冷え性さん注目!ヒマラヤ岩塩バスソルトが身体を温めると大人気らしい

冷え性がつらい冬の時期、靴下の2枚履きやマッサージ・温かいものを飲んだりと冷え性改善のために頑張っている人も多いはず。。

それでもまだ体の芯が温まらなかったり、足もとの冷えに困っている人は今大人気のヒマラヤ岩塩バスソルトを使ってみるのはどうでしょうか?

宝石のようにキレイな岩塩 ヒマラヤ岩塩はどのように出来る?

464-1_R

ヒマラヤ岩塩とは、ヒマラヤチベット高原で採れる塩の岩です。

山の中に海の塩というのはおかしい気がしますが、何千年もの歴史の中で起きた地殻変動などで海の水がせき止められ海水湖ができることがありました。
海水湖が時間をかけて蒸発していくと塩分だけが残り、、岩塩となります。

せき止めた土地がさらに隆起して、山になると底にわずかにのこっている海水も流れ出て岩塩だけが残り、山の中に岩塩ができるというわけですね。

ヒマラヤ山脈でも同じ現象が起きて、マグマの熱で一気に海の水分が蒸発し、塩分だけが結晶化してできたのが100%天然のヒマラヤ岩塩です。

ヒマラヤ岩塩は、高い酸化還元力を持ったミネラル塩になっていて、色はピンク・白く透明・赤茶色の3種類があり鉄分の含有量によって色に違いがでます。

赤味が濃いほどナトリウムの塩味が減るため、しょっぱさがなくなります。
岩塩は食塩と比べると甘く感じますが、これは鉄分やミネラルが多いからなんですね。
ただし、マグネシウムの苦みやカリウムの酸味が際立って雑味を感じ、美味しいといえる味ではありません。

バスソルトに関しては味は関係ありませんが、ミネラルたっぷりのヒマラヤ岩塩バスソルトはどのような効果があるのでしょうか?

冬でも汗が出るくらい!ヒマラヤ岩塩のバスソルトの効果とは?

464-2_R

バスソルトは入浴剤のように入浴のときに使う塩のことです。
またお湯に入れるだけではなく、手足に擦りこんでスクラブのように使うことも可能です。

自然から作られたミネラル豊富なヒマラヤ岩塩のバスソルトを使って入浴すると、汗腺からミネラル成分が取り込まれ発汗を促します
芯から温まり、体温低下を防止するので、入浴後も温かい状態が続きますよ。

お風呂で温まっても寝るころには手足が冷え、寝付けなくて悩んでいた人も、体が温まった状態で布団に入ることができるので、ぐっすり眠れることでしょう。

冬は汗をかく機会が少なく、体内の巡りも悪くなり、老廃物が溜まりがち。
ヒマラヤ岩塩で体を温め、汗をかくことによって老廃物を排出してデトックス効果も得られますね。

また温泉の効果と同じように、塩の吸着効果で肌の毛穴の汚れを取り除き、ミネラルを補給してすべすべ美肌効果もありますよ。

冷え性改善と一緒にダイエットも出来ちゃう!効果が存分に得られる入浴法

464-3_R

発汗作用が抜群のヒマラヤ岩塩は、なぜこんなに汗が出るのでしょうか?
それは人間の体液と、濃い塩を含んだお風呂の浸透圧が関係しています。

汗腺から体内に塩分が吸収されると、体液の濃度が変わってしまうので、体内の濃度バランスを保つために体の水分が汗となって外へ追い出されます。

その汗は普通のお風呂より約4倍も早く汗をかくので長時間浸かっていなくても効果が得られます。
そして、汗をたくさんかいて老廃物を排出・代謝をあげられるダイエットにも繋がる入浴法があります。

「高温反復浴」
・ぬるめのシャワーで掛け湯をし、42~43度のお湯に2~3分肩までつかります。
・その後5分ほど体を洗ったり、シャンプーして過ごした後、2~3分入浴
・これを3回繰り返します。

これだけで150~200キロカロリー消費することができます。
このカロリーはご飯一膳分のカロリーとほぼ同等で、運動だと30分早足で歩かないと消費できません。
リラックスタイムのお風呂でこのカロリーを消費できるのなら嬉しいですね。

香りも楽しみたい人は岩塩とエッセンシャルオイルやハーブを混ぜ合わせて使ってみましょう。
目的別にオイルやハーブを使えば得られる効果も広がりますね。
妊娠中の方は使えないオイルもあるので確認しましょう。

お風呂でたっぷり汗をかいた後は、水分補給も忘れないでくださいね。

まとめ~冷えた体はお風呂で芯から温めたい!ヒマラヤ岩塩を使えばさらに温まりますよ!~

寒い時期のお風呂は体と心を解きほぐす大事なリラックスタイムです。
冷え性さんにはお風呂の時間はさらに大事ですよね。
自然のパワー溢れるヒマラヤ岩塩のバスソルトを使えばさらに温まること間違いなし!

1日頑張って、寒い中家に帰ってきた後のご褒美タイムに温まるお風呂、また明日も頑張れそうですね。


関連記事

おすすめ記事ピックアップ!

  1. 女性だけではなく、最近は男性も冷え性に悩んでいるそうです。 冷え性は人によって症状が違い、冬場…
  2. 健康診断の季節になると気になるのがメタボリックシンドローム。 若いときは軽い運動だけで、簡単に…
  3. 最近スーパーアミノ酸として取り上げられることも多くなってきたアルギニン。 成長ホルモンの分泌を促進す…
  4. ん?アスタキサンチン?何それおいしいの?という人も多いかもしれません。 でもこの聞きなれない成分が…
  5. 「青汁」と聞いてあなたはどんなことを思い浮かべますか? 野菜不足解消、栄養タップリ、健康飲料、でも…
ページ上部へ戻る