乳酸菌,種類,効果

乳酸菌ってすごい!

乳酸菌ってすごい!!驚くべき乳酸菌のチカラ【しあわせサプリ】

乳酸菌とは

乳酸菌とは乳酸を多量に作り出す菌の総称のことで、現在発見されているものだけでも数千種類あります。

 

乳酸を生成し嫌気条件下(酸素がない状態)でエネルギーを得るために有機化合物を酸化してアルコールやヨーグルトなどを生成する過程を発酵といい、身体に良い効果を与える微生物の総称を乳酸菌といいます。

 

乳酸菌は善玉菌の代表ともいえる存在で、様々な食品にも含まれています。

 

良く知られているのがヨーグルトで、同じ乳から作られるものにはバターやチーズなどがあります。

 

日本人とは切っても切り離せない味噌や醤油などの調味料にも発酵させて作られているため、乳酸菌が含まれています。

 

他には発酵させて作るお漬物、ぬか漬けやキムチ、日本酒などの酒類、納豆などがあります。

 

乳酸菌の種類

乳酸菌にはいろんな種類が存在します。

 

球型や棒型などによって名前が決まり、それぞれの特徴を持っています。

 

桿菌(バチルス)ー棒状、円筒状をしており主に小腸に生息する乳酸菌です。免疫力をあげたり、ピロリ菌を減らす働きがあるものもいます。

 

ヨーグルトに良く入っている菌種です。

 

球菌(コッカス)ー球体をしている乳酸菌で、免疫力を高め、コレステロールを下げる働きを持っています。小さいのが特徴なので多くの数を一度に摂る事が出来ます。

 

チーズなど酸味の少ない発酵食品に入っています。

 

  • 動物性・・・乳製品などの乳に含まれる
  • 植物性・・・味噌、漬物、しょうゆなどの植物に含まれる

動物性は大きく分けると3種類の乳酸菌があります。

 

 

植物性乳酸菌はタンニンやアルカロイドなどの抗菌物質からも耐える力を持っており、栄養価の少ない厳しい条件下でも生きていく強い力を持っています。

 

そのため、動物性乳酸菌よりも悪条件化で生き延びる強い性質を持っていると言われています。

 

動物性乳酸菌は、栄養が豊富な条件を好むので胃酸や胆汁に負けやすいものが多いと言われていますが、動物性乳酸菌が劣っているというわけではなく、最近ではどんどん新しい菌も開発、発見されています。

 

また、お医者様や医学博士、研究者の中には、乳酸菌に動物性も植物性もないという見方もあります。

 

乳酸と乳酸菌について

乳酸は、運動したときにブドウ糖などのエネルギー源が分解されて発生した物質で乳酸菌とは全く別ものです。

 

発生した乳酸=疲労物質と考えられてきましたが、乳酸は成長ホルモンや代謝を促進する働きがあることや、疲労の原因がFF(ファティーグファクター)というタンパク質であることが分かったため、乳酸は疲労物質ではないという見方が強まっています。

 

乳酸も乳酸菌も私たちの体に良い効果を与えてくれる物質であることに変わりはありません。

 

疲労を回復させるにはイミダゾールペプチドが有効と言われています。

 

乳酸菌の王様ヤクルト

 

 

ヒト由来の乳酸菌とは

最近よく耳にする「ヒト由来の乳酸菌」は、人の腸内にいる乳酸菌を取り出し、培養させ増やしたものです。
元々人の腸内に存在した種類のものですから、身体に摂りいれた時にも、腸に馴染みやすいわけです。

 

なぜ人由来の乳酸菌が良いのか?

 

腸内には乳酸菌、ビフィズス菌含め、100種類以上およそ1000兆個もの微生物が生息しています。
重量は1.5s〜2s程の重さになり、十二指腸から大腸までの広い範囲にわたって生息しています。

 

腸内フローラ内にそれぞれの微生物が生息しており、腸内細菌がそれぞれの場所で、それぞれの決まった働きをしています。
つまり一つ一つの腸内細菌には違った役割があるのです。

体内に住んでいる菌は自分に縄張りを持っています。
新たに体に入ってきた菌を、悪い菌は排出しますが、良い菌も先に住んでいる菌との相性が合わなければ、数日でいずれ体外へ排出されてしまうのです。

 

なので、人由来の乳酸菌を摂りいれることは、元も体内に住んでいた菌を利用していることから腸内になじむ可能性が高いと考えられているのです。

 

 

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌の違い

  性質や働き
乳酸菌 ビフィズス菌
性質 ブドウ糖などの糖質を分解。

50%以上の乳酸を生成。
酸素があってもなくても生存できる通性嫌気性菌

人間の腸内に一番多く存在する善玉菌。

オリゴ糖などの糖質を分解して酢酸や乳酸を生成。
酸素があると生存できない嫌気性菌。

形状
  • 球菌(ラクトコッカス)
  • 桿菌(ラクトバチルス)

