女性特有の病気

女性特有の病気とは

女性特有の病気

女性の体は一大事業である出産に向けて体が作られ、ホルモンの影響を受けながら一生の間に大きく変化をしていきます。

 

卵巣の機能が目覚め、卵巣ホルモンによって女性らしい体つきになり、20歳頃にはホルモンのバランスが安定し生殖機能が完成します。
30代後半から卵胞ホルモンの減少が始まり、更年期になると急激に減少し排卵や月経が止まり、平均で50歳頃閉経します。

 

このような大きな変化が女性特有の病気にかかる背景となっています。

 

総患者数全国で約100万人以上

女性特有の病気の種類や症状と予防できる食事法と生活習慣【しあわせサプリ健康生活】

女性の総患者数は男性の約1.35倍と病気になるリスクが高く、女性特有の病気を抱えている患者数は全国で約100万人以上、子宮筋腫は5人に1人、乳ガンは16人に1人がかかると言われています。

 

女性特有の病気にかかりやすいのは40代ですが、若い世代でもかかるのが女性特有の病気の特徴でもあるので、いつもと違う」という体からのサインを見逃さないように、自分の月経(生理)のリズムなどをしっかりと把握しておくことが大切です。

 

一番大切なことは「何か違うな」と感じた時はただちに受診すること
そして、定期的に健診を受けることです。
女性特有の病気は早期発見ならかなりの高確率で完治するものがほとんどです。

 

発症しやすい病気

女性特有の病気 乳がん 女性特有の病気 子宮がん 女性特有の病気 子宮筋腫 女性特有の病気 卵巣がん

 

年代別でかかりやすい病気

20代
子宮内膜症 子宮頸がん バセドウ病
30代
子宮内膜症 子宮筋腫 卵巣嚢腫
40代
乳がん 子宮がん 関節リウマチ
50代
乳がん 更年期障害 関節リウマチ
60代
骨粗鬆症

 

女性特有の病気が起こる理由や不調、見分けるコツや予防法

 

女性特有の病気の種類や症状と予防できる食事法と生活習慣【しあわせサプリ健康生活】

女性特有の病気を抱えている100万人のうち、手術などの医療を必要としている人数と、入院の状況は以下の通りです。

  • 乳がん 19.2万人
  • 子宮がん 4.9万人
  • 子宮筋腫 9.5万人
  • 卵巣機能障害 7.7万人

さらに、入院や手術などの治療が必要な場合の負担は以下の通りです。

  • 平均入院日数18.4日
  • 入院時の自己負担額の平均20.8万円

 

病気と闘うためにはできるだけストレスのない状態を事前に用意しておくことも必要です。
女性が入院が必要になった場合、子供の面倒をお願いしたり、食事の費用が増えたり、入院している期間収入がなくなったりと、医療費以外に想像以上に費用がかかってしまうものです。

 

万が一のために、健康な状態の今、保険の見直しをしておくことも大切です。