こんな悩みにも乳酸菌?その2 カビ取り、カンジタ、乾燥肌へのはたらきについて

乳酸菌は「体に良い」というイメージが強くあります。

免疫力を高める効果があることから、風邪やインフルエンザ、そして様々なウイルスから体を守ることができます。

乳酸菌は体を守ることだけではなく、色々な場面で効果を発揮します。

体にやさしい乳酸菌入りカビ取り剤。乳酸菌でなぜカビが落ちる?

特に小さな子どもがいる家庭では、カビ取りに使用するカビ取り剤を使用する事に抵抗を感じる事もあるでしょう。

カビ取り剤は塩素系のものが多く、臭いが強いことから万が一子どもが口にしてしまったらと思うと不安でなりません。

それでもカビをきちんと取り、綺麗なお風呂を使用したいものです。

実は乳酸菌が持つ力でカビ取りができる商品が話題になっています。

サンデーペイント株式会社が乳酸菌を使用したカビ取り剤を発売しています。

サンデーペイント株式会社はホームセンターなどで販売されている家庭用の塗料を扱っている会社です。

サンデーペイント株式会社の乳酸菌研究によると、乳酸菌にはカビ菌を殺して繁殖を抑えることが出来るだけではなく、ぬめりを分解する働きがあるということが判明しました。

乳酸菌を使用していますので刺激臭がないこと、そして弱酸性ですのでビニール手袋を使う必要がありません。

万が一衣類に付いたとしても脱色しないので安全なカビ取り剤です。

ですから小さな子どもがいる家庭でも不安を感じる必要がなくカビ取りができるようになっています。

再発したくないなら乳酸菌でカンジダ治療!

i-143

カンジダ膣炎の症状はおりものの異常、外陰部や膣内に痒みがあります。

膣内は弱酸性で細菌が必要以上に繁殖できないようになっているのですが、それがアルカリ性に傾いたとしても、酸性に偏りすぎたとしてもカンジダ菌は繁殖をします。

カンジダは酸性の環境を好みますので、生理前に膣内が酸性に偏ってしまうことから繁殖を始めてしまいます。

それだけではなく疲労やストレス、体調の変化によって膣内がアルカリ性に傾いてしまうと、体に有害な細菌を退治してくれる善玉乳酸菌は生きることが出来ずにカンジダ菌が繁殖してしまう環境を作ることになります。

カンジダ膣炎を発症しやすい人は、カンジダ菌にとってとても有利な環境を作ってしまうということが多いということになります。

治療をしても再発してしまうと、再び病院に行かなければなりません。

苦痛に感じる人が多いはずです。

カンジダの繁殖を抑えるのに有効なのは乳酸菌です。
乳酸菌を摂ることで膣内を弱酸性にしますのでカンジダ菌から守ってくれる効果があります。

栄養の吸収を司っているのは腸になります。

乳酸菌を摂取することで善玉菌を増やして悪玉菌よりも優位になることができれば腸内環境は良い状態になります。

腸内環境が良くなると栄養、ビタミンなどの吸収が促進されて免疫システムがスムーズになります。

ここからカンジダなどの細菌に勝つことが出来る体を作ることが出来ます。

乳酸菌を摂取するのに代表的なのがヨーグルトを食べること。
そして乳酸菌サプリメントを摂取することがあります。

もし毎日ヨーグルトを食べることが難しいという人には乳酸菌サプリメントからの摂取がおすすめです。

乳酸菌のサプリメントにはダイエットに効果があるものや便秘に効果があるものと種類は色々あります。

カンジダ膣炎の治療、そして予防を目的として摂取する場合にはその目的に合った乳酸菌を選ばなければなりません。

カンジダ質炎に有効な乳酸菌は「ラクトバチルス・ラムノーサス菌」「ラクトバチルス・Lロイテリ菌」というものになります。

乾燥肌とサヨナラ!乳酸菌で腸力を高める

i-133

乾燥肌、肌荒れで悩む人は多いことでしょう。
乾燥が原因で吹き出物、ニキビが出来ることがあります。
それだけではなくシワやくすみという肌トラブルにもつながってしまいます。

乾燥肌、肌荒れには原因があります。
外的な理由としては紫外線や空気の乾燥が挙げられますが実は腸内環境が悪化するという原因がほとんどになっています。

腸内が悪化する理由は色々あります。
例えば出産で腸内環境が悪化することもありますし、暴飲や暴食が理由で腸内環境が悪化することもあります。

どのような理由であるにせよ、腸内環境が悪化すると修復作業を行うことができる「マクロファージ」が弱くなってしまいます。

腸の表面は有害物質が体に入らないようになっているのですが、マクロファージが弱くなることでその働きが破壊されてしまい、有害物質が体に吸収されます。

このことから皮膚の表面の傷みが進んで炎症を起こしやすくなってしまいます。

腸内環境を正常な状態にするために活躍するのが乳酸菌のパワーです。
乳酸菌で腸内環境を整えるということがおすすめです。

乳酸菌は善玉菌を増やして悪玉菌の増殖を抑える働きを持っています。

乳酸菌を含む食べ物、そして乳酸菌サプリメントを利用して腸内環境を正常にすることが大切です。

最近では乳酸菌を配合した化粧品が販売されています。

乳酸菌を配合したスキンケア商品は保湿効果が高くなっています。
例えばヤクルトが開発するヤクルト化粧品からは乳酸菌配合の化粧品が販売されています。

ミルクを乳酸菌で発酵させて得られる保湿成分「乳酸菌はっ酵エキス」がたっぷりと含まれている化粧品になっています。

これはヤクルト独自の保湿成分で、肌に水分を与えて潤いを保つことができるだけではなく、肌をしっかりと保護する働きを持っています。

肌には水分を保とうとする「天然保湿因子」と呼ばれている潤い成分がありますが、乳酸菌はっ酵エキスは天然保湿因子とよく似ている成分になりますので肌なじみがよく、肌のすみずみまでしっかりと浸透して潤いを保つことができるんですよ。

なぜヤクルトが乳酸菌を利用して化粧品を販売するようになったのでしょうか。

それはヤクルトがまだ瓶で販売されていた頃、回収した瓶は人が手作業で洗っていました。

本来、毎日長時間の水仕事になりますので手あれが気になるはずです。

ところが手あれで悩むどころか、洗っていた人たちの手は驚くほどになめらかなものでした。

理由は乳酸菌が作り出す潤いの成分が肌をしっかりと守っていたためだからです。

これがヒントで化粧品が誕生したんですよ。

まとめ~乳酸菌の意外なパワーに驚き~

腸内環境を整えることができる乳酸菌は体内の状態を良くするだけではなく、肌の状態を安定することが出来る、そして生活の場でも活躍する優れた存在であることが理解できます。

これまで乳酸菌と言えば口から摂取するものしかないというイメージがありましたが、まさかそれがカビ取りに使用されていたり女性が毎日使用している化粧品にまで使用されているというのには大変驚きました。

乳酸菌を使用した商品で多くの人々に喜ばれている、そして安心して使用されているということを今回初めて知り、乳酸菌のパワーがどれだけ素晴らしいものなのかを発見できました。

乳酸菌から美しい肌を作ることが出来るというのは女性にとって嬉しい結果となるでしょう。

肌も腸内も美しく保ちたいですね。

肌も腸内も美しく保ってくれる乳酸菌はこちら


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る