  • Y型や枝分かれしている
  • 人間の腸内には6〜7種類存在
腸内に存在する菌数 便1gあたり

1000万〜1億個

便1gあたり

100億〜1000億個

代表的な菌
  • プランタラム
  • ガセリ
  • ラブレ
  • カゼイ
  • ラムノーサス
  • プランタラム
  • アシドフィルス
  • プレビス
  • ヘルベティカス
  • ビフィダム
  • ロングム
  • アドレスセンティス
  • インファンティス
乳酸菌の特徴

乳酸菌ってすごい!!驚くべき乳酸菌のチカラ【しあわせサプリ】

糖を分解して乳酸を作り出します。酸素があっても生育出来る(通性嫌気性)のが特徴で植物や乳製品のほか、人間、動物の体内、植物など幅広い場所に存在します。

 

身体の免疫を司る小腸で働きます。
身体の60%以上の免疫細胞が小腸に集中しているため、とても大切な器官です。

 

小腸に善玉菌を摂りいれたり、良い働きをするように心がけることはとても大切なことなのです。
腸内の善玉菌を増やすには乳酸菌が含まれている食品を摂取することが効果的です。

 

しかし、乳酸菌は一度食べたらお腹の中で住み着いて良い働きをしてくれるか、というとそうではなく、一度摂っただけでは住み着いてくれるわけではありません。

 

これは人が持っている免疫作用によるもので、元々腸内にいる善玉菌が外から入ってきた乳酸菌に対して敵だと認識してしまうためです。
だとすれば、乳酸菌を摂っても意味がないのでは?と思いますが、そうではありません。

 

摂取された乳酸菌が数日間、腸内に滞在する事が出来ますが、その間に腸内にもともと住んでいる善玉菌を活性化させます。
乳酸を生産して、腸内に住んでいる善玉菌と同じ働きを行っているのです。

 

便として排出されるまで、の間だけなので、乳酸菌は毎日摂取する事が必要なのです。

 

ビフィズス菌の特徴

乳酸菌ってすごい!!驚くべき乳酸菌のチカラ【しあわせサプリ】

乳酸と酢酸を作り出す働きがあります。

 

人間や動物の体内に存在しており、人間の体内に最も多く住んでいる善玉菌です。

 

酸素があると生育できない(偏性嫌気性)性質で元々人のお腹にいる菌なので、人間の体に大変適している微生物です。腸内には1兆〜10兆個ものビフィズス菌が住んでいると言われていますが、乳酸菌は10億〜1,000億程度と」ビフィズス菌にははるか及びません。

 

ビフィズス菌は大腸で働きます。
生まれたての赤ちゃんのお腹の中はビフィズス菌であふれています。

 

母乳育ちの赤ちゃんのお腹の9割がビフィズス菌がいっぱいで、様々な病原菌やアクシデントから守っているのです。
この赤ちゃんが持っている菌はお母さんから感染します。

 

赤ちゃんがお腹の中にいるときは無菌状態で羊水の中にいます。
生まれてくるときに産道を通りますが、その時にお母さんが持っている様々な細菌をもらい、赤ちゃんの腸内に入ります。

 

赤ちゃんの腸内に入った細菌はたった24時間という短時間に1000億個にまで増殖させます。
人間の腸内には6〜7種類のビフィズス菌が住んでいますが、母から子へ腸内細菌のパターンは受け継がれる研究結果が出ています。

 

同じ人間でも腸内に住んでいる細菌の種類は異なりますが、母子の腸内細菌を調べたところ7割強が共通したビフィズス菌を持っています。

 

腸内細菌のパターンは一生変わらないと考えられているので生まれてきた子供は母親と同じ腸内環境を持っているのです。
母親が便秘体質や、アレルギー体質を持っている場合は、遺伝ではなく、腸内環境を受け継いでいるのです。

 

乳酸菌の働き

乳酸菌は腸内で乳酸を作り出します。
乳酸を作り出すことによって腸内を酸性にし、悪玉菌の苦手な環境を作る事が出来ます。

 

悪玉菌を増やさないことによって、感染予防にもなるわけです。
乳酸菌にはたくさんの種類が存在していますが、その種類によりそれぞれの働きを持っています。

 

乳酸菌の持つすごいチカラと共に、自分の身体に欲しいと思う乳酸菌を摂りいれていきましょう。

便秘の予防と解消

乳酸菌=便秘解消を思い浮かべる人も多いのでは?
便秘は男性よりも圧倒的に女性に多いと言われています。

 

その割合はなんと日本人女性のおよそ5割もの人が便秘で悩んでいると言われています。
そのうちの7割の人は5日以上も出ないというから驚きですね。

 

逆に男性はというと、便秘よりも下痢で悩んでいる人が多いのです。
便秘も下痢もどちらも腸内環境の悪さによるもの。
腸内環境を良くすることが、改善につながります。

 

 

免疫力強化

最近疲れやすい、中々疲れが取れない・・・そんなことはありませんか?
その疲れ、腸内バランスが崩れているのかもしれません。
人間の免疫力の60%は小腸に集まっています。

 

