生活習慣病,サプリ

成人病から生活習慣病へ

生活習慣病,サプリ

これまで、がん、心疾患、脳血管疾患などの要因になる病気の発症や進行は加齢によるものが多いと考えらえてきましたが、これらは子供の頃からの生活習慣が発症や進行に深く関わっていることが分かり、1996年(平成8年)成人病から生活習慣病へと名称が変更されました。

 

2000年(平成12年)には厚生労働省により、生活習慣病の一次予防(健康増進・発病予防)に重点を置いた「健康日本21」の実施開始となり、9分野について数値目標を定め、国民健康づくり運動が推進されています。
(※9分野:食生活・栄養/身体活動・運動/休養・心の健康づくり/喫煙/飲酒/歯の健康/糖尿病/循環器病/がん)

 

 

生活習慣病とは

生活習慣病を予防する食事法と種類別に原因を探る【しあわせサプリ健康生活】

食生活や運動、睡眠、喫煙、飲酒、ストレスなど、悪い生活習慣を続けることで発症や進行してしまう病気の総称で、日本人の三大死因であるがん(悪性新生物)、心臓病(心疾患)、脳卒中(脳血管疾患)をはじめ、糖尿病、高血圧、高脂血症(脂質異常症)、腎臓病、慢性閉塞性肺疾患、痛風、肥満、歯周病、さらには骨粗鬆症、認知症、睡眠時無呼吸症候群、不眠症などが含まれています。

 

死の四重奏

生活習慣病を予防する食事法と種類別に原因を探る【しあわせサプリ健康生活】

体重の増加、血糖値・血圧の異常などから静かに進行していく生活習慣病。

 

特に肥満症に高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)の三つが重なる状態は「死の四重奏」と呼ばれ、静かに動脈硬化を進行させ、ある日突然心筋梗塞や脳梗塞を起こす、命に関わる重大な病気を引き起こしてしまう4大危険因子と言われています。

 

生活習慣病は65歳以上の要介護の原因にもなっていますので、健康診断で「血糖値が高い」「コレステロール値が気になる」などの結果が出ている方、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と診断されている方は、今すぐ生活習慣の見始めましょう。

 

生活習慣病の予防と解説

高血圧 糖尿病 脳卒中
心筋梗塞 痛風(高尿酸血症) がん
心臓病 脂質異常症(高脂血症) メタボリックシンドローム
腎臓病 肝臓病 骨粗鬆症
歯周病 認知症 睡眠時無呼吸症候群
不眠症

 

痩せているから大丈夫!は通用しない!!

生活習慣病を予防する食事法と種類別に原因を探る【しあわせサプリ健康生活】

やせていて高血圧、高血糖の人は、肥満の人より心筋梗塞や脳卒中で亡くなる危険性が高いという調査結果が発表されています。

 

痩せていることが美しいという風潮から、やせている若い女性が増加傾向にありますが、出産を控えている若い女性の痩せについては、女性ホルモンが低下することで無月経や不妊のリスクや、低体重児出産のリスクが高く、さらに、骨粗鬆症になるリスク、インスリン量が減り糖尿病になりやすくなるリスクなど、痩せすぎは肥満と同じくらい様々な体の不調やリスクを伴います

 

痩せすぎも太り過ぎも死亡率が上がってしまいます。
適性体重を知り、規則正しい生活と食生活で適正な体重を維持していくことは、生活習慣病の予防に繋がります。

 

生活習慣病を予防するための共通ポイント

適正体重の維持

計算式:体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMI

日本人の場合、BMIが22あたりで病気の合併が最も少なく、25以上になると「肥満」、35以上は「高度肥満」と判定され、BMIが18.5より低いと「低体重」、いわゆるやせ型となります。
腹囲は、内臓脂肪の量の目安として測り、男性で85cm、女性で90cmを超えると要注意です。

 

規則正しい食生活
  • 主食・主菜・副菜を組み合わせて、適切な量の食事をバランスよくとりましょう。
  • 塩は控えめにしよう(血圧が上がって循環器疾患のリスクが高まったり、胃がんのリスクが上昇してしまいます)。
  • 野菜をたくさん、果物も適度に摂りましょう(がんや循環器疾患、糖尿病の予防になります)。

※果物は野菜と異なり、糖質を多く含んでいるため、摂り過ぎると中性脂肪が増えたり、肥満になったりする恐れがるので摂り過ぎには注意しましょう。

 

適度な運動

身体活動が不足しているために、日本で年間52,500人もの方々が亡くなっていて、今より10分多くからだを動かすだけで、死亡、生活習慣病、がんのリスクを3〜4%減らせることがわかっています。
(糖尿病、心臓病、脳卒中、がん、足腰の痛み、うつ、認知症などになるリスクを下げる)
また、10分多くからだを動かすだけで健康寿命を伸ばせることも分かっています。
自分に合った運動を見つけ継続できる運動習慣を身に付けましょう。

 

睡眠

免疫力を下げ情緒を不安定にしてしまう睡眠不足。
疲労感が取れず適切な判断力を鈍らせるなど、生活の質に大きく影響してしまいます。

 

禁煙

喫煙は、血管を収縮させ血流を悪くし、血圧を上げて血管に負担をかけます。
血液中の悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化を促進するため、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患にかかる危険性が高めます。

 

お酒は適量を守る

1日あたり純アルコールで約20g程度は害を防ぐ適度な飲酒量と言われています。
週に2日は休肝日をつくり、肝臓の負担を減らすようにしましょう。

 

歯を大切にする

歯が抜ける原因の約9割は虫歯と歯周病です。
歯周病は、食生活や喫煙、歯磨き習慣などと深い関係があり、生活習慣病の1つとされています。
食事を摂るには健康な歯が欠かせませんので、症状を悪化させる歯石は、歯医者で定期的に除去しましょう。