花粉症に朗報!アレルギーと戦う乳酸菌のメカニズム

乳酸菌は免疫力を向上させる、便秘が解消されるという効果を発揮しますが、実はアレルギーにも効果があるということで今では多くの人たちが乳酸菌を摂取するようになっていますね。

また、これから乳酸菌の摂取を考えている人も多いことでしょう。

では乳酸菌が便秘解消や免疫力向上以外にどのような効果を発揮してくれるのでしょうか。

乳酸菌がアレルギーを寛解させるメカニズム

i-242

アレルギーの症状を起こしにくくするために必要なのは腸から粘液に分泌される「IgA抗体」を増やすことです。

このIgA抗体は花粉、たんぱく質などといったアレルギー物質が体に吸収されるのを抑える働きを持っているんですよ。

例えば花粉症であれば、花粉は最初に鼻の粘液で捕らえます。
この時にIgA抗体抗体が花粉を捕まえて症状を起こさずに体外に運ぶという役割をします。

IgA抗体が多ければ多いほどアレルギーを起こしにくいということになります。

そして私たちが持っている抗体にはIgE抗体というものもあります。

これが私たちを悩ませるアレルギー症状の原因になるのですよ。

花粉症が起こる状態をを簡単にまとめると以下のようになります。

これは何とかしたいものですね。

そこで乳酸菌が活躍をしてくれるのですよ。

乳酸菌はヘルパーT細胞のバランスを整えることで、免疫の誤った認識をさせないようにしてIgE抗体を増やさないようにする働きをします。

IgE抗体は体内の寄生虫の感染を防止するために必要な抗体ですので全て悪い抗体ということではありませんが、腸内の免疫システムのバランスを整えて、適度な量に保つことが大切です。

このことから免疫バランスを整えることができる乳酸菌が必要となってきます。

乳酸菌サプリメントの中には免疫バランスを整えることが出来るとして販売されているものが複数あります。

例えば

などが免疫バランスを整える効果を得られるサプリメントになっていますよ。

アレルギーを寛解させる乳酸菌はこちら

花粉症に効果がでるように乳酸菌を取るには?

i-137

春先は花粉症が気になる季節です。
かなり多くの人がこの花粉症でつらい日々を送るのではないでしょうか。

これまで花粉症になったことがないという人でも、いきなり花粉症の症状が現れることがありますので油断できませんね。

花粉症で悩んでいる人は「スギやヒノキの花粉が原因で」と思っているのではないでしょうか。

ところが花粉症はスギ、ヒノキなどの花粉が飛び交うために発症するものではありません。

実は体の免疫システムが強く反応することで起こる症状になっています。
体の中に異物が入ると、それを押し出す作用が起こります。

もしたくさんの花粉を体に摂り入れてしまうと飽和します。
これが原因でくしゃみや鼻水といった症状が出るということになるのですよ。

花粉症の症状が出た人は病院に行ったりドラッグストアなどで鼻スプレーや薬を購入したり、外出する際にはマスクを付けるなどという対策を取るでしょう。
まずはこれらの方法が頭に浮かびますね。

ところが乳酸菌を摂取することで花粉に対する免疫システムを正常化できる働きを発揮することができます。

乳酸菌はヨーグルトに含まれているだけではありません。
実は味噌や醤油、漬物やチーズにも含まれています。

乳酸菌は乳糖、ブドウ糖などの種類を栄養分として増えていく段階でたくさんの乳酸を作り出し、エネルギーを生む菌になります。

花粉症に効果がある乳酸菌は

です。

①のフェカリス菌はもともと人間の体内に存在している乳酸菌の一種です。
このフェカリス菌は加熱殺菌処理をした死菌をヨーグルトなどに含んで製品を販売するのですよ。

②のL―55乳酸菌は胃酸の耐える力がとても強い乳酸菌で腸内環境を整える作用があります。
有害菌を抑制したり腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にする働きを持っています。

③のLGG乳酸菌は花粉症予防に効果がある乳酸菌です。
胃酸、胆汁で死滅することなく大腸に届くという特徴を持っているのですよ。

④ビフィズス菌は糖を食べて乳酸、酢酸などを作り出す微生物になります。

乳酸菌が含まれている製品、サプリメントは毎日食べるということを習慣づけて、ある程度の期間続けることで効果が期待できるものになっています。

少なくても花粉発症の1か月前から毎日摂るということが大切です!

乳酸菌の摂取が花粉症に効果があるとはいえ、即効性はありません。
このことからあらかじめ乳酸菌を取り入れておくということが必要になるのですよ。

毎日楽に摂れる乳酸菌サプリメントはこちら

アレルギーや花粉症に効果があるとされている乳酸菌株

i-138

私たちの体の中にウイルスが侵入すると免疫細胞が働いて体を守ってくれます。

その働きをしているのが白血球の存在になります。

白血球の数値が低くなると免疫力が低下します。
そして免疫力が低下するとウイルスに感染しやすくなってしまい、体調を崩すことにつながります。

白血球の中には「Th1細胞」、「Th2細胞」があります。
この2つの細胞が、実はアレルギーを引き起こす原因になっているんです。
本来この2つの細胞はバランスが取れていますが、Th2細胞のほうが多くなるとアレルギー反応を起こしてしまうのですよ。

このアレルギーの1つに花粉症があります。

もし「Th1細胞」、「Th2細胞」のバランスが取れていなければ花粉症でつらい日々を送るということになってしまいますね。

花粉症の症状は人により様々ですが体質改善をしたいと考えてる人は多いことでしょう。

そこで注目されているのが体質改善の効果を持つ乳酸菌なのです。

乳酸菌と言えば「ビフィズス菌」のイメージがありますね。

そしてビフィズス菌と聞いて想像するのはヨーグルトでしょう。
もしヨーグルトを食べ乳酸菌を摂取する場合には、免疫系のバランスを整えて正常なバランスに保つということが必要になります。

実は乳酸菌にはたくさんの種類があります。
その中の複数の菌がアレルギーの改善に繋がる結果を得られるのですよ。

アレルギー症状の改善は増加するTh2細胞を減らすか、Th1細胞を増やすかのいずれかです。

そこでアレルギーや花粉症に効果があるとされている乳酸菌として注目されているのは

です。

「乳酸菌KW3110株」は白血球のTh1細胞、Th2細胞のバランスを整える働きを持っています。
つまり花粉症やアトピー性皮膚炎に効果がある乳酸菌になります。

しかも胃酸で死滅しない乳酸菌ですので、生きたまま腸に届くことができるのですよ。

そして「L-55乳酸菌」はアトピー性皮膚炎や花粉症だけではなく、腸内環境を整えることができる乳酸菌です。

この菌も胃酸に強く、胃への生存性が100パーセントという結果が出ていますので期待できますね。

これらの乳酸菌が含まれているサプリメントや製品が販売されており、注目を集めていますよ。

例えば

があります。

「ノアレ」にはKW乳酸菌が含まれていて、サプリメントになっています。

そしてL-55乳酸菌は乳製品から摂取できるようになっていて「L-55生乳ヨーグルト」が販売されていますよ。

まとめ~即効性はないものの継続して摂取することが大事~

i-228

花粉症などのアレルギーに効果がある乳酸菌ですが、乳酸菌はすぐに効果を発揮するものではありません。
それは多くの人が食べているヨーグルト、乳酸菌サプリメントでも同じです。

「継続は力なり!」で毎日摂取することが、花粉症の症状、アレルギーの症状を改善することができることでしょう。

毎日摂取することを習慣づけることが大切ですね!

毎日続けられる乳酸菌サプリメントはこちら


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る