免疫力とは、身体に入ってきたウイルスなどや、体内で出来た敵と戦ってくれるチカラのことです。
免疫力は免疫細胞と呼ばれるもので、いくつかの細胞とチームになって働いています。

 

免疫細胞について詳しくはこちら>>

 

この免疫力が落ちてしまうと、疲れやすくなったり、すぐ風邪をひいてしまったり、病気になりやすくなってしまうのです。

 

肌荒れ改善

肌荒れも腸内環境と深く関わっています。
悪玉菌が多い人の腸内には腐敗物や老廃物が多く溜まっており、そこから有毒ガスを発生させます。

 

この有毒ガスは腸管を通して体内のあらゆる場所に運ばれ肌荒れの原因となってしまうのです。
つまり肌荒れがひどい人は腸内環境が悪い可能性が高いのです。

 

腸内環境を良くしてあげるには、乳酸菌、ビフィズス菌を摂って善玉菌を増やしてあげることです。

アレルギー症状の改善
免疫力が強すぎるアレルギー症状

 

アレルギー症状とは何かということから説明したいと思います。
体外から入ってきたウイルスや細菌を体内に存在するNK細胞をはじめとする微生物が防御反応をおこします。

 

しかし、この防御反応が過剰になってしまい、本来は敵ではないウイルスや細菌以外に対しても攻撃してしまいます。
この過剰防疫がアレルギー疾患で、原因となるものは様々です。

 

ほこり、ダニ、花粉、食物、薬物など色々あります。
日本人の3人に一人はアレルギー疾患があると言われています。

アトピー性皮膚炎

 

原因も治療法も定かにされていないアトピー性皮膚炎ですが、ステロイド剤塗布などの対処療法を行っていることが多いのが現状です。

 

このアトピー性皮膚炎も乳酸菌、ビフィズス菌を摂って腸内環境を良くすることが改善に繋がります。
乳酸菌の中には抗アトピー性皮膚炎作用があることで認められている乳酸菌があります。

 

名前はラクトバチルス・ラムサノス・GG株という菌でこういう研究結果が出ています。
アレルギー疾患を持っている妊婦さん2人に、行った研究です。

 

一人には赤ちゃんが生まれる前から、産後6か月になるまで、お母さんと赤ちゃんの両方にLGGを摂って貰い、もう一人の人にはプラセボを摂って貰うという方法です。

 

赤ちゃんが2歳になった時に子供のアトピー発症率を見てみると、LGG菌を摂っていた子供のアトピー発症率は23%、プラセボの方の方は46%と約半数がアトピー性皮膚炎を発症するという結果になったのです。

 

このことからLGG菌がアトピーに有効だということが認められています。

花粉症は突然やってくる

 

毎年1月ごろから憂鬱になってくる花粉症。
この花粉症も善玉菌によって花粉症を軽減させることが出来ます。
実際に花粉症に有効な乳酸菌も存在します。

 

免疫力は腸内バランスが整っていれば、身体を良い状態に保つことが出来ますが、腸内バランスが崩れてしまうと身体に影響が出てしまいます。

 

免疫力が下がってしまうと、抵抗力がなくなり風邪をひきやすくなったり、疲れやすい、病気にかかりやすい体になってしまいますが、免疫力が強すぎると、本来攻撃対象ではないものにまで攻撃してしてしまう、これがアレルギー反応です。

 

花粉症もアレルギー反応の一種なので、乳酸菌、ビフィズス菌で花粉が飛び始める半年以上前から対策をすることが花粉症対策の一つです。

 

花粉症対策として認められているのがビフィドバクテリウム・ロングム・BB5536株です。
森永のヨーグルトで有名なBB536ですね。

 

この菌は人腸菌でもともと人の腸内にぞんざいしている菌です。
元々人の腸内に住んでいる菌なので定着しやすく花粉症の予防になるのです。

インフルエンザ予防にも効果のある乳酸菌

インフルエンザは毎年流行しますが、型の違うインフルエンザウイルスが存在します。
空気が乾燥する時期に、流行しやすいものですが、最近では湿気の多い時期にも蔓延します。

 

さて、このインフルエンザですが予防接種がありますが、予防接種を受けていると軽く済むと毎年受けている人も多いと思います。
しかし、その年のインフルエンザはどのウイルスが蔓延するか分からないため、予測でしか作られていません。

 

この予測が外れてしまうと残念ながら予防接種の効果の意味がなくなってしまうのです。
インフルエンザ予防にはやはり腸内細菌の活性化が必要となってきます。

 

腸内環境を整え、バランスが保たれていればインフルエンザウイルスに負けることなく身体が打ち勝ってくれるのです。
何においても腸な環境のバランスが大切ですが、腸内には沢山の微生物が存在するためそれぞれに対抗する菌というのが存在します。

 

インフルエンザウイルスに対抗できる乳酸菌も存在するわけです。
誰もが知っている「ヤクルト」ですが、正式名称ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株といいます。

 

この乳酸菌はNK細胞を活性化させるので、インフルエンザウイルスに対抗するのです。
NK細胞はウイルスなどの外敵を見るけると、マクロファージの命令により真っ先に駆け付けて撃退しますl。

