生成することが可能になりますが、数分程度の外気浴で十分効果はあり、それよりも紫外線による弊害の方が問題だと判断されたためです。

私たちが紫外線を気にするのは、シミやそばかすなどの老化現象を意識しているから、という答えがほとんどでしょう。

しかし紫外線の本当に恐ろしい部分は、強い紫外線を浴び続けることで皮膚がんを発症するということです。

オーストラリアと比較すれば日本は遙かに紫外線量が少ない地域ですが、それでも皮膚がんの発症者は0ではありません。

まったく日差しを浴びない生活も問題ですが、適度に日差しを浴びることができるように、UVケアだけは徹底したいものですね!


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る