話題のダイエットサプリ!?甘草グラボノイドって何?効果はいかほど?

冬は食べ過ぎ・飲み過ぎでつい太ってしまいがちな季節。
でも今年こそは痩せると意気込んでいる人も多いでしょう。
そんな頑張っている人にオススメダイエットサプリがありました。
気になるサプリ・効果はどのようなものなのでしょうか。

漢方としては昔から親しまれている甘草の由来成分 甘草グラボノイドとは?

Mandarin calligraphy script on rice paper describing acupuncture chinese medicine as a traditional  and effective medical solution.

 

昔から食されてきた甘草は欧米ではリコリスとの呼び名もあり、甘草エキスや粉末は甘味料として用いられていたりお菓子作りに使われています。
日本でも醤油の甘味料として活用されていて名前は聞いたことがなくてに口にしていることもあるでしょう。
そして根を乾燥させて作る生薬は、中国から伝来した医学を日本が独自に発展させた漢方でも多く利用され、日本国内で発売されている漢方薬の約7割に甘草は用いられています。

そして甘草グラボノイドは、その甘草の根茎から抽出された「グラブジリン」という成分を配合し、脂肪を分解促進・合成抑制の効果が得られる話題のダイエットサプリです。
現在グラボノイドは機能性食品素材として、いくつかのサプリメントメーカーから製品化されています。

体重や体脂肪が明らかに下がった?!ダイエット効果はどんなもの?

DW-2_R

ダイエットと言っても腸を整えて効果を得るものや、摂取カロリーを抑えるダイエット、痩せるだけではなく美容にも効果が得られるダイエット食品など様々なものがあ
りますが、甘草グラボノイドの効果は明確なものになっています。

「皮下脂肪・内臓脂肪を抑える」これが甘草グラボノイドの効果です。

この分かりやすい効果から今までダイエットサプリに興味がなかった男性も飲んでみようか?と手に取ることが増えました。

そして、甘草由来のグラブジリンを含むダイエットサプリメントを継続して飲んだ結果BMIの増加を抑制したり、体脂肪の増加を抑制したという実験結果も報告されています。

歳を重ねるにつれ体型が変わってきた男性の皮下脂肪を減らすだけではなく、日々のアルコールでついてしまった脂肪肝にも効果があります。

見た目が変わるダイエットではなく、内側から体を変える事が出来るダイエットサプリメントの効果は人によっては効果が得られるものでもないようです。
何故なのでしょうか?

運動しなければ効果は出ない 上手な摂り入れ方は?

DW-3_R

甘草グラボノイドは基本的には運動して脂肪を燃焼させるという事が前提としているのでサプリを飲めば何もしなくても痩せるというものではありません。
食事の調整だけで痩せることを考えている人には向いていないサプリメントなのです。

ウォーキングやランニングなどの運動を行って痩せようとする人が、脂肪燃焼を後押しするものとして摂り入れるのには嬉しい効果が得られます。
今まで通り運動を続けていても、体重・BMIが下がりにくくなってきた停滞期に運動量を増やさずに脂肪を燃えやすくするのには甘草グラボノイドは適していますね

若い女性がダイエットと一緒に美容効果も得られるサプリと言うよりは、年齢層が高く内臓脂肪・BMIが高い人が日頃の運動と共に飲むサプリメントです。
主な対象者は正常高値及び肥満1度(BMI24以上30未満)の成人です。

運動をする暇がないから向いてないなと感じた方、仕事帰り最寄りの駅より一駅手前で降りて歩いて帰るのも毎日コツコツと続ける運動の一つですよ。
その時は歩幅を大きく早歩きで歩くと脂肪燃焼しやすくなるので意識してみてください。

しかし、持病がある・未成年者・妊産婦(これから妊娠予定のある方)・授乳中の方は使用を控えましょう。
そして、飲むときには1日の摂取目安量は守ってくださいね。

まとめ~脂肪燃焼系サプリの甘草グラボノイド 運動と併せて理想の体になろう!~

DW-4_R

毎日頑張る自分を応援してくれる甘草グラボノイドは大きな味方となってくれそうですね。
運動を毎日続けることは根気がないと出来るものではありません。
甘草グラボノイドは毎日飲み続ける分を購入するのなら費用もかかるものなので、もったいなくて無駄にすることが出来なくなる気持ちを逆手に取ってみましょう。
頑張った後に鏡に映る自分がご褒美になるでしょう。
楽しみですね。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る