 

毎日5,000個ほど生まれているがん細胞にも効果があるとされており、NK細胞の活性化は身体の健康を守る大切な役割を果たしていると言えます。

 

他にもインフルエンザウイルスに対抗出来る乳酸菌は「ラクトバチルス・アシドフィルス・L92株」です。
カルピスから販売されており、ドリンクやサプリメントがあります。
例えインフルエンザウイルスにかかってしまったとしても、熱もそれほど出ず、咳なども軽減されることが分かっています。

血糖値上昇抑制

糖尿病の原因になる高血糖とは、血液中に含まれるブドウ糖濃度が高いこと。
私たちの身体には食事をしなくては生きていけませんが、食事をした時にエネルギーが血液に溶け込み全身に運ばれています。

 

なので、食事時には血糖値が上がり、食べていない時には血糖値が下がるなど1日の中でも常に変動しているわけです。
もし、大量のブドウ糖を摂取したり、インスリンというホルモンが不足してしまうとブドウ糖を細胞に取り込むことが出来ず、血中にあふれてしまします。

 

これが高血糖の状態ですが、高血糖が慢性的に続いてしまうと、糖尿病の原因、その果てには失明や腎不全などの恐ろしい病が待ちかねています。

 

これほど恐ろしい高血糖ですが、サイレントキラーと呼ばれるほど自覚症状がないため分からずに悪化してしまうことの多い病気です。
高血糖の原因は、食生活や運動不足、肥満、ストレスなどのホルモン分泌機能の悪化などがあげられますが、一番の原因は生活習慣だと言われています。

 

高血糖上昇抑制には適切な食事と適度な運動が何より大切と言われていますが、食生活の一部に乳酸菌を摂りいれるだけでも血糖値上昇の抑制に役立つものがあるのです。

 

その乳酸菌はラクトコッカス・ラクティス亜種クレモリスFC株(通称クレモリスFC株)という乳酸菌。
クレモリスFC株は数ある乳酸菌の中でも活きたまま腸に届く、プロバイオティクスの一種。

 

カスピ海から持ち帰られたヨーグルトで、独特の粘り気が特徴のヨーグルトです。
クレモリスFC株はこのカスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌です。

 

とある研究で7人の男女を対象に食事時に牛乳よりもヨーグルトを食べた方が血糖値の上昇が抑えられることが証明されています。
血糖値を気にしている人はクレモリスFC株の入ったヨーグルトを一緒に摂ることが血糖値上昇が抑えられます。
ヨーグルトが苦手な人はサプリメントで摂っても良いでしょう。

高血圧予防

日本の三大疾病には、がん、心疾患、脳疾患の3つがあげられますが、高血圧はこれらの病気を引き起こす引き金となっています。

 

これらの病気はは長年の生活習慣が積りに積もって引き起こされています。
高血圧などは自覚症状が全くないのでサイレントキラーとも呼ばれています。

 

高血圧の原因は肥満、運動不足、油っこい食事の摂りすぎ、塩分の摂りすぎなど様々ありますので、これらの事に気を遣うのがまず大切だと言えます。

 

これらの病気と乳酸菌がどのように関わっていくのかをみていきます。
高血圧に有効な乳酸菌があります。
乳酸菌が牛乳に含まれる乳たんぱく質カゼインを分解することで生成される成分、ラクトトリペプチド(LTP)です。

 

高血圧が起こる仕組みは、体内で生理活性物質という中に、血管を収縮させて血圧をあげる「アンジオテンシンU」とその働きを持たない「アンジオテンシンT」が存在します。

 

アンジオテンシン変換酵素という名の物質が「アンジオテンシンTをアンジオテンシンUに変化させてしまうことで高血圧が起こってしまう訳です。

 

ここで登場するのがラクトトリペプチド。
ラクトトリペプチドにはアンジオテンシンTがアンジオテンシンUに変換されるのを抑制する働きがあるため、高血圧の予防につながるのです。

 

この乳酸菌が「ラクトバチルス・ヘルベティカス・CM4株」です。
乳酸菌の中でも最もラクトトリペプチドを生成する働きのある乳酸菌です。

 

血管は年齢や生活習慣によって、固くなっていきます。
固くなれば血液の通り道が細くなり動脈硬化の原因となってしまいます。

 

これは血管年齢と呼ばれるものですが、血管年齢が若いほど柔らかく動脈硬化のリスクは低くなります。
ラクトトリペプチドにはこの血管年齢をも若返らせる効果があるのです。

 

がん予防
胃がん予防

がんの中でもワースト3に入る胃がん。
胃がんの原因は胃に住み着いているピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)が原因となっていることが分かっています。
これは1994年の国際がん研究機関により「確実な発がん因子」と分類されています。

 

ピロリ菌は50代以上の約8割の人が保菌していますが、ピロリ菌保菌だけでは直接胃がんにはならず、粘膜萎縮の強い人や、萎縮性胃炎など色々な要素が積み重なってがんが発生すると考えられています。

