血流改善、成長ホルモン、免疫に保湿。スーパーアミノ酸アルギニンの効果がヤバイ

i-031

最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン
成長ホルモンの分泌を促進するため、筋力強化に効果があります。
そういえば筆者が毎朝飲んでいるプロティンにも入ってます、アルギニン。

アミノ酸とタンパク質

アルギニンの説明をするにはまずタンパク質の話をしなければいけません。
なぜなら、人の身体の20%はタンパク質でできているから。

そして、人間はタンパク質を合成したり分解したりして新陳代謝を行って生きています。
そんなタンパク質を構成する最小単位が、アルギニンを含むアミノ酸なのです。

そうです、タンパク質はアミノ酸でできているのです。

人体を構成するアミノ酸には20種類あって、その内9種類は体内で合成することができないため外から取り入れるしかありません。
この9種類を必須アミノ酸といいます。

アルギニンは必須アミノ酸の9種類には入っていないのですが、実は子どもの頃はアルギニンを合成することができないのです。

成長ホルモンの分泌を促進するアミノ酸を成長期に合成できないとはなんたる不条理!

なのでアルギニンは準必須アミノ酸と呼ばれています。
はい、ここまでが予備知識です。

アルギニンの役割・効果・持つ力

鶏肉、大豆、エビ、ニンニクなどに多く含まれるアルギニンですが、どんな効果を持っているのか、ここから本題に入っていきます。

成長ホルモンの分泌を促進する

i-058

一番最初にも述べましたが、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促します。
成長ホルモンとは何も成長期の子どもにだけ必要なものではなく、大人の身体にも大切な役割を担います。

成長ホルモンの分泌は10代がピークで、あとは年々下降の一途です。
成長ホルモンが不足すると体脂肪が増加したり、筋力が低下したり、免疫力が下がってきます。
ほら、これら全て老化とリンクしていると思いませんか?

20代後半になると誰でも基礎代謝が落ち、体脂肪が増えます。
免疫力の低下から様々な病気のリスクが加齢とともに高まります。

これら全て成長ホルモンの分泌量と密接な関わりがあると考えられています。

ちなみに成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸は、アルギニンの他にもオルニチン、トリプトファン、グリシン、チロシンなどがあります。

免疫力を高める

アルギニンは免疫細胞を活性化させます。
マクロファージという名前で白血球の一種です。

さらに細胞の増殖、組織修復に欠かせないポリアミンという物質を合成し、傷の治癒にも重要な役割を担います。

手術後の感染症リスクを下げるためにアルギニン配合の輸液が使われていたりと、身体の防御力を上げる効果を持ったアミノ酸ということになります。

アンモニアを解毒する→疲労感抑制

血中アンモニア濃度が上がると疲れを感じるのですが、運動による血中アンモニア濃度の上昇が、アルギニンとグルタミン酸を飲むことで抑制できるということが実験で実証されました。
アルギニンが運動による疲労感を抑制してくれると考えられるわけです。

血流を改善する

アルギニンを静脈に注射すると血圧が下がるという実験結果があります。
なぜなら、アルギニンは体内で一酸化窒素を作るからです。
一酸化窒素は血管を広げる働きをするので、血流がスムースになり血流がサラサラになるという効果があります。
血液がサラサラになるとうことは動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの血液の流れが悪くなることによって起こる病気の予防につながるのではないかと期待されています。

保湿、お肌の再生

お肌の表面、角質層に潤いが足りないと肌荒れを感じますが、アルギニンには角質層を保湿する効果があります。
角質層の水分を保湿する機能をNMFと呼びますが、このNMFの40%がアミノ酸でできていることが大きな要因であると考えられます。

アルギニンとシトルリン、サプリメントの選び方

アルギニンとシトルリンは密接な関連があります。
シトルリンはアルギニンに変換されるからです。

私たちの身体は代謝という名前の化学変化を常に起こしていて、シトルリンはアルギニンに変換されたり、またアルギニンがオルニチンと尿素に別れるとともにシトルリンができたりします。

シトルリンを摂取していればアルギニンを取る必要はないと考えている人も多いようですが、シトルリンから変換されるアルギニンだけではやはり不十分であると考えられますので、可能であればアルギニン、シトルリンを両方摂取することが望ましいでしょう。

アルギニンのサプリメントを選ぶ際は「L-アルギニン」と表記のあるものを選びましょう。

違いは何だ?という疑問がよくあがるL-の有無ですが、自然界のアミノ酸は全てL-体ですので、ただのアルギニンよりL-アルギニンという表記のほうがより自然に近く優しい働きをすると考えられるからです。

アルギニンサプリメントの商品一覧はこちら


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. i-019
    女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. i-022
    健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. i-031
    最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. i-030
    ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. i-050
    「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る