オフィスOL必見!デスクワークでツライ末端の冷え対策グッズを紹介

冷え性って辛いですね。
オフィスでも暖房はつけてくれていますけど、それだけでは氷のように冷たい末端の冷えは解消できません。

私の場合、オフィスでは自分の机の下に電気ストーブを入れているのですが、それでも足先の冷えが解消されないので、厚手の靴下やひざ掛け等を利用して寒さ対策をしています。

最近では省エネで利用できる小型のヒーターや、USBケーブルを利用した暖房グッズが様々ありますので、オフィスで働く人の冷え対策は多様化。

あまりに膨大な数が販売されているので、どんなものを購入すればいいのか迷うこともあるくらいですね!

気軽に使えて、末端の冷えに悩まず快適に仕事をするためのオススメ便利グッズを紹介します。

外から温めるのが一番!最新の手袋や靴下を紹介

i-183

冷え性の症状で最も多い「末端冷え性」は、手足の末端部分にうまく血液が回らないことで起こります。

体温を維持するための熱を十分に生み出せていないことが原因です。

手足を簡単に温めるのであれば、やはり手袋や靴下を上手く利用することが重要です。

まずは手袋!

最近テレビでも紹介されて話題沸騰中の「USBあったか爽快手袋」

手のひら部分にはメッシュ素材を利用しているので、手袋をしていてもじめじめした感覚は心配ありません。

USB端子に接続するだけで、手袋内部のカーボンヒーターが最大45度まで温かくなるので、オフィスはもちろんですが、ACアダプターや車でも快適に使えます。
モバイルバッテリーに接続すれば、通勤途中等、外でも気軽に利用することができます。

ミトンカバーを外すことで、スマホ操作やパソコン操作を邪魔する心配もありません!

次に靴下を紹介しましょう!

オススメの商品は「冷えとり入門お試し2足セット」です。

この靴下は、靴下を重ね履きすることで冷えを解消することができる商品です。

シルク、綿、ともに100%で製造されているのですが、履き方に特徴があります。

まず最初に、指の股の汗をしっかりと吸収して発散する「シルク5本指靴下」を履き、その上に「綿靴下」を履くことでしっかり保温することが可能です。

シルクは汗や湿気の吸収性に優れていますし、綿の靴下には天然抗菌防臭加工が施されているので、快適にはき続けることができます。

お試し2足セットのカラーは好みで選ぶことができますので、女性にも男性にもオススメしたい商品です。

また冷えとり靴下には、初級3足セット、中級3足セット、上級4足セットと用意されているのが非常に面白いですね!

手足だけでなく、おなかも温めるべし!腹巻は末端冷え性にも有効

i-184

冷え性の人が手足の次に悩んでいるのは、おなかの冷えです。

冷え性対策では、冷えを感じやすい手足への対策ばかり注目されがちですが、実はおなかを冷やさないことが重要なのです。

冷え性には、末端冷え性以外にも種類がありますが、おなかを温めることで全身の血行が良くなることが分かっています。
冷え性の原因は主に血行不良ですので、冷え症対策をするならまずはおなかからというのは大事なことなのですね。

ではおなかをどうやって温めればいいでしょうか?

答えは「腹巻を利用すること」です!

腹巻といえば、ちょっとカッコ悪いイメージもあるかもしれませんが、最近は可愛らしいデザインの者も多く販売されていますし、女子高生が実際に利用しているケースもめずらしくないのです。

素材も昔のように綿や毛糸だけではなく、シルク、ゲルマニウムを織り込んだもの、腹巻とパンツが一体化したものまで販売されるようになりました。

また最近は空調が完備している施設が増えたことから、夏場に冷え性を訴える人もすくなくありません。

そこで夏場に仕える腹巻として、ブラックシリカを織り込んだものもあります。

天然鉱石のブラックシリカは、遠赤外線効果で体の芯から温めてくれる効果があるのです。

ただ腹巻をする注意点として、お腹を締め付けすぎないことが大事です。

絞めつけてしまうことで、逆に血行が悪くなることもありますから、自分の体にフィットして使いやすいものを選びましょう。

手を動かすことで血流アップ!デスクでもできる手足の運動

i-185

さて先ほどまでは冷えを解消するグッズを紹介しましたが、今度は冷えの根本を解消する方法を紹介しましょう。

冷え性の原因の多くは、運動不足などの生活習慣です。

普段から体を動かす習慣があれば、筋肉が熱を生み出してくれるので冷え症に悩むことは少ないのですが、運動不足によって筋肉の量が低下していれば、その分体は冷えやすいということになります。

よく冷え性は女性がなりやすいと言われますが、これは男性よりも女性のほうが筋肉量が少ないことが影響しています。

では冷え性を解消する簡単な運動方法を紹介します!

・手の運動(顔はなるべく上を向くように!)

 ① 腕を前に伸ばし、手の甲が前にくるようにします。
 ② 伸ばした腕の肘を体に引っ張ります。
 ③ この状態を10秒間キープします。
 ④ 手のひらが前にくるようにして引っ張って10秒間キープします。
 ⑤ 腕を曲げて、曲げた腕とは反対側の背中の肩甲骨を持つようにします。

・足の運動

 ① 椅子に座ったまま少し足を持ち上げてまっすぐに伸ばします。
 ② つま先を10回くらいずつテンポよく上下にします。

簡単にできる運動ですが、これだけでも手足が軽くなる感じが実感できると思います。
また手足の血行もよくなるので、体が寒さで固まっているなと思ったら何回でもいいので実践してみましょう!

まとめ~暖め過ぎに注意!自己発熱能力が衰えることも~

冷え性といえば、とにかく温めることが大事です!

そのため上記で紹介した冷え性対策グッズは、冷え性を改善する役に立つことでしょう。

しかし冷え性の根本を解決したことにはなりません。
しかも暖め過ぎてしまうと今度は逆に体が自分で温めることを諦めてしまうこともあるのです。

本格的に冷え性を解消するのであれば、やはり生活習慣を見直すしか方法はありません。

まずは体に熱を与える筋肉量を増やすためにも、少しだけ運動を日常に取り入れてみましょう!

冷え性を患った状態では、免疫力の低下などの問題点も数多くありますので、早期に解消しておくことが大事なのです。

運動といっても、いきなり1時間ウォーキングをする必要はありません。

体に熱を生み出す筋肉を徐々に取り戻すために、出来る範囲から運動をスタートさせてみましょう!


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る