森下仁丹、カルピス、ヤクルトにも!人気の乳酸菌サプリメントを比較してみた

乳酸菌を生活に取り入れて、腸の健康や免疫力を高めようと考えたとき、摂取方法はヨーグルトなどの食品から、と考える人が多いのではないでしょうか。

しかし最近では手軽に乳酸菌サプリメントを利用する人も増えています!

ヨーグルトなどの食品は毎日摂取するのが大変なので、サプリメントに注目が集まっているのです。

今回は森下仁丹、カルピス、ヤクルトなど、各乳酸菌サプリメントを紹介していきます。

生きた乳酸菌を腸まで届ける森下仁丹のビフィーナ

i-122

森下仁丹のビフィーナ」は、誕生してから20年が経過したサプリメント。

1包にビフィズス菌は50億個
乳酸菌は10億個含まれています。

「ハイパープロテクトカプセル」という技術を使って、ビフィーナはビフィズス菌を腸まで届けて、腸内の働きを最大限に発揮できるという独自の配合が特徴。

実はビフィズス菌というのは、胃酸に弱いもの。
ビフィーナはビフィズス菌の弱点を補い、腸までしっかり乳酸菌を届けることができます。

生きたまま腸まで届くビフィズス菌の数なんと50億個
驚愕の数字だと思いませんか?

ハイパープロテクトカプセル技術によって、ビフィズス菌の生存率約90%以上!

またビフィーナには、乳酸菌の働きを促進することができるオリゴ糖も配合されていますから、ビフィズス菌のパワーにさらに期待を持つことができます。

ちなみにビフィーナの愛用者は1993年~2013年末までに、販売累計79万人にものぼります。

売上も17年連続ナンバーワン!

販売実績が812万個を突破していることも、素晴らしい商品である証明ですね。

ビフィーナSの詳細はこちら>>

アレルギーの人でも安心な乳酸菌、アレルケア

i-123

カルピス社が生んだ乳酸菌サプリメントといえば、「アレルケア

乳酸菌には豊富な種類がありますが、アレルケアに配合されている乳酸菌は「L-92」といって、体のバランスを整える乳酸菌です。

最近悩んでいる人も多い花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状に効果があります

花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の人がL-92を摂取すると、2か月程度でそれぞれの症状が改善されたという研究結果が出ています。

しかしL-92は食品から摂取するのはむずかしいので、乳酸菌サプリメントでの摂取がおすすめです!

そこでL-92が摂取できるアレルケアはアレルギーのお悩みにピッタリ!

アレルケアはアレルゲンフリーの製品になっていますし、一般的なアレルゲンに対し問題がないことがしっかりと確認されています。

これなら安心して飲むことができますよね。

ちなみにアレルケアは1日たった2粒!
負担なく飲み続けることができる点からもおすすめです

7つもの乳酸菌を配合しているミロードの生命の乳酸菌

i-124

乳酸菌の口コミランキングでは常に1位を獲得しているサプリメント。
それは「生命の乳酸菌7選」!

生命の乳酸菌7選には、熱に強い7つの乳酸菌が配合されています。
しかも胃酸に負けない強い天然の殻につつまれており、腸までしっかり届きます。

7つの乳酸菌

①ラクリス菌
熱に強くて加熱処理をしても死滅しない有胞子性乳酸菌。
有胞子性乳酸菌は85度以上であっても死滅しませんし、腸に留まることができる時間が長いという特徴を持っています。

②ナノ乳酸菌
成分がとても小さく、少量でたくさんの乳酸菌を摂取できます。
「エンテロコッカス・フェリカス菌」を乾燥させて凝縮させ、ナノ化した殺菌乳酸菌です。

③K-1乳酸菌
お米から分離をしたラクトバチルスカゼイ菌です。
小腸の腸内菌のバランスを整える働きを持ち、乳酸を生んで悪玉菌の増殖を抑え、ビフィズス菌の増殖を助けるという働きもあります。

