中性脂肪を減らす!?コレステロールゼロのアボカドオイルで健康習慣を

女性が大好きアボカドはそのままでも、料理に使っても美味しく食べることが出来て、そして高い栄養を得ることが出来ます。
そのアボカドの良い油を凝縮したアボカドオイルは万能オイルとして海外では料理やスキンケアに使用されているそうです。
アボカド好きには見逃せないアボカドオイルをチェックしてみましょう。

「森のバター」がオイルになった!栄養価の高いアボカドオイルとは?

e70a7b6d65360f52491088cb783fe5da_s_R

アボカドオイルとは名前の通りアボカドの果実から抽出したオイルです。
種や皮を取り除いて果肉の部分だけを押したり絞ったりして抽出するので、薄黄色~緑っぽい色をしています。
ほのかにアボカドの香りがするアボカドオイルは300ml程度で約20個ものアボカドの実が使用されているので、カロリーは100gで921kcalと少し高めです。
しかし100gをがぶ飲みするわけではないですし、アボカドオイルの80%は体に良い不飽和脂肪酸でオレイン酸が多く、コレステロールを含みません。
他にはビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、タンパク質、ミネラルなどバランスよく栄養を含んでいます。

アボカドオイルの抽出方法には2通りあり、1つは「低温圧搾製法(コールドプレス製法)」と言う熱を加えることなく、押したり絞ったりして抽出する手間暇かかる方法です。
時間がかかる分、素材の成分がそのままオイルになるので酸化することがなくピュアな状態のオイルが出来上がります。
もう一方の「溶剤抽出方法」は化学溶剤を用いて高温や高圧で抽出する方法で、この方法のオイルは低価格で手に入りますが、酸化していたり、ピュアなオイルとは違い多くの効果を得ることが出来ません。
体に良い効果を得るためには、生のアボカドをそのままオイルにした低温圧搾製法のオイル
が良いでしょう。

アボカドはオイルになっても凄かった!その効果はいかほど?

913df4601382415e5fe604a0ba5bd29f_s_R

アボカドオイルはアボカドを食べるのと同じような効果が得られます。
まず代表的なのが、「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEの抗酸化作用で、シミ・シワの予防やアンチエイジング効果があります。
オイルに気遣ってオリーブオイルを日常的に使用する人は増えていますが、アボカドオイルはオリーブオイルの約2倍ビタミンEが含まれているので今まで以上の効果が期待できますね。

アボカドオイルに多く含まれるオレイン酸には腸を活性化させたり、排泄物を排出する滑りを良くする働きがあるので、便秘に悩む方を助けてくれるでしょう。

更に、オレイン酸の働きといえば、悪玉コレステロールを減らし、コレステロール値を正常に保つ働きがあります
悪玉コレステロールが多いと血液中に不要な成分が増えている状態なので、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病になるリスクが増えることになります。
ですから、悪玉コレステロールを減らしてコレステロール値を正常に保つことは健康のために大切なことなんですね。
またメタボ診断でポイントとなるのはコレステロール値の他に中性脂肪があります。
この中性脂肪も一緒に減らす働きがあるので、メタボまっしぐらの体を健康な体作りへとサポートしてくれるでしょう。

中性脂肪が減ることはダイエットにも繋がるので、健康的な体作りと共に痩せる体へと嬉しい効果が得られますね。

「飲むオイル?」アボカドオイルの多様な使い方

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s_R

アボカドオイルを摂り入れるには、口から摂取する方法と外から使う方法があります。

まずは多くの健康効果を得られるためにも飲んでみましょう。
1日に大さじ1~2杯程度が目安です。
味にクセがないので、ドレッシングに使っても、ヨーグルトにかけても美味しく食べることができます。
燃焼温度が225度と高いので、揚げ物の油や炒め物などに使うことも可能です。
そのまま手軽に飲んでも、料理に使う油としても使えたら簡単に1日の量を摂取することができそうですね。

次は外から使う方法です。
まずは肌に使う方法は、美容液の代わりに1~2滴のアボカドオイルを両手で軽く温めてから顔全体をパックするように広げましょう。
アボカドオイルには高い保湿効果があるので潤うこと間違いなしです。
少しベタつきが気になる方は美容液に混ぜて使うのも良いですね。

これから乾燥する季節は肘やカカトのカサつきも気になりますが、高い保湿効果があるアボカドオイルをカサつきがひどいところに塗ったり、マッサージオイルとして保湿ケアと一緒にマッサージも行うことも出来ます。

そして、肌の次は髪や頭皮のケアにも使ってみましょう
洗い流さないトリートメントのように、洗髪後に水気を取ったら、500円玉大程度アボカドオイルを手に取って手のひらで軽く温めてたら毛先などの痛みが気になる部分を中心に馴染ませます。
これを行っていると、その後のドライヤーでの熱ダメージからも保護してくれます。

シャンプー前には500円玉大程度のアボカドオイルを手のひらで温めて頭皮に馴染ませます。
指の腹で2~3分程度優しくマッサージしましょう。
冬は特に皮脂が毛穴に固まって残りがちなので、毛穴の汚れを取って髪に栄養が届きやすい環境を作ってあげましょう。

まとめ~体の内にも外にも!余す所無くアボカドオイルを使っちゃおう!~

4169aae2d63070078f6f180b4e49bf62_s_R

幅広い使い方が出来るアボカドオイルは内にも外にも嬉しい効果がたくさんありました。
使いこなしたらあっという間に一本を使い切ってしまいそうですが、なかなか減ることがなくても開封後は3ヶ月前後までには使い切りましょう。
一度開封すると徐々に酸化して効果が減ってしまうので、高い効果が得られるうちに使い切りましょう。
保存場所にはオイルが低温で固まらないよう、常温で保存するのが良いですね。

また肌に合わなかったり、アレルギーがある方は無理に使用しないで下さいね。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る