飲酒で症状が悪化!? 花粉症とアルコールの関係と悪化させない飲み方

469_R

花粉症の方には辛い季節がもうすぐそこまで来ています。
対策が早い人は年明けから薬を飲み始め、体に抵抗力をつける人もいるのでは?
そうなると気になるのがお酒の事。
飲酒すると花粉症の症状が悪化する話を聞いたことはありませんか?
しかし、花粉シーズンは送別会・歓迎会・お花見などの飲み会が多くなる時期でどうしてもお酒を飲む機会が増えてしまいます。

辛い思いはしたくないけれど、皆で楽しむ場にも参加したいものです。
花粉シーズン本格化の前に、花粉症とお酒の関係、悪化させない飲み方など覚えておきましょう。

飲酒をすると花粉症の症状が悪化するのはなぜ?

469-1_R

お酒を飲むと体内で様々な物質に分解されますが、二日酔いを引き起こす「アセトアルデヒド」は一度は聞いたことがあるでしょう。
このアセトアルデヒドは花粉症の天敵ヒスタミンの分泌を促します。
ヒスタミンとは、アレルギー物質が体内に入るとそれを外に追い出して体を守ろうと炎症作用を引き起こす物質です。
この炎症作用が鼻づまりやくしゃみなどの花粉症の症状です。
飲酒すると、ヒスタミンが通常より多く分泌されるので、花粉症の症状が悪化するのは必然ですね。

アルコールは適量であれば交感神経の働きを緩め、副交感神経の働きが強くなるので、リラックス効果や筋肉の緊張を解きほぐす嬉しい働きがありますが、多量に飲むと交感神経の働きが強まり血管を収縮させます。
すると粘膜が腫れ、鼻や喉を刺激し、鼻づまり・くしゃみ・目の充血などの症状が表れます。

またアルコールは利尿作用から体内の水分が失われますね。
乾燥すると花粉が体内に侵入しやすくなり症状が酷くなります。
アルコールの種類によってはキンキンに冷えたビールなど冷たいお酒もありますが、冷たい飲み物は体を冷やし、血流を悪くして消化器官・免疫機能を低下させるのでこれも症状が悪化する要因です。

肝臓をアルコール分解で働かせていると、免疫機能が正常に働かないので、これも症状を悪化させる要因になります。

飲酒に関係なく、辛い症状を抑えるためには薬を服用する人も多いでしょう。
症状が軽くなれば、薬を服用中でもお酒を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

花粉症の薬を飲んでいても大丈夫? 服用中に気を付けたいお酒の飲み方

469-2_R

風邪で辛い時に薬を飲んで、その後お酒を飲むことってありますか?
さすがに風邪薬を飲みながらお酒を飲む人は少数に限られますが、花粉症は気持ちは元気なのでお付き合いの場にも参加できますね。
そうなると薬を服用中でもお酒を飲んでしまうこともあるでしょう。
しかし、それって本当に大丈夫なのでしょうか?

花粉症の薬には花粉症の天敵ヒスタミンを抑える成分が含まれ、「抗ヒスタミン薬」と呼ばれています。
副作用は薬の強さによって変わりますが、

・眠気
・口の渇き
・倦怠感
・集中力の低下

などが挙げられます。

飲酒をすると症状が悪化する理由に、ヒスタミンがお酒によって多く分泌されるとありましたね。
薬で通常のヒスタミンを抑えても、さらに分泌されてしまうと、ヒスタミンを抑えきれずに薬の効果が弱まってしまうのです。

そして、お酒を分解する肝臓は薬の分解も行うので、どちらも一気に処理する事になると、肝臓の負担は大きくなり上手く機能できなくなります。
薬の効果・体への負担を考えると、風邪薬同様、花粉症の薬を服用中はお酒を飲むのは控えた方が賢明ですね。

それでも断れないお酒の場やストレスを感じて今日は一杯飲みたい!とも言う日もあるでしょう。
その時は飲酒の前後2時間くらい間隔をあけて薬を服用するようにしましょう。
寝る前に飲む薬の場合、飲酒後2時間も間隔を空けるのは難しいかもしれません。
その際は飲酒後30分~1時間は空けてから服用するようにしましょう。
その間にお湯などを飲み体を温めておくのも良いですね。

やっぱり飲みたい!花粉症を悪化させない上手な飲み方!

469-3_R

お酒を飲んで気分良く布団へ入っても、その後くしゃみや鼻づまりで眠れないのは気分転換になるどころか大きなストレスになりかねません。
花粉症の人がお酒を飲むのなら冷たいビールや水割りではなく、熱燗やお湯割りなど温かい飲み物を少量飲むようにしましょう。
体を冷やすことなく、ゆっくりお酒の味を楽しむことが出来ますね。

花粉と相性の悪いアルコールですが、花粉症の症状を改善する働きを持つアルコールもあります。
そのアルコールはアレルギー反応を抑制する効果のあるポリフェノールがたくさん含まれるワインです。

ワインの中でも赤ワインが一番多くポリフェノールが含まれているので、赤ワインを温めて飲むと体を冷やさずにポリフェノールの効果も得ながらお酒を堪能できますよ。
しかし、前述にもあるように飲みすぎると利尿作用で水分不足になる他、トイレに行ったり来たりして体を一気に冷やすことに。
お酒とお湯や水などを半々くらいの量で水分補給も忘れずに、体内の水分不足を防ぎましょう。

そしてお酒をさらに美味しくさせるおつまみにも体を温めてくれる物を取り入れていきましょう。
しょうがやニンニク・ネギなどの根菜類は体を温めて調味料や薬味などにも活躍してくれます。
これらをたっぷり入れた鍋料理は体を温め、皆で一緒に同じ料理を楽しめるのでオススメです。
鍋料理の湯気は鼻や喉の乾燥も防いでくれますよ。

まとめ~アルコールと花粉症は相性が悪い!辛い時期にはお酒との付き合い方が重要です!~

469-4_R

アルコールと花粉症が一緒になることは体に大きな負担を与えてしまうんですね。
つい気持ちが大きくなり、飲みすぎても後の祭り…夜には辛い症状が出てしまいます。
そんな事にならない為にもお酒との距離感を大事に、時にはお酒を適量を守りながら楽しみたいものですね


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. i-019
    女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。冷え性は人によって症状が違い、冬場に特に辛…
  2. i-022
    健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。若い時は軽い運動だけで、簡単に体重を減少…
  3. i-031
    最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. i-030
    ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. i-050
    「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る