④キムチ乳酸菌
キムチ由来の乳酸菌。
キムチの中には「ラクトバチルス」が含まれています。
肌を美しくするという効果を持っている乳酸菌です。

⑤耐熱性ラブレ菌
「すぐき漬け」から発見された植物性乳酸菌の一種。
強い生命力を持っていますので、生きたまま腸に届き、悪玉菌の増殖を抑えて便通をよくする働きが期待されます。

⑥耐熱性ビフィズス菌
最新の技術を利用して耐熱加工処理をした新しいビフィズス菌になります。
ビフィズス菌の効果は便通をよくし、花粉症やアレルギー症状の改善に期待できます。

⑦EC-12菌
とても小さな乳酸菌です。
人の腸管から分離した「エンテロコッカス・フェカリス」を、最新の技術によって耐熱加工処理をし、高密度濃縮をした乳酸菌素材になっています。
耐熱加工処理がされていることで消化や分解されることなく、しっかりと腸にまで届いてビフィズス菌の増加をサポートする働きを持っている乳酸菌。

7種の乳酸菌以外にも、乳酸菌の餌になるオリゴ糖も一緒に配合されているサプリメントなのです。

「生命の乳酸菌7選」には腸にまで届く乳酸菌が1粒の中に約346億個含まれていますので、体中の健康を保つことができるようになりますよ。

生命の乳酸菌の詳細はこちら>>

腸内環境を整えたい人にはカルピスのビオマイン

i-125

カルピス社の微生物研究により発見された、独自の新プロバイオティクス「C-3102株」
これは枯草菌と呼ばれていますが、この枯草菌を配合したのが「ビオマイン」です。

実は枯草菌は日本人にとってもなじみがある乳酸菌で、味噌、醤油のもろみ、納豆菌にも含まれています。

通常のプロバイオティクスはすぐに排出されてしまうのですが、枯草菌は摂取した人がすでに持っている「いい菌」を増やしてくれるという働きを持っているんです。

枯草菌は胃酸にも負けないものになっていて、人工的なカプセルに包むことなく、生きたまま腸まで届くのです。

1粒に枯草菌が8億個配合され、整腸作用を整える効果があるのがビオマインの特徴になります。

ヨーグルトの成分を手軽に取れるフジッコの善玉菌の力

i-126

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌「クレモリス菌FC株」。
カスピ海ヨーグルトは京都大学名誉教授の家森氏がコーカサス地方のグルジアに住む長寿の人が食べていた自家製ヨーグルトを日本に持ち帰ったのが始まりになります。

カスピ海ヨーグルトの中には「アセトバクター菌」という菌が含まれており、それが含まれることでクレモリス菌が作り出しすぎてしまった乳酸を減らすことができるようになっているのです。

クレモリス菌はヨーグルトとしても人気がありますが、生きたまま凍結乾燥して、粉末化したものをカプセルに詰めたサプリメントです。

そのカスピ海ヨーグルトの乳酸菌をサプリメント化したものが「善玉菌のチカラ」になります。

1粒に20億個以上ものカスピ海ヨーグルトの乳酸菌が凝縮されています。
さらに日本人が不足しているといわれているカルシウムが、70mg含まれていますので、不足してしまっている栄養素を簡単に摂取できるようになっているんです。

善玉菌のチカラの詳細はこちら>>

日本人に相性のいいラブレ菌を配合したカゴメのラブレ

i-127

植物性乳酸菌が含まれているのがカゴメの「ラブレ」です。

乳酸菌には動物性乳酸菌、植物性乳酸菌があります。
植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌に比べ、胃酸に負けることなく腸内で生き抜く力が強い乳酸菌です。
植物性乳酸菌の一種「ラブレ菌」は、生きたまま腸まで届き、悪玉菌の増殖を抑えることができることから便通をよくする働きがあります。

