ロコモティブシンドローム

ロコモとは

ロコモティブシンドローム

ロコモとは、ロコモティブシンドロームのことで、和名を運動器症候群といいます。
筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれかが障害のため移動機能が低下した状態を言います。

 

現在日本では450万人がロコモティブシンドロームを発症していて、その予備軍に至っては4700万人と推測されています。

 

この言葉は2007(平成19)年に日本整形外科学会が提唱したものですが、その理由は、要介護者の2割がロコモティブシンドロームが原因となっているからです。

 

超高齢社会になっていく日本の未来を見据えた、要介護人口を減らす、もしくは要介護期間を短くするための国の介護予防のための健康対策です。

 

日本人の平均寿命は、男性78.4歳、女性85.2歳で世界屈指の長寿国ではありますが、人の手を借りずに生きられる寿命「健康寿命」では、男性72.3歳、女性77.7歳となっていて、寝たきりや要介護になってしまう期間は実に7〜8年もあるということになります。

 

 

ロコモティブシンドロームの原因

ロコモティブシンドロームの主な原因には次の4つが挙げられます。

  • 軟骨の減少による膝の痛み(変形性膝関節症)
  • 加齢による脚の筋肉の衰え(サルコペニア)
  • 骨がボロボロになる(骨粗鬆症
  • 椎間板が傷む(変形性腰椎症)

 

ロコモティブシンドロームの予防と対策|寝たきりにならない健康老後生活【しあわせサプリ健康生活】

ロコモティブシンドロームが厄介なのは、メタボリックシンドローム同様、いくつかの原因が重なりあって症状が出るため、ここだけ治せばいいというわけにはいかないところです。

 

膝が痛い場合は、「筋肉量の低下+軟骨の減少+運動不足+肥満=歩くときに膝が痛い」といったように、原因となる要素がいくつも重なっていることが特徴なのです。

 

ロコモティブシンドロームの最大の特徴は

一番の原因が筋肉量の低下にあるところです。

 

特に第二の心臓と言われるほど心臓と密接に関係している下半身の筋肉が大きく影響していて、痛みを感じて歩かなくなると下半身の筋肉を十分に使わなくなり、心臓に血液が戻りにくくなることで心臓の機能も低下してしまいます。

 

その結果、全身に血流が行き渡らなくなり内臓器にも悪影響を与えてしまいます。

 

さらに、筋肉を使わなくなることで筋肉量が減るだけでなく、その筋肉は万病の元「中性脂肪」へと姿を変え、メタボリックシンドロームを発症し恐ろしい生活習慣病へと発展してしまう可能性をグンと上げてしまいます。

 

ロコモティブシンドローム対策

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームを予防するためには「筋力が落ちるのを防ぐこと」が最重要課題です。

 

骨や筋肉の量は20歳をピークに減少し、何もしなけれが80歳になる頃にはピーク時と比べ平均約40%も減少してしまいます。
しかし、使い始めると何歳からでもある程度取り戻すことができるのも筋力の特徴です。

 

日頃から体を動かすことでロコモティブシンドローム発症のリスクを大幅に減少させることができるのです。

 

ロコモティブシンドローム予防のために具体的に行うことはこの3つ

  • 簡単に続けられる適度な運動を毎日の生活に取り入れる
  • 活動量を低下させないためにエレベーターや車ではなく自分の足で歩く
  • 筋肉・軟骨・骨をつくる栄養素を積極的に摂る

 

食生活でロコモティブシンドロームを予防

 

ロコモティブシンドロームの予防には筋肉量の低下を抑えることが最重要課題ですが、筋肉・軟骨・骨をつくる栄養素を摂ることで運動で得た効果をさらにアップすることができます。

 

骨を丈夫にする
  • カルシウム(健康な骨と歯を作る)…乳製品、骨ごと食べる魚、殻を食べるエビなど
  • ビタミンD(カルシウムの吸収を高める)…魚全般、きくらげなど
  • ビタミンK(骨の質を高める)…小松菜、納豆、ニラなど
筋肉を強くする
  • たんぱく質(筋肉や臓器の構成成分)…肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品など
  • ビタミンB6(たんぱく質の代謝に不可欠)…レバー、まぐろ、かつおなど

 

これらを全て食事で補うことは難しく、摂取カロリーが増え肥満の元にもなりかねません。
もちろん食生活の見直しは必要ですが、簡単に必要なだけ成分を摂取することができるサプリメントを有効に利用しましょう。

 

 

ロコモティブシンドロームの予防と対策|寝たきりにならない健康老後生活【しあわせサプリ健康生活】

 

ロコモティブシンドロームのチェックポイント

  • 片脚立ちで、靴下がはけない。
  • 家の中でつまずいたり、滑ったりする。
  • 階段を上るのに、手すりが必要である。
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない。
  • 15分くらい続けて歩けない。
  • 2kg程度の買い物(1Lの牛乳パック2個程度)をして持ち帰るのが困難である。
  • 家のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難である。

 

この7項目は日本整形外科学会が挙げているチェックポイントです。
一つでも当てはまるものがある方は、自分でできるロコモティブシンドローム対策を今すぐ始めましょう。