 

このがんの原因となっているピロリ菌の活性抑制効果のある乳酸菌があります。
ビフィドバクテリウム・ビフィダム・BF-1株です。

 

ビフィドバクテリウム・ビフィダム・ヤクルト株を強化して胃の健康を守るために開発された菌ですが、ヤクルト株は医療でも使用されており、BF-1株はさらに強化されて作られました。

 

胃の粘液を増やして胃の粘膜を守り、ピロリ菌の活性を抑制する働きがあります。
これらの働きからピロリ菌だけでなく、胃炎や胃潰瘍などを抑える働きがあります。

大腸がん予防

日本でのがんの死亡率は1位に大腸がん、2位に肺がん、3位に胃がんとなっています。
大腸がんにかかる人は年々増えており、野菜の摂取量が減り、肉食の摂取量が増えたことが原因と考えられています。

 

肝臓から分泌される胆汁は肉の脂肪を分解する働きがありますが、肉を摂りすぎると胆汁が過剰に分泌されます。
過剰に分泌された小腸に排出され、再吸収された後に肝臓に戻ります。

 

戻った胆汁の一部が大腸に流れてしまい、腸内に存在する悪玉菌が胆汁を二次胆汁酸という物質に変化させてしまうのです。
人間の細胞は1日に5,000個ほどのがん細胞が生まれていますが、二次胆汁酸は発がん促進物質となり、腸内の更なる腐敗が進んでしまうのです。

 

腐敗が進む事により有害物質を作り出し、発がん性物質、発がん促進物質の2種類を存在させてしまい大腸がんになりやすくなってしまうのです。

 

これを防ぐためには善玉菌を増やすこと、肉類を食べ過ぎないことにあります。
善玉菌を増やすには食物繊維をしっかりと摂り、オリゴ糖などのプレバイオティクスをしっかりと摂ることにあります。

 

潰瘍性大腸炎の症状を抑制

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜が炎症を起こし、ただれや潰瘍が起き穴が開いてしまう病気です。
大腸がんを併発することもあり、原因もまだ特定されていないため治療困難な特定疾患に指定されています。

 

この潰瘍性大腸炎にかかっている人の腸内には善玉菌が少ないことが分かっています。
潰瘍性大腸炎に期待が持たれているのが、BB536株です。

 

治験において1日に2〜3000億のBB536株を投与したところ、10人中9人の症状が安定したという研究結果が出ています。
BB536株を摂取することにより善玉菌が増えることにより、炎症や潰瘍を抑え、腸の粘膜を強くするのではないかと考えられています。

 

口臭予防

口の中には腸内と同じように様々な菌が存在しています。
その種類は500種類以上、数は60億個以上となっています。
口の中にいる常在菌は腸内細菌と同じく善玉菌と悪玉菌が存在します。

 

日本人の約7割の人がかかっていると言われている歯周病。
この歯周病の原因となっているのが、口内にいる悪玉菌の代表のジンジバリス菌です。

 

ジンジバリス菌は歯や歯間に溜まった食べかすなどをえさとして、炎症を起こしていきます。
この菌の怖いところは炎症を起こした部分から更に奥へともぐりこみ、歯を支えている骨すら溶かしてしまうことです。
このジンジバリス菌が強い口臭の原因の一つとなっています。

 

ジンジバリス菌に対抗できる乳酸菌がラクトバチルス・サリバリウス・T12711株です。
ラクトバチルス・サリバリウス・T12711株は、ジンジバリス菌よりも早く乳酸を生み出し増殖する菌で、ジンジバリス菌を死滅させる事が出来る乳酸菌です。

 

デントシステマオーラヘルスタブレット乳酸菌T12711

 

ダイエット効果

腸内細菌は痩せ体質にも関連しています。
そもそも太ってしまう原因は食べる量とエネルギー消費量(運動や基礎代謝など)のバランスがあっていないからです。

 

太りやすい体質の人、痩せやすい体質の人がいるのは、腸内環境に関係があることが分かっています。
一般的な健康な人の腸内細菌は善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%ですが、大食いで有名なギャル曽根ちゃんのお腹は善玉菌が50%もあるそうです。

 

これがいくら食べても太らないギャル曽根ちゃんの秘密なんですね。

肥満体質は変えられる

これらの事から腸内環境を整えることで痩せ体質を作ることが出来ます。
体の中に溜まっていた老廃物や便などを排出することにより、腸内環境は良くなります。

 

また、乳酸菌の中にも内臓脂肪を減らす効果のあるものがあります。
ラクトバチルス・ガセリ・SBT2055株です。

 

ガセリ菌の入ったヨーグルトを1日200g食べた3か月後に計測したところ、平均で内臓脂肪は4.6%、ウエストは1.8%、皮下脂肪は3.3%減少したことが研究結果に出ています。

 

他にもラクトバチルス・ラムサノス・GG株にも同じく抗肥満作用があると分かっています。
腸内細菌を整えることは、肥満体質を変えられる一つでもあるのです。

ストレス緩和

国民生活基礎調査では50%近くの人がストレスがあると回答しています。
腸内細菌はストレスによっても左右されます。

 

