ヨーグルトはカロリーが心配…ダイエット目的で摂る乳酸菌はサプリメントがおすすめ

ダイエットをしたいけれど失敗はしたくない。
そこで効果があるダイエットがあれば取り組むのに苦痛には感じないでしょう。

実は腸内環境を整える効果がある乳酸菌でダイエットの効果を得られます。

なぜ乳酸菌でダイエットができるのか?そのメカニズム

ダイエットのために食事を抜いたり炭水化物を摂取せずに体重の減少を目的にしたダイエット法に取り組む人がいますが、実はこの偏った食事というのは腸内の環境を悪化させてしまうダイエットになってしまいます。

食事を抜く、炭水化物を摂取しないという方法は最初は体重が減少しますがすぐに結果が出なくなり、反対に体重を増加させることもあります。

ダイエットを目的とした食生活が原因で便秘になることがあり、便秘になると腸内に悪玉菌が増殖して腸内に余った脂肪の吸収を行ったり腸に老廃物が溜まった
状態
になってしまいます。

腸が老廃物を吸収すると肌荒れを起こす可能性もあります。

これでは腸内環境を悪化させてしまってダイエットに成功することができません。

ダイエットを成功させるためにはバランスの良い食事をして腸内の環境を整えるということが大切になります。

また便秘にならないでダイエットに効果的な方法としては腸内に善玉菌を増やしてあげるということが必要です。

悪玉菌が増えることが便秘になってしまいますので、悪玉菌を増殖させないことを一番に考えた食事をすることが大切になってきます。

この善玉菌を腸に増やす方法としては乳酸菌を多く含んだ食品を食べるということがおすすめです。

乳酸菌は腸内で悪玉菌の活動を鈍くすることができる「酸」を作って善玉菌の活動を活発にしてくれるものです。

乳酸菌が作り出す「酸」は、腸内の排便を促す蠕動(ぜんどう)運動を活発にさせて便秘を防いだり、乳酸菌には脂肪分を分解する力がありますのでダイエットにとても効果的になります。

ダイエットを成功させるには毎日の食生活の改善はもちろんのこと、乳酸菌の摂取がおすすめです。

食生活の改善に最適な乳酸菌サプリメントはこちら>>

ヨーグルトのカロリーはこんなにある!ヨーグルトとサプリのカロリー比較

i-142

ダイエットに効果的なのは腸内環境を整えるということがあります。
このことから乳酸菌摂取を心掛けることでしょう。

乳酸菌といえば「ヨーグルト」というイメージが強いことからヨーグルトの摂取を考える人もいますが、気になるのはカロリーです。

腸内環境を整えるために乳酸菌を摂取する方法でヨーグルトを食べることは良いのですが、果たしてヨーグルトのカロリーは一体どれくらいなのでしょうか。

1日に摂取をしたいヨーグルトの量は200グラムです。
ヨーグルト100グラムの中に含まれている乳酸菌は製品によって異なりますがおよそ100億個です。

200グラムを食べることで1日に必要な乳酸菌の量が摂取できるということになります。

ヨーグルトはスーパーで販売されていますのですぐ購入することができるものですが、それぞれのメーカーのヨーグルトのカロリーを見てみると

明治ブルガリアヨーグルトプレーンは200グラムあたり124カロリー、
ビヒダスヨーグルトは200グラムあたり130キロカロリー、
ナチュレ恵は200グラムあたら126キロカロリーと1日あたり120キロカロリー
から150キロカロリーを余分に摂ることになります。

でも乳酸菌を摂取して腸内環境をきちんと整え、ダイエット成功に導きたいものです。

そこでカロリーを気にせずにダイエットを進めるのに、おすすめなのが乳酸菌サプリメントです。

乳酸菌サプリメントでもオリゴ糖が含まれているものならば、カロリーを追加することなくオリゴ糖も合わせて摂取することができるものになっています。

例えば久光製薬の「乳酸菌EC-12」は1袋2.4カロリー、「活き活き乳酸菌」は1粒あたり約2カロリー、「善玉菌のチカラ」は1粒あたり0.8カロリーとなっています。

