桜の花エキスは糖化を防ぐ!サプリや化粧品で今注目の成分

「いつまでも若く見られたい!」という気持ちは誰にでもあると思います。
しかし、肌が衰えてシワやたるみなどが目立ってくると年齢以上に老けて見えてしまうことも。
つまり若く綺麗にいるためには、肌の老化を防ぐことがとても重要になってきます。
そこで、今回はアンチエイジングのために最近注目されている桜の花エキスについて紹介したいと思います。

今注目の成分!桜の花エキスとは?

桜の花エキスは、老化の原因を防ぐことができるということから、新しいサプリや化粧品として近年注目を集めだしています。
日本でおなじみの桜は、実は古くから食事に取り入れられていました。
日本には様々な桜の品種がありますが、その中でも食用に適した品種があります。
そういった桜の花を塩漬けにして、桜餅にしたり、お吸い物に入れたりなど、特にお祝いの席などに用いいられることが多いです。
このように日本における食の文化にも桜は欠かせないものでした。

そんな桜の花に、実は老化の原因である「糖化」を防ぐ成分が含まれていることが最近の研究によって分かってきました。

老化の原因は酸化だけではない?知られざる「糖化」とは?

老化の原因として細胞の酸化が挙げられることが多いですが、他にも老化を促進させる大きな要因が存在します。
実は、それが「糖化」です。

人間は様々な活動のために、糖質をエネルギーに変換して使っています。
そのため血液中にはブドウ糖が含まれており、この糖質が体の中にあるタンパク質に反応して結びつくことを糖化といいます。

お米を放っておくと色がくすんで固くなってしまいますよね。
またパンを焼くと狐色に焦げ目がつきますが、実はこれらは糖化によって起こる変化です。

糖化とは、糖質とタンパク質が結びつくことで変質したり劣化してしまうことです。
同じ現象が体で起きると、様々な老化の原因となってしまいます。

細胞の酸化に比べて、糖化の脅威はあまり知られていませんが、実は老化を加速させる大きな原因になっています。
そのため、糖化を予防できるかどうかはアンチエイジングにおいて大きな課題だと言えます。

老化を加速させる美肌の天敵AGEs

糖化によって劣化したタンパク質AGEsと呼ばれ、老化を促進させる原因になっています。
AGEsは分解されにくい物質で、徐々に体の中に溜まっていきます。
蓄積されたAGEsは体内で様々な悪影響を与えてしまいます
特に美肌を保つ上でAGEsは天敵だと言えるでしょう。

若々しい肌を保つためにはコラーゲンとエラスチンが欠かせません。
皮膚には表皮、真皮、皮下組織という3つの層でできています。
そのうちの真皮の約70%がコラーゲンによって構成されています。

コラーゲンはネットのように編まれることで細胞をつなぐ役割をしています。
エラスチンは伸縮性に優れていて、コラーゲンに絡みついて網目状につなぎとめるのを助ける役目をしています。
このようにコラーゲンとエラスチンが内側からしっかり支えてくれることで、肌のハリと弾力が保たれています。

しかしAGEsが真皮層に蓄積されると、コラーゲンやエラスチンを劣化させて本来の働きをできなくしてしまいます。
その結果、肌の老化が進み、ハリや弾力を失ってしまいます。

体は異物であるAGEsを分解しようとコラゲナーゼやエラスターゼと呼ばれる分解酵素を分泌します。
しかしAGEsは分解されにくい物質なので、分解酵素はAGEsよりも正常なコラーゲンやエラスチンまで分解してしまいます。

老化に代表されるシワやたるみといった症状は、真皮層のコラーゲンやエラスチンが正常に機能しなくなってしまうことで、肌のハリや弾力を保てなくなって引き起こされます。
AGEsが蓄積されることで、こういった老化の症状を促進させてしまいます。

桜の花エキスは糖化を抑制してくれる?驚きの美容効果が!

桜の花に含まれる成分は長年研究されていましたが、最近になってアンチエイジング効果が期待できることが分かってきました。
桜の花エキスは、老化を促進させるAGEsの生成を抑制する働きに優れていることが判明したのです。
このように桜の花エキスには、老化の原因である糖化を予防する効果を始め、様々な肌トラブルを改善する美容効果が期待されています。

桜の花エキスの主な美容効果は次の3つです。

・美肌効果
桜の花エキスには抗糖化作用に優れているだけでなく、コラーゲンの生成を促す効果があります。
桜の花エキスはAGEsを抑制しながらコラーゲンを増やす働きがあるので、シワやたるみといった老化を予防して若々しい肌を保ってくれます。

・美白効果
桜の花エキスにはAGEsの抑制だけでなく、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあるので、美白を目指したいという人にもおすすめです。

・抗炎症作用
桜の花エキスには、炎症を抑える効果があり、肌が赤くなったり発疹ができるといった皮膚炎の症状を改善する効果が期待できます。
炎症を抑えてくれるので、化粧品としても安心して使えます。

桜の花エキスで健康に美しくなろう!

長年の研究で、桜の花には様々な効果があることが明らかになりましたが、桜は開花から散るまでの期間が非常に短いため、安定した供給量の確保が難しく、加工品の原料としては不向きだとされていました。
しかし、近年に桜の花からエキスを抽出することに初めて成功し、供給量の問題なども解決されたことで、サプリや化粧品として手軽に取り入れることができるようになりました
抽出されたエキスは、加熱に対する安定性や水溶性の高さから様々な製品に加工できるため、これから桜の花エキスを使用した商品がどんどん増えてくるかもしれません。

糖化は肌の老化以外にも動脈硬化を促進させるため、桜の花エキスの入ったサプリは美容目的だけでなく、健康目的としても注目を集めています。
糖質はエネルギー源として重要な役割をしているので、完全に糖化を防ぐということは難しいですが、桜の花エキスを使えば、糖化による悪影響を予防することが可能です。

いつまでも健康で若々しくいたいと思う人は、アンチエイジング効果に優れた桜の花エキスをぜひ試してみてください。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る