緊張している時、いつもと違う状況の時など、腸内バランスが崩れるためお腹の調子が悪くなることがあります。
人間がストレスにさらされると悪玉菌が増え、腸内バランスが崩れることは様々な調査報告が出ています。

 

腹痛、便秘、下痢を繰り返す過敏性腸症候群もその一つでストレスが原因となっていることも多い症状です。
ストレスを解消する事が一番の回復方法ですが、ストレスは次々に出てくるもの。

 

そうするとやはり、腸を丈夫にし腸内環境を整える事が大切になってきます。
またストレスを緩和する乳酸菌も存在します。

 

ビフィドバクテリウム・アニマリス・亜種ラクティス・BE80株という名のものです。
ダノンビオヨーグルトに配合されています。


プロバイオティクスとプレバイオティクス

 

ケフィアとは

日本ではヨーグルトきのことも呼ばれているケフィアと、日本のヨーグルトの違いは発酵させるのに必要な菌の種類です。

 

日本のヨーグルトはサーモフィラスをスターター(種)菌として単独発酵させるのですが、ケフィアの場合はケフィアグレイン(種)、ラクトバチルス属のなど類の乳酸菌など、数種類の酵母などが含まれており、共存発酵出ないといけないという決まりがあるのです。

 

ケフィアグレインの生まれはロシアのコーカサス地方で、元々は自家製用に作る伝統食でした。
しかし、日本では製造されたケフィアは販売されていません。

 

ケフィアは発酵の途中で二酸化炭素を発生させるため、密閉容器に保存することが出来ないのです。
日本の規格では、密閉容器に入れて販売しなければいけないという決まりがあるため、日本での販売が出来ないのです。

 

乳酸菌とラクトフェリンの違い

乳酸菌は微生物で、ラクトフェリンはタンパク質という大きな違いがあります。
微生物である乳酸菌は餌となるオリゴ糖などと一緒に摂ると増える特徴がありますが、ラクトフェリンは増えることが出来ません。

 

ラクトフェリンは主に乳に含まれており、最も含まれているのは人間の母乳だと言われています。
体内では涙や唾液、血液にも含まれる成分で、鉄と結びやすい性質があります。

 

そのため、貧血の人に良い事や、感染に対する防御システムを持っているためその働きが注目されています。

 

ラクトフェリンが持っている働きは発がん性予防や、NK細胞の活性化などの免疫力強化機能、ノロウィルスやピロリ菌、歯周病菌の減少、感染性大腸炎の感染予防などの抗菌、抗ウイルス作用。

 

善玉菌を増やし、腸内環境を整えるビフィズス菌を増やす善玉菌の増殖の働き、鉄を吸収し貧血の改善の働き、大腸炎を改善する抗炎症の働きなどがあります。

 

ラクトフェリンを摂取すると胃でペプチドに分解されます。
ペプチドに分解されたラクトフェリンは腸まで達し、腸内にある免疫作用に同調し免疫力の強化になります。

 

ラクトフェリンの弱点は、熱に弱いということ。
牛乳などにもラクトフェリンが存在していますが、高温殺菌されたところで多くのラクトフェリンが死滅してしまいます。

 

最近はラクトフェリン入りのヨーグルトなども販売されているので、ラクトフェリンと善玉菌を一緒に摂ることで更に良い働きが期待できるのです。

腸内環境について

腸内は第二の脳

腸内は免疫細胞の要です。
およそ6割の免疫細胞が、小腸に集まっており、免疫細胞を強化させることによって、ウイルスや病気から私たちの実を守ってくれているのです。

 

自分の腸内環境を知る一番の方法は、毎日自分の便をチェックすること。
便は健康のバロメーターと言われており、バナナ状で黄土色のものが最も腸内が良い状態と言われています。

 

便は水分が80%、食べかすや菌類が残りの20%です。
いきんだり、数日も便が出ない便秘、または軟便や下痢状のものが続く場合は悪玉菌が多く、善玉菌が少ないことが考えられます。

 

腸内細菌を整えるには発酵食品をや食物繊維をしっかり食べたり、水分を多くとったりなどの心掛けが必要です。
腸が第二の脳と言われるのは、自律神経、ホルモンなどの自律神経を介し情報伝達をし合っています。

 

脳がストレスを感じるとお腹の調子が悪くなるのもこのシステムによるものです。
また腸には脳にはない、伝達物質も存在します。

 

体内にウイルスや有害物質などは侵入してきた場合には、腸内から追い出そうとします。
食べ物も、脂質やタンパク質が多いとそれを消化させるために、胆汁、消化酵素などを排出して対応しますが、これらの対応も、脳とのやり取りではなく腸独自の判断で行っています。

 

脳から腸に伝わるものもありますが、腸独自の判断で行っていることも多いため第二の脳と呼ばれるわけです。

腸内細菌について

小腸、大腸には100種類〜、1000兆個以上の微生物が住み着いていると言われています。
それら微生物の重さはなんと1〜1.5kgもあるというから驚きですね。

 