それ以外にもガンやエイズなどの大きな病気を予防する働きも持っている乳酸菌です。

ラブレには1粒に100億個の生きたラブレ菌が配合されています。
ちなみにカゴメでは「食後」にラブレを飲むことを推奨しています。

しかしラブレ菌もずっと腸内に留まっていられないことから、毎日飲み続ける週刊をつける必要がありますよ。

ラブレの詳細はこちら>>

体の中に乳酸菌を増やしたいなら花菜の選べる乳酸菌

i-128

花菜の選べる乳酸菌」は、ほかのサプリメントとはちょっと変わった商品です。

まず「すこやか健菌ナノ型」「うつくし美菌500億」のどちらか1種類のタブレットを15日続けて飲みます。
今度はもう1種類のタブレットを15日飲むというように、摂取するタブレットを変えて飲むことが推奨されています。

この飲み方をすることで、腸内環境が常に刺激に満ち、乳酸間が活性化を取り戻すことができます。

・すこやか健菌ナノ型

①植物性ナノ型乳酸菌
腸にいい影響を与えると注目されているエンテロコッカス・フェリカス菌を乾燥させたものを凝縮し、ナノ化させて作られた殺菌乳酸菌。

②有胞子乳酸菌ラクリス
有胞子乳酸菌ラクリスは乳酸菌を増やすための成分です。

③ビフィズス菌
ビフィズス菌は糖を食べて乳酸、酢酸を作り出す微生物。

・うつくし美菌500億

④フェリカス菌EC-12
人間の体内もともと住んでいる乳酸菌の一種です。
このフェリカス菌は加熱殺菌処理された死菌として添加されるものになっています。

⑤植物性ラブレ菌
生きたまま腸まで届いて悪玉菌の増殖を抑えます。

⑥ケフィア菌
善玉菌の餌になり、善玉菌の働きを助ける効果があります。

花菜の選べる乳酸菌を1日摂取することでなんと、3000億から5000億以上の乳酸菌を摂取することができるようになっています。

選べる乳酸菌の詳細はこちら>>

飲みやすい乳酸菌サプリなら乳酸菌(EC-12)

i-129

ブルーベリー味でおいしく摂取できるのが「乳酸菌(EC-12)
乳酸菌EC-12とは「エンテロコッカスフェカリス菌EC-12株」の略称。

そしてEC-12は大きさが特徴の乳酸菌なのです!
なんとヨーグルトに含まれている乳酸菌と比較すると、5分の1ほどの大きさです。

加熱処理をしっかりしているので、サプリメントにするとかなり多くの乳酸菌をしっかり届けることができるのです。

乳酸菌(EC-12)は1袋が1gになっていますが、その中に1兆個の乳酸菌が配合されています。
小さい乳酸菌だからこそできる配合量ですね!

乳酸菌(EC-12)には乳酸菌だけでなく「ミルクオリゴ糖」が配合されていますし、オリゴ糖は胃酸の影響を受けることなく腸に届き、腸内で働く善玉菌の餌になってくれるのです。

乳酸菌(EC-12)の詳細はこちら>>

まとめ~自分の求める効果にあったサプリメントを選ぼう~

i-121

サプリメントは手軽に栄養分を摂取できるとても便利なもの。
乳酸菌サプリメントは、体に優しい成分で生成されていることから、小さな子どもから大人まで生活に取り入れられているものです。
しかし乳酸菌と一口にいっても、豊富な種類が販売されています。

購入する前の重要なポイントは、自分がなにを目的としているのか、そしてなにを求めているのかということをしっかり考えた上で購入すべきです!

例えば、アトピーやアレルギーの改善策を探している人は「アレルケア」。

便秘が気になる人は「乳酸菌(EC-12)」がおすすめ。

あくまでも一例になりますが、目的に合ったものを選び、摂取していきたいですね。

乳酸菌サプリメントの商品一覧はこちら


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る