乳酸菌サプリメントにもよりますが、サプリメント数粒で5000億個の乳酸菌を摂取できます。

カロリーを気にせず大量の乳酸菌を摂取することができることになります。

◆カロリーを気にせず摂れる安心の乳酸菌サプリメントはこちら>>

ダイエット目的におすすめのサプリメント

i-095

腸内環境の悪化が原因で、代謝を回復することが目的の乳酸菌ダイエットを取り組むうえで乳酸菌サプリメントの摂取を検討することがあります。

乳酸菌サプリメントは免疫力向上、腸内環境を整える、アレルギーに効果があるものなどといった様々な目的に分かれています。

その中でもダイエットの効果を得られることで人気のサプリメントがあります。

まず善玉菌のチカラはカスピ海ヨーグルトの乳酸菌をカプセルにしたサプリメントになります。
乳酸菌の数は1粒あたり10億個以上もあり、便秘やダイエットを目的としている人におすすめのサプリメントになります。

また日本人に不足しがちなカルシウムが70mg入っています。

カスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌「クレモリス菌FC株」は、乳酸をつくる働きがあるのにもかかわらず乳酸が苦手だという特徴があります。

このことからクレモリス菌だけでヨーグルトを作ったとしても、クレモリス菌が作り出した乳酸で菌が死滅してしまいます。

ところがカスピ海ヨーグルトの中には「アセトバクター菌」が含まれていますが、この菌が含まれていることによってクレモリス菌が作りすぎてしまった乳酸を減らすことができるようになっています。
ヨーグルトの中でバランスがよい状態でクレモリス菌が生き残ることが出来るようになっています。

また、生きたまま大腸まで届くという力強い乳酸菌になっていますので腸内の環境を自然に綺麗な状態にしてくれるものになります。

そして乳酸菌EC-12は生きて腸まで届く乳酸菌、オリゴ糖が配合されています。
1袋あたりの乳酸菌の数は1兆個以上になっています。

乳酸菌は生きた乳酸菌をとるほうが体に良いというイメージがありますが、実は生菌の多くは胃の消化液で殺菌されてしまい、多くが死滅します。
このことから有効な働きをするまでに至りません。

しかしEC-12は、高度な加熱処理を行った死菌を使用しています。
酸菌のほとんどが消化、分解されることなく腸にまでしっかりと届いて善玉菌の効果をサポートしてくれるものになっています。

さらに「ミルクオリゴ糖」というオリゴ糖が配合されています。
これは胃酸の影響を受けないで腸に届くことができ、腸内で働く善玉菌の栄養分となってくれるものになります。

いずれも「飲みやすい」として評判高いサプリメントとなっています。
また、便秘が解消されることで朝からスッキリとした生活を送ることが出来る、旅行に行っても快適な時間を送ることが出来るということになります。

◆ダイエットにおすすめの乳酸菌サプリメントはこちら>>

まとめ~口コミで人気の乳酸菌サプリメント~

i-273

数ある乳酸菌サプリメントにはそれぞれ得意とするものがあります。
免疫力を高めるサプリメント、花粉症の症状を軽減できるサプリメント、便秘や下痢の改善効果が高いサプリメント、そしてダイエット成分を摂取することができるサプリメント。

いずれのサプリメントを選んでも一定の効果があります。
ただ作用の高い乳酸菌を選択することで、その効果をさらに実感することができます。

例えばEC-12」であれば顆粒タイプの水なしで飲むことが出来るのでとても簡単になっています。

善玉菌のチカラ」はカプセルタイプになっていますので水と合わせて飲むことがおすすめです。

後は飲む人の好みでカプセルタイプのものか粉末状のものかによっても選ぶサプリメントが違ってくるでしょう。

◆口コミで人気の乳酸菌サプリメントはこちら>>


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る