沢山の微生物が住み着いているわけですが、それぞれ同じ種類の菌同士がひとかたまりになって存在しています。
また、これらの菌には好き嫌いがあるため、ほぼ同じ成分のものを食べます。

 

残された菌は他の菌のえさとなり、その老廃物はまた別の菌が食べるという連鎖が起きています。
ヒトの体の細菌には違いがあります。

 

太りやすい菌、痩せやすい菌なども存在しているそうです。
これらの事が解明されれば、様々な病気の引き金となる肥満やメタボの解消にもつながるかもしれませんね。

腸内フローラについて

私たちヒトの腸内には数100種類〜の1000兆以上の微生物が済んでいます。
小腸、大腸とそれぞれの菌種が群れを作り腸壁に住んでいます。

 

この腸壁を顕微鏡で見ると、まるで花畑のような形に見えたことから腸内フローラと名づけられました。
ヒトそれぞれ、合う菌、合わない菌が存在し、年齢や生活習慣などが異なり腸内環境が違うためみんながみんな同じ形をしているわけではありません。

 

腸内フローラの理想バランスは善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割です。
健康で健常な生活習慣を送っている人はこのバランスを保っており、有害物質から身体を守ることが出来ます。

 

日和見菌は健康な間は何もしない菌ですが、ウイルスや外敵が侵入すると、と悪玉菌側に付くのであっという間に体調不良の原因となってしまいます。

 

抗生物質などの薬もその一つです。
抗生物質は、悪い物質を外に追い出す性質もありますが、善玉菌も一緒に追い出してしまうのです。
腸内フローラをいつも理想な状態にしておくことが最善策であり、また常に新しい乳酸菌を毎日摂ることも大切です。

食品に含まれる乳酸菌
  • 漬物類
  • キムチ
  • 味噌
  • 醤油
  • 日本酒
  • 他発酵食品など

 

善玉菌・日和見菌・悪玉菌について

腸内には3種類の微生物が存在しています。
私たちが良く耳にする善玉菌、悪玉菌と、日和見菌。

 

日和見菌は普段はおとなしく特に何もしない菌ですが、ウイルス感染や外敵などが侵入して悪玉菌が増えた場合、日和見菌は悪玉菌の味方になって更に悪玉菌が増えてしまい、下痢をはじめとする体調不良に陥ります。

 

日和見菌が悪玉菌側に寄せ付けないためには、やはり腸内環境を良くし、免疫力を上げることが大切になってきます。
善玉菌、日和見菌、悪玉菌の割合は、2:7:1と圧倒的に日和見菌の数が多く、悪玉菌側に付かれると厄介な代物になります。

 

善玉菌を増やすために、乳酸菌を摂ることも大切ですが、食物繊維をしっかり摂ることも必要になってきます。
食物繊維は善玉菌のえさとなって善玉菌を増やす働きがあるからです。

乳酸菌は人によって相性がある

一般的に良いと言われている乳酸菌でも、相性が合わないと腸内に住み着いてくれません。

 

自分に合った乳酸菌を探すには

人の腸内は一人ひとり違うと言われています。
太りやすい体質の人、痩せ体質の人、これはそれぞれ太りやすい微生物を持っている人、痩せやすい微生物を持っている人に分かれるからです。

 

「健腸長寿」という言葉がありますが、これはラクトバチルス・カゼイ・シロタ株を発見し、ヤクルトの創始者でもある代田稔博士が掲げた理念です。

 

腸を健康に保ち長生きをする、病気になってからではなく病気ならないよう予防医学が大切だということです。
さて、自分に合った乳酸菌を探すためには、なるべくたくさんの種類のものを試してみるしかありません。

 

乳製品が大丈夫な人はヨーグルトを食べたり飲んだりしてみる事です。
特定保健用食品として認可を受けているものや、会社独自の株を持っているものでもよいでしょう。

 

R-1乳酸菌や、BB536、LG21、ラブレ菌など様々あります。
最低期間は3か月程度。
身体に合わない菌であれば、定着する事がないのでそのまま便と一緒に排出されます。

 

特に体調にも変化が無いようであれば別のものをという感じです。
乳製品が無理な人は、サプリメントを利用すると良いでしょう。

 

今は色んな種類の菌が配合された菌もあり、カプセルなどもどんどん開発されていて腸に届くまで溶けないものまであります。
顆粒状で飲みやすいものもあります。
1日100円程度で続けやすいものが良いですね。

 

悪玉菌について

悪玉菌とは腸内で腐敗を起こし、身体に害を及ぼす菌のことです。
通常、人の腸内には20%が善玉菌、日和見菌70%、悪玉菌10%という割合で存在しています。

 

悪玉菌が増える理由として、ストレスや不規則な生活習慣、運動不足などがあげられますが、こういった人の腸内は腐敗物が増え、硫化水素やアンモニアなどの臭気有機物質が生成されてしまいます。

 

