アスタキサンチンがアツい!大注目カロテノイドの抗酸化パワーが活性酸素を叩く

ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。
でもこの聞きなれない成分が数年前から話題なんです。

実はこのアスタキサンチン、あなたの身近なものにも含まれていたりします。
さらに変な名前のくせに我々の身体に欠かせない、とっても役立つ効果満載だったりするのです。

そんな大注目のスーパーカロテノイド、アスタキサンチンについて掘り下げてみましょう!

アスタキサンチンとその効果

アスタキサンチンとは、カロテノイドといわれる天然色素の一つで鮭やいくら、カニなどの赤や橙色の色素を指します。

このアスタキサンチンは、ビタミンEの約1,000倍ともいわれる抗酸化力を持っていて、いろいろな用途でその効果を発揮しています。

抗酸化とは簡単にいうと、酸化を防ぐこと。
私たちの身体は活性酸素によって酸化していくことで、肌が乾燥したり、シワやシミができたりと老化現象が始まります。

そんな悪い活性酸素をやっつけてくれるのがアスタキサンチンをはじめ、抗酸化作用のある成分なのです。

アスタキサンチンといえば美白化粧品などに多く使われていることでも有名ですが、これは上述の通りアスタキサンチンの抗酸化作用を肌のアンチエイジングにうまく役立てた例といえますね。

アスタキサンチンのシミ対策用美白化粧品はこちら

またアスタキサンチンは血管を柔軟にして血液をサラサラにする効果も持っています。

この効果は血行を促し、またコレステロールが酸化されるのを防ぐことで悪玉コレステロールを善玉コレステロールに変換するのです。
その結果、血管障害といわれる高血圧や動脈硬化などの対策、予防に効果があるとされています。

さらに活性酸素を除去するということは、免疫機能を向上させるということにも繋がるのです。
つまり風邪の予防やがん細胞をも減少させる効果を生み出しています。

また脳細胞に働きかけ活性酸素を抑える効果があり、これは認知症などの改善、予防に効果があるのではと期待が集まっているんですよ。

アスタキサンチンの高い抗酸化作用は、ほかにも腎臓や肝臓などさまざまな内臓の機能を正常化し、さらにその機能を向上させる効果を持っています。

アスタキサンチンが配合された商品って?

i-057

アスタキサンチンはその優れた抗酸化作用で紫外線からくすしわやシミ、たるみに効果を表すので、化粧水や美容クリームに多く配合されています。

例えば松田聖子さんと小泉今日子さんのCMでもおなじみ、富士フイルムの「アスタリフト」や、天海祐希さんがCMモデルを務めるコーセーの「アスタブラン」などが有名です。

どちらの商品にも「アスタ」が付いていることからも推察できるように、これらはまさにアスタキサンチンのチカラが美白のキモとされている商品なんです。

そしてどちらもイメージカラーは赤ですよね?
これも赤い色素であるアスタキサンチンを豊富に配合していることのメタファーといえるでしょう。

ちなみにアスタキサンチンを化粧品に配合することはとても難しいチャレンジだったそうですが、これを可能にしたのが富士フイルムのナノ化技術だといわれています。

アスタキサンチンのサプリメントも数多くでています。
ドラッグストアなどで手軽に買えるDHCやネイチャーメイド、オーガランドなどのサプリメントが有名です。

ちなみに筆者おすすめのアスタキサンチンサプリは、えがおのアスタキサンチン

ヘマトコッカスという藻が原材料の植物由来。
アスタキサンチンで安心ですし、
コラーゲン
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
オリーブ果実抽出物
ヒアルロン酸
セラミド
還元型コエンザイムQ10
など、お肌のハリと潤いのための6つの有効成分がバランスよく配合されています。

アスタキサンチンサプリメントの商品一覧はこちら


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る