更年期のほてりと発汗(ホットフラッシュ)対策に効く漢方を紹介

「ホットフラッシュ」が現れるのは人様々な現れ方があります。

体が熱くなったり冷えたり、動悸など人それぞれの症状があります。
保冷剤などでは一瞬は治まります。

「ホルモン補充療法」という不足したホルモンを錠剤や貼り薬で補う療法がありますが、いろいろ検査をしたり女性特有の「がん」がある方などには使用できないのです。

でも、漢方薬が複数あるので自分に合った漢方薬を見てみましょう。

ホットフラッシュの現れ方


「ホットフラッシュ」の現れ方をご紹介します。

・どのような状況で起こるか分からない「突然型」
・同じ時間になると起こる「定時型」
・仕事中、家事など集中時に起こる「シチュエーション型」

などがあります。

少しの緊張や不安など無意識に体が熱くなることを「ホットフラッシュ」と言います。
熱さを意識するとさらにその熱さは高まり、汗となって体の外に出てきます。
顔、上半身に多く汗が出ますが、すぐ全身に汗は広がりますね。
「ホットフラッシュ」には顔が赤くなったり動悸がすることもあります。

大量の汗で
・体温が奪われ熱くなったり冷たくなったりする。
・顔だけ熱く手足は冷たいなど「冷えのぼせ」を感じることもあります。

睡眠中も寝汗で何回も起きて、ゆっくり眠ることもできません。
「暑い」と感じなくても目覚めを考えていると体中に汗がにじむ事もあるのです。
「ホットフラッシュ」は環境は関係なく大量に汗をかき「ほてり」を感じたりするのです。

原因は女性ホルモンのバランスにる自律神経が乱れから起こります。
「自律神経」は全身の血管を収縮したり拡張して血管を促す役割を果たしています。
自分が置かれた状況と関係なく興奮し、血流が必要以上に促進されてしまいます。

上半身の血管に関連する神経が興奮し血流が増え「ほてり」が起こりますが、まず「ほてり」や汗を早く止めたいですよね。
こういう時には「保冷剤」「濡れたもの」などで首筋を冷やし体感温度を下げると少し楽になります。

日常的で「ホットフラッシュ」が気になればウェットティッシュや汗拭きシートを持ち歩くのも1つの方法です。

なぜ漢方でほてりや発汗がおさえられるのか?


「保冷剤」などを使用しても一時的な処置でしかありません。
対策はないのでしょうか。

「ホットフラッシュ」は更年期障害の症状である「ほてり」「めまい」「発汗」などをまとめたことを言います。
安静にしていると症状が落ち着きますが、放置するとなかなか回復しないので早期治療が必要です。

更年期で「ホットフラッシュ」が起こった時はホルモンを補うのに有効な「ホルモン補充療法」がありますが副作用や「がん」のリスクも高いので治療ができない方も多くいるのです。

参考:ほてり、めまい、これって更年期障害?代表的な症状を分析

「ホルモン補充療法」についてご紹介します。
女性ホルモンの1つの「エストロゲン」が低下し起こるのが「ホットフラッシュ」で不足したホルモンを錠剤や貼り薬などで補うことを「ホルモン補充療法」と言います。

「ホルモン補充療法」は女性特有の「乳ガン」「子宮がん」の方には使用できないや慎重になって様子を見ながらなど様々な検査を事前にしなければならないのです。
急に治療をやめても強い症状が出たりする場合もあるので治療をやめるタイミングも考えなければならないのです。

副作用が少なく有効性が高く期待されている治療が「漢方薬」なのです。
漢方には「気」「血」「水」とありホットフラッシュは、この中の「気」が逆方向に流れる「気逆」や「血」が滞ることによりもたらされています。

ですので目的はエネルギーが逆行したり、血のめぐりが悪くなることで生じるので、それを解明することです。
「気」は「生命エネルギー」、「血」は「血液やその働き」です。
この気の流れを整えたり血液の循環をよくするために漢方薬が使われています

「ホットフラッシュ」の症状以外にも頭痛や肩こり、不眠、浮腫みなど他の症状にも漢方薬が使用され、それぞれの症状によって用いられる漢方薬が決まります。
「ホルモン補充療法」をやめる時、副作用として強い症状が出るのを予防するために漢方薬を使用する方法もあるのです。

すべての医師が行うわけではありませんが漢方の診断で「四診」という方法があり症状とは全く違う問診を聞かれたりお腹や、舌、脈を診られる事もあるのですが、これは「ホットフラッシュ」の原因のためです。

参考:更年期を楽に乗り切るには?

ほてりと発汗(ホットフラッシュ)に効く漢方は?

安全で副作用もほとんどなく効果があるとして「漢方薬」がありますが「ホットフラッシュ」には、どのような漢方があるのでしょうか。

「ホットフラッシュ」の症状の気逆には「紙逍遙散(かみしょうようさん)」という更年期特有のホットフラッシュ、イライラなどに効果があります。
効き目は穏やかですので長期間にわたり服用することが大事なのです。

他にも「温経湯(うんけいとう)」という漢方があり更年期により引き起こされるホットフラッシュ、イライラ、抑うつ感などの症状を鎮めてくれます。
「温経湯」は神経症や足腰の冷えなどにも使用されています。

「女神散(にょしんさん)」という漢方は、ホットフラッシュ、めまい、のぼせなどに効果があり「五積散(ごしゃくさん)」という漢方は、冷え性、腰痛、肩こりなどに良いのですが、ホットフラッシュ、抑うつ感にも効果があるのです。
複数の漢方薬がホットフラッシュの症状を抑えてくれます。

参考:ホットフラッシュやイライラはこれで解消!更年期障害をうまく乗り切る必勝法

まとめ~我慢せずに上手に漢方を利用~


複数の漢方薬がホットフラッシュに効果がありますね。
夜眠れなくなったり、ほてりなどいろいろな症状が現れますが保冷剤など使用しても一時的でしかありません。

症状にあった漢方薬が数多くあるのですから、我慢せずに自分に合った症状の漢方薬を使用し更年期も吹き飛ばしましょう。

  • 更年期を楽に乗り切るおすすめサプリはこちら>>

  • 関連記事

    おすすめ記事ピックアップ!

    1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
    2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
    3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
    4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
    5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
    ページ上部へ戻る