おならが臭い、便が臭い、便秘が続くなどは悪玉菌増殖のサインであることも多いのです。
この有機物質は腸管から毛細血管に入り込み、全身へと廻っていきます。

 

そのため、体臭、口臭となって現れることも少なくないのです。
悪玉菌の増殖を防ぐには、やはり乳酸菌を摂って腸内環境を整えることがいちばんです。

 

ここでヒトに悪影響を及ぼす病原菌を紹介したいと思います。

ウェルシュ菌

最も多いのがこのウェルシュ菌です。
大腸の常在菌であり、食肉類や魚介類にも存在している菌です。

 

ウェルシュ菌の持った食肉や魚介類を調理するときに、まな板や鍋などから感染します。
嫌気性菌であり、空気のある所では生きられませんので、自らを芽胞のような状態になって生き延びることが出来ます。

 

この状態になると100℃の高熱でも6時間程度耐えられるというデータがあります。
最も活躍しやすいのは40〜50度でこの温度になると芽胞から菌が動き出し増殖をし始めます。

 

芽胞の時に作り出すエンテロトキシンという物質で食中毒にかかります。
最も多いのは煮物、シチューなどの料理で、冷める過程でちょうどよい温度になれば菌が大量に繁殖するため食中毒が起こりやすくなります。

 

作った料理は食べきることや、作り置きをする場合には素早く覚まして冷蔵庫へ入れるなどが対処法となります。

 

腸炎ビブリオ

主にイカや貝類に付着している菌で海水の温度が20度を超すと食物に付着しやすくなります。
ビブリオ菌に感染した場合、強い腹痛や下痢、微熱、嘔吐などの症状が現れます。

 

2〜3日ほどで回復しますが、子供や年寄りなど免疫力の弱い人は注意が必要です。

サルモネラ菌

主に卵に多いと言われているサルモネラ菌には2000種類以上が存在しています。
殻に付着していることの多いサルモネラ菌ですが、まれに卵の中にも存在する事があります。

 

サルモネラ菌は肉類にも付着していることがあり、そこから調理器具などを介し感染します。
激しい腹痛、発熱、嘔吐、下痢などの症状を起こし3〜4日ほどで改善します。

 

大腸菌

元々大腸内に存在する菌で、ほとんど無害のものが多いです。
体内や血中に感染した場合に病原体へと変化します。
大腸菌も多数の株を持っています。

 

健康な人の大腸内に持っている株はほとんど無害で、下痢程度で済むものが多いのですが、免疫力の低い幼児や持病持ちの人は、一部の薬で菌が病気を発生させる場合もあります。

 

敗血症などを引き起こすこともあります。

 

ノロウィルスについて

ノロウィルスは他のウイルスとは少し違います。
経口感染するノロウィルスの症状は発熱、嘔吐、脱水症状、強い腹痛、激しい下痢を起こす感染性胃腸炎。
幼児から老年までのどの年代にも感染する傾向があり、毎年冬になると感染する傾向があります。

 

ノロウィルスの感染力は非常に強く、他のウイルスが10万個以上〜、100万個以上〜で感染するのに対し、ノロウイルスは10個〜100個程度の数でも感染してしまうことです。

 

食物からの感染はノロウイルスが食物に感染しており、その食物を食べた場合に感染します。
もう一つは感染した人から感染します。

 

感染した人の排出物や、嘔吐物などに触れてしまった場合です。
また多くはありませんが、排出物、嘔吐物の他にほこりやちりから飛沫感染する場合もあります。

 

残念ながらノロウイルスには、体内の免疫反応が効かないのです。
ノロウイルスは体内でしか育たないという特徴があるため、今現在特効薬が発明されていません。

 

エレベーターや物の貸し借りなど、汚れた手によって感染する場合もありますので注意が必要です。

 

細菌性病原菌

 

 


免疫細胞とは・・・

免疫細胞はいくつかの細胞がチームとなって働いています。
マクロファージ・・・マクロファージは外敵が入ってこないかいつも見張る役を持っており、外敵が入ってきた場合、NK細胞に指令する細胞です。
ナチュラルキラー細胞・・・NK細胞と呼ばれるのはナチュラルキラー細胞で、マクロファージから指令が来ると単独で戦いに行く細胞です。NK細胞には好中球が応援に駆け付けます。
好中球・・・酵素の力で外敵を分解して、活性酵素により病原体に攻撃します。

 

この3つの細胞は自然免疫で、元々体の中に備わっている細胞です。

 

ヘルパーT細胞・・・過去に戦ったウイルスなどの情報を覚えており、次に同じウイルスなどが侵入してきた場合に素早く号令を出す働きがあります。
B細胞・・・号令を受けたB細胞は敵に合わせた抗体で敵を攻撃します。
キラーT細胞・・・ウイルスに感染してしまった細胞やがん細胞などにひっつき酵素で敵を撃退します。

 

この3つの細胞は1度戦った敵の情報を記憶して、2回目からの戦いを有利にする働きがあります。

 

人間に身体には毎日5,000個ほどのがん細胞が生まれており、この免疫細胞によってがん細胞を死滅させているのです。