焼肉のお供にサントリー黒烏龍茶!脂肪の吸収を抑えるってどういう仕組み?

i-308

サントリーの黒烏龍茶には、普通の烏龍茶よりも脂肪の吸収を抑える効果のある「OTPP」が、多く含まれています。
油ものの料理と一緒に飲むだけで体に良い効果がたくさんあります。
動脈硬化の予防・生活習慣病の予防・脂肪の吸引など、毎日飲み続ける事でいろいろな予防ができるのです。
黒烏龍茶について、もう少し見てみましょう。

普通のウーロン茶との違いは?サントリー黒烏龍茶の特徴

150-1_R

健康維持が認められて、消費者庁に認定されると「特定保健用食品」「トクホ」になるのです。
トクホに認定されているたくさんの食品の中で、ご紹介したい商品はサントリーから販売されている「黒烏龍茶」です。
黒烏龍茶の黒色は「OTPP」という脂肪の吸収を抑える働きがある成分が含まれています。
茶葉を発酵させる時に半発酵の状態でできるものです。
「OTPP」は、脂肪を燃焼ではなく吸収させにくくするのです。
サントリーは、独自の製法で苦味成分の「カフェイン」を減らし、脂肪吸引に抑制効果がある「OTPP」だけを多く含む黒烏龍茶を製造されました。
普通の烏龍茶と黒烏龍茶の違いを説明します。
黒烏龍茶は多量のポリフェノールが含まれていますし、普通の烏龍茶と製造方法も違います。
トクホの認定を受けている理由は、脂肪の吸収を防ぎ、中性脂肪の上昇を抑え、脂肪をつきにくくすることからです。
味と色にも違いがあり、味は少し渋みが強く、濃厚です。
普通の烏龍茶を濃い目に入れても同じような状態になる事もあるのですがポリフェノールの量がそれぞれ違います
「黒烏龍茶だから同じ効果が得られる」というわけではないので、名前だけで購入するのではなく、中に入っている成分や効果、味などを確認してから選んでみるというのは、どうでしょうか。

なぜ黒?黒烏龍茶が脂肪の吸収を抑えるメカニズム

150-2_R

黒烏龍茶は「OTPP」を多く含む事で脂肪吸収を抑える効果が3倍にもなります。
「OTPP」は食事と一緒に摂取する事で、余分な脂肪を吸収してくれる効果があるので外食する方や油ものが好きな方には、最適な飲み物なのですよ。
黒烏龍茶を飲まなかった場合と比べると、脂肪は腸で吸収され中性脂肪になるのです。
黒烏龍茶を飲んだ場合は「OTPP」が脂肪の分解酵素「リパーゼ」の働きを邪魔してくれます。
リパーゼは、脂肪を吸収しやすくするために分解しています。
リパーゼの働きを妨げると脂肪の吸収を抑えて中性脂肪が上昇する事がありません。
「OTPP」の働きは、脂肪の吸収を抑えるだけでなく脂肪の排出量も多くしてくれるので油料理の時には、黒烏龍茶がおすすめなのです。
中性脂肪の吸収を抑えてくれます。

吸収を阻害するだけでない!黒烏龍茶を飲み続けることで中性脂肪が下がる

150-3_R

黒烏龍茶には多くの「烏龍茶重合ポリフェノール」が含まれています。
この成分には「悪玉コレステロール」の酸化を抑えて、総コレステロールと中性脂肪の量を減少させる効果があるのです。
厚生労働省は「本品は、脂肪の吸収を抑える烏龍茶重合ポリフェノールの働きによって、食後の血中中性脂肪の症状を抑えるので、脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方の食生活改善に役立ちます」という表示を許可したのですが中性脂肪に、ここまで焦点をあてたのは初めての事でしょう。
黒烏龍茶を食事と一緒に飲む事で中性脂肪の上昇が20%抑えられて、烏龍茶重合ポリフェノールが多く含まれているので脂肪吸引の効果、中性脂肪の上昇を抑える効果が高いのです。
そして、継続して飲むと
・動脈硬化を予防
・生活習慣病の予防
にも、効果があると期待されているのですよ。
飲み方は、中性脂肪の上昇を抑えたい時には食事と一緒に350ml 1本飲み、体脂肪の減少を目的とする場合は350ml 1日2本続けて飲むのがおすすめです。
飲み続ける事が脂肪を吸収させない事になるので毎日継続して飲む事が大事なのです。
飲まなくなると体に脂肪がたまってしまいます。
飲み続ける事で脂肪の吸収を予防し、脂肪を減らしていく事が大事なので毎日続けて飲む事が健康への道なのです。

まとめ~脂っこいものを食べるときに黒烏龍茶を一緒に飲んで脂肪吸収を抑えよう~

150-4_R

若い方も年配の方でも天ぷらや油ものが好きな方が多いですよね。
でも、この黒烏龍茶と食事を一緒に摂取するだけで脂肪の吸収もでき生活習慣病の予防もでき、脂肪が気になる方にはすごく大事な飲み物ですね。
毎日、飲む事で動脈硬化の予防にもなるので、毎日飲んでみるのも良い事ですね。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. i-019
    女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. i-022
    健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. i-031
    最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. i-030
    ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. i-050
    「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る